(C)吉田秋生・小学館/Project BANANA FISH

2018年夏は何を見たらいいの?注目の夏アニメ5選【アクションもラブコメも!】

2018年7月8日更新

ひととおり出揃った2018年夏アニメのチェックは済んだでしょうか?まだという方のために、今回は夏クール注目の5作品を紹介します。夏アニメ選びの参考にぜひどうぞ。

2018年夏クールアニメの注目作はズバリこれ!

BANANA FISH
(C)吉田秋生・小学館/Project BANANA FISH

漫画原作の『ヒナまつり』、オリジナルアニメ『メガロボクス』や『ひそねとまそたん』などが話題をさらっている春クールアニメ。最後まで目が離せませんが、そろそろ2018年夏アニメのラインナップも気になり始める頃です。 そこで今回は、来クールの夏アニメの中から「これだけは見逃せない」という5作品をピックアップして紹介します。 『オーバーロードⅢ』や『進撃の巨人 SEASON3』、『Free!-Dive to the Future-』といった続き物のビッグタイトルは、言うまでもなく注目なので、夏クールから放送が始まる作品に限りました。

肌色とアルコール率の高いダイビングサークルを描く青春もの!

『ぐらんぶる』7月13日(金) MBS・TBS系列にて放送開始

『ぐらんぶる』は、原作・井上堅二、作画・吉岡公威がgood!アフタヌーンにて連載中の同名漫画が原作。男の全裸とアルコール率が異様に高い日常ギャグと、時折描かれるダイビングとのバランスが秀逸な青春劇です。アニメ制作はゼロジーで、主題歌は湘南乃風が担当します。 大学に進学した北原伊織は、叔父が経営するダイビングショップ「グランブルー」に転がり込み、美人な従姉妹の奈々華と千紗と十年ぶりに再会。 バラ色のキャンパスライフを思い描く伊織でしたが、グランブルーを拠点に活動する屈強な男だらけのダイビングサークル「ピーカブー」に目を付けられることに。酒・全裸・時々ダイビング、灰色に染まったモラトリアムが幕を開けます。 原作がすでに人気のある作品ですが、ダイビングの描写はアニメ映えしそうなので、アニメ化でさらに化ける可能性も。社会人のアニメファンは、酒・全裸・性欲という大学生活の三本柱(?)を描いた本作を観て、懐かしさに浸ってみては。

怪異だらけの温泉旅館「ゆらぎ荘」を舞台にしたハーレム系ラブコメ!

『ゆらぎ荘の幽奈さん』7月14日(土)BS11・TOKYO MX他にて放送開始

『ゆらぎ荘の幽奈さん』は週刊少年ジャンプでミウラタダヒロが連載中の同名漫画のアニメ化。可愛い女の子がたくさん登場するハーレム系作品で、ちょっぴりエッチな描写もありなラブコメ模様が魅力です。 霊媒体質の高校生・冬空コガラシは、悪霊のせいで借金を背負わされ、いわくつきの温泉宿ゆらぎ荘へたどり着きます。そこには地縛霊女子校生の湯ノ花幽奈をはじめ、事情を抱えた美少女たちが住んでいて……。 同じくジャンプ系列の『To LOVEる -とらぶる- 』の後継作品といったところで、同作をアニメ化したXEBECと、コンテ・演出として参加していた長澤剛が監督と盤石の布陣。 視聴者サービスがある温泉回はアニメの定番ですが、いっそのこと温泉を舞台にしてしまうという本作の潔さと、少年誌でいかにエロく見せるかというアイデアの数々も見逃せません。

吉田秋生原作、少女漫画屈指のハードボイルドな作風が人気!

『BANANA FISH』7月5日(木)フジテレビノイタミナにて放送開始

『BANANA FISH』の原作は『海街diary』で知られる吉田秋生の同名漫画。1985年に連載がスタートし、少女漫画らしからぬハードボイルドな作風で、女性だけでなく男性読者の支持も集めた名作です。アニメ化の注目度も高く、フジテレビのノイタミナ枠で2クールにわたって放送されます。 舞台はニューヨーク。ストリートギャングのボス・アッシュは、知性・戦闘能力・カリスマ性を併せ持つ金髪碧眼の美少年。アッシュは日本から取材でやってきた英二と出会い、二人で謎の薬物「バナナフィッシュ」の正体に迫っていきます……。 アニメ制作は『ユーリ!!! on ICE』のMAPPA、監督は『Free!』の内海紘子が務めるとくれば、アッシュと英二の美少年っぷりにも注目したいところ。時代設定が現代にアレンジされているので、原作ファンにとっては、二度おいしい作品に仕上がっているようです。

吸血鬼と狩人の死闘を描いたアクション!期待大なオリジナルアニメ

『天狼 Sirius the Jaeger』2018年7月より放送開始

『天狼 Sirius the Jaeger(シリウス)』は帝都東京府を舞台に、吸血鬼と狩人の戦いが描かれるオリジナルアニメ。P.A.WORKS制作×安藤真裕監督としては、『CANAAN』『花咲くいろは』に続き3作目にあたります。 時代は昭和初期。狼と人間の混血(ハーフ)ユーリィは吸血鬼に故郷を滅ぼされた過去を持つ青年。狩人のひとりとして、帝都東京府へ降り立ち、吸血鬼との死闘に身を投じていきます。はたして吸血鬼が狙う「天狼の匣(シリウスのはこ)」の正体とは……? アニメーター時代に格闘アクションで右に出る者はいなかった安藤真裕監督。久々にアクション全開っぽい作風で、戦闘シーンには大いに期待できそう。アニメファン必見の1作となりそうです。

今度こそアニメ化、レトロゲーム盛りだくさんなラブコメディ!

『ハイスコアガール』7月13日(金)TOKYO MX・MBS他にて放送開始

『ハイスコアガール』の原作は、押切蓮介が月刊ビックガンガンで連載していた同名の人気漫画。懐かしい90年代アーケードゲームを通じて仲良くなっていくハルオと晶を描いたラブコメディです。 アーケードの対戦格闘ゲームが人気を博していた1991年。小学6年生の矢口ハルオは行きつけのゲーセンでクラスメイトのお嬢様大野晶に出会い、得意の「スト2」で惨敗。そのことがきっかけで、実は凄腕のゲーマーだった晶との因縁が始まります……。 1度はアニメ化が決定していたものの、SNKプレイモアとの著作権問題で中止になっていた本作。待望のアニメ化はゲーム会社の全面協力を得て、ゲーム映像満載な作品になりそうです。密かにブームになりつつあるレトロゲームの世界に、若い世代も『ハイスコアガール』から飛び込んでみてはどうでしょう。

2018年夏クールは、季節にピッタリの爽やかなラインナップに!

紹介した作品以外では、2018年夏クールは『Free!-Dive to the Future-』『はねバド!』『はるかなレシーブ』といった部活ものも豊作な印象を受けます。学生が運動で汗を流す爽やかな作品は、夏にぴったりですね!いずれも原作がしっかりと面白いので、ここら辺もぜひ注目してほしいところです。