© Universal Pictures

『ジュラシック・ワールド/炎の王国』公開2日で3900万ドル(約42億円)を稼ぎ出す!

2018年6月9日更新

2018年6月22日の全米公開を前に、世界各国の30都市で既に公開が始まっている映画『ジュラシック・ワールド/炎の王国』。米Variety誌が、同作が公開から2日間で3900万ドルを稼ぎ出していることを報じました。

『ジュラシック・ワールド/炎の王国』が公開2日で3900万ドル(約42億円)突破!

ジュラシックワールド2
© Universal Pictures

2018年6月22日に全米公開、日本での公開は同年7月13日を予定している映画『ジュラシック・ワールド/炎の王国』。アメリカでは国内だけで、公開初週で1億4000万ドルの興行成績をマークする見込みであることが報じられていました。 前作に続く大ヒットが見込まれている同作は、実はアメリカより早いスケジュールで、既に公開している都市が30あります。ここから順次世界中で公開がスタートしていく予定なのですが、早速海外での興行成績が報じられています。 米ニュースメディアVarietyが報じたところによると、韓国やロシア、イギリスなどで特に顕著なロケットスタートを見せ、公開から2日間で合計3900万ドルを突破したとのこと。日本円にして42億円を2日間で稼いだ計算になります。かつての名作の系譜が生み出す、恐竜の勢い恐るべし!公開が楽しみになりますね。 同作は2018年6月27日(水)、キャストやスタッフが出席するジャパン・プレミアイベントの開催も予定しています。