2018年7月31日更新

ミステリー『スマホを落としただけなのに』北川景子主演で映画化!【あらすじ・キャスト】

北川景子 2015年オフィシャルBlu-ray付デスクカレンダー【オリジナル特典付】

注目のミステリー小説『スマホを落としただけなのに』が、北川景子を主演に迎えて映画化されることが明らかになりました。この記事では、同作のあらすじ・キャスト情報を紹介していきます。

『このミステリーがすごい!』の注目作が映画化

志駕晃のデビュー小説、『スマホを落としただけなのに』の実写映画化が発表されました。 原作は、『このミステリーがすごい!』で、「受賞には及ばなかったもののベストセラーになる可能性を秘めている作品」として話題を呼んだ注目作。 発売されるやいなや映画化を希望するオファーが殺到したというこの小説。2018年のカンヌ国際映画祭で企画が発表されると、まだ撮影に着手していないにもかかわらず、各国から配給に関する問い合わせが相次いだと言います。 この記事では、そんな公開前から話題の映画『スマホを落としただけなのに』のあらすじ、キャスト情報を紹介していきます。

映画『スマホを落としただけなのに』のあらすじは?

本作はタイトル通り、「スマホ(スマートフォン)を落としたこと」に端を発する物語です。 劇中では、恋人がスマホを落としたことで自身の個人情報が狙われはじめ、やがて大事件に巻き込まれていく派遣社員・稲葉麻美の姿が描かれています。 映画のあらすじについてはまだ詳細が明かされていませんが、原作のあらすじは以下の記事で紹介しています。

大事件に巻き込まれていく主人公・稲葉麻美役は北川景子

恋人がスマホを落としたことでトラブルに巻き込まれる主人公・稲葉麻美役を演じるのは、大河ドラマ『西郷どん』の天璋院篤姫役も好評の北川景子。彼女は恋人がスマホを落としたことで次々と不幸な目にあう主人公を「絶対に演じたい」と思ったとのこと。 また、ファンに対しては「普通のカップルの普通の日常が、ただスマホを落としただけで一変してしまう……。そんなスリリングな部分と、日常のシーンとのコントラストに配慮しながら丁寧に作っていきたいと思います。良い作品を作れるよう頑張ります」と意気込みを語っています。

彼氏役は、田中圭

スマホを落としてしまい、事件のきっかけを生んでしまった頼りない麻美の彼氏・富田誠(とみた・まこと)を演じるのは、田中圭です。 2018年は『おっさんずラブ』や『ダブル・ファンタジー』、『健康で文化的な最低限度の生活』といったドラマや『伊藤くん A to E』や『マンハント』といった映画に出ており、まさに引っ張りだこの田中。 「僕自身スマホを落とした事がないのですが、いつか落として、そしてこんな事件に巻き込まれたらと考えると、怖すぎて穴掘って埋まっていたいです」と、本作のストーリーに震えつつも、「景子ちゃん演じる麻美が素敵で、一緒にいる時間が楽しくて、だから穴には埋まらずに撮影頑張りました」と撮影の舞台裏を語っています。

そのほかにも豪華な共演陣が明らかに!

そのほか、脇を飾るキャストも若手実力派が勢ぞろい。 次々に起きる連続殺人事件を捜査する刑事の加賀谷学(かがや・まなぶ)を演じるのは、ドラマ『高嶺の花』や映画『音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!』で活躍の千葉雄大。 加賀谷とともに事件を捜査する毒島徹(ぶすじま・とおる)を演じるのは、俳優としての活躍でも知られる「ネプチューン」の原田泰造。 ネットストーカーに付きまとわれるようになった麻美が頼るセキュリティ会社のエンジニア・浦野善治(うらの・よしはる)を演じるのは、連続テレビ小説『わろてんか』や「コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-」シリーズ、映画『ここは退屈迎えに来て』などの成田凌。 さらに、お笑い芸人のバカリズムや「アルコ&ピース」の酒井健太、俳優の要潤、モデルで女優の高橋メアリージュンや筧美和子などの出演が明らかになっています。

監督は『リング』の中田秀夫、脚本はベテランの大石哲也

本作の監督を務めるのは、『リング』で知られる中田秀夫。主演の北川と中田は本作が初タッグとなりますが、北川の脚本の質問に一つ一つ監督が誠実に回答していることなどから、北川は既に安心感を持って監督との仕事に取り組んでいるそうです。

そして本作の脚本を担当するのは、ドラマ『執事 西園寺の名推理』や映画『デスノート』、『無限の住人』、『去年の冬、きみと別れ』などを手掛けている大石哲也。 これまで様々な作品を手がけてきたベテランだけに、脚本にはかなり期待出来るのではないかと思います。

映画『スマホを落としただけなのに』は11月8日公開

話題の原作を、注目のキャスト・スタッフが映画化する『スマホを落としただけなのに』は、韓国でのリメイクも噂されているとか。 そんな本作の日本公開日は、2018年11月8日。 なお、この記事は追加キャストなどの続報があり次第、随時更新していきます!