2018年6月1日更新

『クリミナル・マインド』で人の気持ちを理解する?今すぐ真似したい仕事術

©ABC Studios

大人気テレビシリーズ『クリミナル・マインド/FBI vs. 異常犯罪』。そのシーズン9がBSテレビ局ディーライフにて無料放送される事が決定。シーズンの途中から観ても楽しめる本ドラマの魅力は、明日からにでも真似できる仕事術にある?

サスペンスだけじゃない!犯罪が引き立てるチームワークの良さから学ぶ仕事術

クリミナル・マインド
©ABC Studios

人気海外ドラマ『クリミナル・マインド/FBI vs. 異常犯罪』。本シリーズで、事件現場の状況から犯人の行動・心理を分析し、特定するのがFBI行動分析課、通称BAUです。個性豊かなメンバーで結成されたこのチームは、各々のキャラクターがしっかりと差別化されており役割分担ができています。 そこには、思わずこんなオフィスで働きたい!と思ってしまうほど、理想的な上司や同僚、部下が登場。彼らから学ぶ、立場別のオフィスワークの極意とは?

そもそも、『クリミナル・マインド』って?

クリミナル・マインド
©ABC Studios

『クリミナル・マインド/FBI vs. 異常犯罪』は2005年から現在まで、全12シーズンにもなる大人気プロファイリングドラマです。この度、BSテレビ局ディーライフにて6月10日より本シリーズのシーズン9の無料初放送が開始されます。いきなりシーズン9からだと、内容もキャラもわからない……と思った方でもご安心を。 異常犯罪者の心理に迫るこのドラマは内容だけでなく、1話完結型という見やすさ、どの話から観ても楽しいという点が人気の秘訣となっています。なので、シーズン9から観ても大丈夫!話の流れでキャラクターの役割がわかりやすく、入り込みやすいのです。それでは、早速本シリーズから学べる立場別の仕事術を紹介します!

①こんな上司が良い!部下をプレイヤーとして上手く動かすリーダー

クリミナルマインド
©ABC Studios

普段から職場でチームのリーダー、上司の立場である人はアーロン・ホッチナー、通称ホッチから学ぶ事は多いはず。彼はチームを指揮する課長的な立場として、組織のしがらみから部下を守るような姿勢を貫く、真面目な男です。 弁護士の資格も持ち、優秀なプロファイラーである彼はプレイヤーとしても申し分のない人材。しかしリーダーとして部下を上手く活性化させ、プレイヤーとして動かす能力に長けている事こそが、彼を良き上司である事を表しています。

クリミナル・マインド
©ABC Studios

また、シリーズを通して自分の家族を因縁のある異常犯罪者から守ろうと努力する一面も。どうしても異常犯罪者と対面する職場である以上、部下がその事件で精神的なダメージを受ける事も少なくありません。ホッチはそんな時、休暇を与えたり現場に復帰するまで心身ともにサポートしてくれる、まさに上司の鏡といえるキャラクターなのです。

②こんな同僚が良い!互いを思いやって、たまには気のきいたジョークも言える

クリミナルマインド
©ABC Studios

上で述べたリーダーの下で働くメンバーも、職場ではかなり良い空気感で働いています。特に、自分が悩みを抱えている時、すぐそれに気がついてくれて、声をかけてくれる同僚や、気の聞いたジョークでお互いを楽しませる事ができる同僚の存在は不可欠。 メンバーの一人、Dr.スペンサー・リードはIQ187で数学・化学・工学の博士号を持つ天才である一方で、チーム最年少であり少しナイーブな性格をしています。そんな彼の心の機微に気づいて、いつも声をかけたりサポートをしてあげるのが、彼の姉的存在のジェニファー・ジャロウです。歳が離れていたり異性である同僚を気遣う、姉弟のような彼らの関係性はとても魅力的です。

クリミナルマインド
©ABC Studios

異性の同僚に気のきいたジョークといえば、モーガンとガルシアの二人も忘れてはいけません。モーガンは他のメンバーと同じように現場に出て犯人を追いますが、ガルシアは主にデスク勤務で事件や被害者・犯罪者における情報を収集するテクニカルアナリスト。チームのプロファイリングに大きく貢献しています。 このモーガンとガルシアの、一見イチャイチャしているような、はたや漫才のような会話劇が今シリーズのコメディ要素になっているといっても過言ではありません。お互いに恋人はいても、オフィスで少しそんなやり取りが出来る、信頼できる存在がいると負担が軽くなって、辛い仕事も楽しくできませんか?

異常犯罪者の行動を追うと見えてくる、人の気持ちの分かり方?

クリミナルマインド
©ABC Studios

上記のような、素敵な上司や同僚の在り方を理解する上で、最も欠かせない事が恐らく、他人の気持ちを理解することでしょう。本ドラマは、そういった気持ちを考えずに、異常な犯罪に手をかけてしまう犯人の行動をプロファイリングすることによって、彼らの動機や、そもそも犯罪者になった経緯が明かされます。 普通、“理解できない”ような行動であっても、そこには何かしら、犯人の個人的な気持ちや思い入れがある。ドラマを観ながらBAUのメンバーと、それらを読み解くことで、人の気持ちの理解の仕方などが学べるやもしれません。

『クリミナル・マインド/FBI vs. 異常犯罪』シーズン9がディーライフで無料放送開始!

クリミナル・マインド
©ABC Studios

異常犯罪者の心理に迫る大人気プロファイリングドラマ『クリミナル・マインド/FBI vs. 異常犯罪』。ヒューマンドラマ的な観点からご紹介しましたが、本シリーズは勿論サスペンスドラマとしても一級品! 犯行現場に残された証拠や手がかりから、犯罪者の視点に立ち、なぜそんな異常な犯罪を犯してしまったのか、犯人にはどんな過去があったのか?そして、予測される次の犯行は、というように犯罪者心理を読み解き、犯人像を浮き彫りにしたうえで、事件を解決へと導いていきます。 人気の秘密は、捜査チームや被害者だけでなく、異常犯罪者の視点でもドラマが深く繰り広げられる点。異常犯罪の裏側に描かれた緻密な設定・ストーリーは、犯罪捜査ドラマの新たな楽しみ方を提供していると言えるでしょう。さらに、毎回1時間・1話完結で気軽に楽しめる点も人気を支えられています。 そんな本シリーズのシーズン9がBSテレビ局ディーライフで6月10日より無料放送が開始されます。この機会に是非ご覧になってみては?

提供:ディーライフ