『ゲーム・オブ・スローンズ』原作者がスピンオフドラマについて言及

2018年6月12日更新

新たにスピンオフシリーズの製作決定が報じられた人気ドラマ『ゲーム・オブ・スローンズ』。原作者であるジョージ・R・R・マーティンが新シリーズについて言及しました。

『ゲーム・オブ・スローンズ』原作者がスピンオフドラマシリーズについて言及

監督やキャスト、タイトルさえもまだまだこれから!

製作決定が報じられた、ダーフファンタジードラマ『ゲーム・オブ・スローンズ』のスピンオフシリーズ。早速、原作者のジョージ・R・R・マーティンがスピンオフシリーズについて自身のブログで言及し、米ニュースメディアDeadlineによって続報として報じられています。 ジョージ・R・R・マーティンが言及したところによれば、製作が決定したスピンオフシリーズは監督やキャスト、ロケーションを含め、タイトルさえもまだ未定。一応、「The Long Night (長い夜)」というタイトルを気に入って提案したようですが、それに決まるかどうかは怪しいとのこと。 このように多くのことが未定とはいえ、製作される5本の物語のうち3本のコンセプトが、それぞれ進行していることも言及されています。このことからも、着実に製作は展開していることが伺えますね。

原作シリーズの執筆には影響させないと約束

『ゲーム・オブ・スローンズ』は『炎と氷の歌』という小説が原作で、全7部から成る壮大なストーリーとなっています。ドラマの大ヒットも、スピンオフ製作も輝かしいニュースですが、ファンが原作の第6部『冬の狂風』以降のストーリーを待ち望んでいることも事実。 ジョージ・R・R・マーティンはその点をしっかりと理解しており、「もちろん、最優先で進める」と約束し、ファンを安心させてくれています。 原作のストーリー、そしてこれから製作されるスピンオフシリーズはどうなるのか?今後の展開が楽しみですね。