2018年6月8日更新

映画『蜘蛛の巣を払う女』が2019年公開!【「ドラゴン・タトゥーの女」続編】

映画『ドラゴン・タトゥーの女』の続編、『蜘蛛の巣を払う女』が2019年に公開されることが明らかになりました。この記事では、同作のあらすじ・キャスト情報を紹介していきます。

『ドラゴン・タトゥーの女』続編が始動!

デヴィッド・フィンチャーが監督を務めて話題となった映画『ドラゴン・タトゥーの女』の続編、『蜘蛛の巣を払う女』が2019年に日本公開されることが明らかになりました。続編では、フィンチャーは製作総指揮として作品に参加。監督は『ドント・ブリーズ』のフェデ・アルバレスが務めます。

前作の主役コンビは続投せず!新しい主役はだれ?

ダニエル・クレイグ
Daniel Deme/WENN.com

前作で主人公のリスベット役を演じたルーニー・マーラ、ジャーナリスト・ミカエル役のダニエル・クレイグは本作には出演しません。 今作でリスベット役を演じるのはクレア・フォイ、ミカエル役はスベリル・グドナソンが演じます。また、謎の女カミラでシルヴィア・フークスが出演します。新キャストの姿は公開中の予告編でも確認できるので、チェックしましょう!

映画『蜘蛛の巣を払う女』は2019年公開!リスベットの過去も明らかに!

映画『蜘蛛の巣を払う女』は2019年に公開。 新作では、謎の女・カミラによって明かされていくリスベットの秘められた過去や、カミラとリスベットが新たな犯罪組織に迫る姿などが描かれるとのこと。 今から続報が楽しみですね!