映画「ハン・ソロ」は好評or酷評?海外の評価感想をネタバレありでお届け

2018年6月28日更新

2018年6月29日、『ハン・ソロ スター・ウォーズ・ストーリー』がついに公開。海外では一足先に本作が公開となり、様々な評価感想がアップされています。この記事では、本作の海外での評価感想をまとめてご紹介します。

映画「ハン・ソロ」の評価・感想を紹介

若き日のハン・ソロを描いた「スター・ウォーズ」シリーズのスピンオフ作品『ハン・ソロ スター・ウォーズ・ストーリー』が、2018年6月29日にいよいよ日本公開! 海外では一足先に本作が公開となりネット上に様々な評価感想がアップされています。『ハン・ソロ スター・ウォーズ・ストーリー』の海外での評価感想をまとめてみました。 ピックアップした感想の中には、本作のネタバレ情報を含みます。ご注意ください!

旧3部作ファンは感激!? 大好きなハン・ソロが復活!

本作の主人公は、オールデン・エアエンライク扮する若き日のハン・ソロ。ミレニアム・ファルコンの船長になる経緯や、チューバッカとの出会いと友情など、エピソード4でルーク・スカイウォーカーやレイア姫と出会う前の人生が描かれています。 見どころは、勧善懲悪でシンプルなストーリーと満載のアクション。批評サイトRotten Tomatoesには、『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』以来の正統派なスターウォーズ作品との評も掲載されていました。子供の頃に旧3部作にわくわくした経験のある観客には好評のようです。

「週末に2回素晴らしい『ハン・ソロ スター・ウォーズ・ストーリー』を見たよ。素晴らしいスター・ウォーズファンの仲間たちと一緒にね。2回目は1回目に見たときよりずっとよく感じた。」

「本作は好きだな。楽しませてくれる作品だ。エピソード7と8は文化的な試金石でなければならなかったが、本作はその負担から開放されている。完璧とは言えないが見る価値のある作品だ。オールデン・エアエンライクとドナルド・グローヴァーは、どちらも良いよ。ロン・ハワードも良い仕事をしてる。」

「ハン・ソロ、ランド、チューバッカの男の友情が見られて、私のオタク女子心はすごく満足したわ。」

「日曜に3人の子どもたちと見に行った。子どもたちはスター・ウォーズに育てられたようなものだし、私たちは全員ロン・ハワードの大ファンだ。今でもジョン・ウィリアムズの音楽が頭の中で鳴り響いてる。最高の1日終えられたよ。他の人にもおすすめしたい。」

まさかの監督降板劇!後任ロン・ハワード監督に称賛の声

当初は『くもりときどきミートボール』(2009)や『LEGO ムービー』(2014)で知られるフィル・ロードとクリス・ミラーのコンビが監督をつとめることになっていた本作。ところが撮影開始後の2017年6月に、ルーカスフィルムとの制作方針の違いから降板が発表されました。 後任として白羽の矢が立ったのは、『ビューティフル・マインド』(2002)や「ダ・ヴィンチ・コード」シリーズで知られる大ベテランのロン・ハワード。当初は消極的だったものの、トラブル続きの制作現場の助けになりたいとの思いから監督を引き受けたとされます。彼の力量を評価する声も多く挙がっていました。

『ハン・ソロ スター・ウォーズ・ストーリー』をもう一度見たいよ。私はこの映画を愛してる!監督のロン・ハワードと脚本のカスダン親子は、たくさんあるスター・ウォーズの素晴らしい要素を一つの作品に収めてくれた。ジョン・パウエルの音楽も良かった。」

「本作を観たよ。本当に最高だ!いろいろと考えすぎる自分が、子供の頃からずっと抱いていた疑問も解決された。ロン・ハワードは素晴らしい仕事をした。ブラボー。」

観客が選ぶベストシーンは?

Twitter公式アカウントの「一番お気に入りのシーンを教えて?」という投稿に対し、たくさんの観客がお気に入りのシーンを書き込んでいます。

「ランドが「お前なんかきらいだ」と言ってソロが「知ってるさ」と答えるシーン、初めてファルコンを操縦するシーン、エンヴィス・ネストの正体と物語、サバックゲームのシーン、ラストにあのキャラクターが登場するところ…」

「チューバッカが自分の肩に手を置くことに、最初ハン・ソロはイライラしていたみたいだけど、最後には自然とそれを許したところ。徐々に友情が芽生えていく様子がリアルだった。」

「ララキリ役のクリント・ハワード。彼はいつも映画のイースターエッグとして驚きをさらっていくよね。」 ロン・ハワード監督の弟でもある俳優クリント・ハワード。本作への出演が発表されていた彼ですが、ララキリという役名で登場するそうです。ララキリは、アンドロイドを奴隷のように使う炭坑経営者という役どころのようです。

「私が嬉しかったのは、「スター・ウォーズ マスターズ オブ テラス・カシ」のことが出てきたところ。それがわかったのは、たぶん劇場で一人だけだと思うけど。」 「スター・ウォーズ マスターズ オブ テラス・カシ」は、1998年に発売されたゲームソフトです。

ちょっと平凡すぎ?がっかり評価もご紹介

Rotten Tomatoesに掲載された批評家からのレビューには、辛口な意見もありました。なぜでしょうか? 一つは、本作が悪くはないが目新しさに欠け平凡な作品に感じてしまったという意見です。構想としては面白いものだったのに、実際に作品化してみたら凡庸になってしまい残念だと評する批評家もいました。 前述の通り本作は監督をはじめスタッフ、キャストの降板や交代が相次ぎ、制作チームは作品を完成させるだけで精一杯だったのかもしれません。 もう一つは、ここ数年毎年発表される「スター・ウォーズ」シリーズ作品に食傷気味だという意見。「スター・ウォーズ」シリーズは素晴らしいけれど、二匹目三匹目のドジョウを狙いすぎて、なんでもかんでも映画化しすぎ!という反発のようなレビューを書く批評家もいました。 ただ、いくつかの欠点をかかえつつも、結果的にはよくできた作品という意見が多くを占めていたため、「スター・ウォーズ」シリーズファン、特に旧3部作ファンの方は、一度見る価値はあるかもしれません。

『ハン・ソロ スター・ウォーズ・ストーリー』の海外評価・感想をお届けしました!

いかがでしたか? 海外の観客による感想ををみると、ますます楽しみになりますね。『ハン・ソロ スター・ウォーズ・ストーリー』は2018年6月29日日本公開です!