2018年6月24日更新

一人っ子でよかった!兄弟・姉妹喧嘩映画7選!

もしあなたが一人っ子なら、一緒に遊んでくれる兄弟や姉妹に憧れたりしませんか?しかし楽しいばかりではないのが兄弟・姉妹というもの。思わず一人っ子でよかった!と思いたくなる、壮絶な喧嘩が登場する映画をまとめました。

こんな兄弟・姉妹なら、いない方がマシ!?

あなたには兄弟・姉妹はいますか?もしくは一人っ子ですか? 一人っ子だったら、兄弟・姉妹のいる日常に憧れることもあるかも知れません。しかしそこに喧嘩はつきもの。こんな喧嘩をするくらいなら一人っ子がいい!と思ってしまうような壮絶な喧嘩が登場する映画を紹介します。

1.見た目も性格も正反対な兄弟&姉妹間の確執!

本作にはふた組の兄弟と姉妹が登場します。兄弟を新井浩文と窪田正孝、姉妹をお笑いコンビのニッチェの江上啓子と筧美和子が演じるという、見た目が全く違う者同士のキャスティングも話題になりました。 窪田演じる弟の和成は真面目な印刷会社のサラリーマン。性格が凶暴でトラブルばかり起こす新井演じる兄の卓司を疎ましく思っています。江上演じる姉の百利亜と、筧演じる妹の真子は家業の印刷工場で共に働いていました。美人で芸能活動もしているのですが容量が悪い真子に百利亜は苛立ちを感じています。 そんな仲の悪い4人の運命は、百利亜が和成のことを好きになったことをきっかけに交錯します。ついにはお互いに抱いてきた不満が爆発し、和成は卓司の、真子は百利亜の流血事件に遭遇するのですが……嫌いな兄、姉が“ほっておけば死ぬ”状況に面した弟、妹はどのような行動を取るのでしょうか?

2.格闘家同士のガチ兄弟喧嘩

取っ組み合いの兄弟喧嘩、子供の頃に経験したことがある方は多いと思います。しかし、大人になってから、しかもお互いが格闘家となった兄弟喧嘩となれば、かなり激しいものになりそうです……。 トム・ハーディー演じるトミーは訳あって所属していた海兵隊を抜け、故郷に帰ってきていました。彼は幼いころ、格闘技トレーナーだった父パディに鍛えられた経歴があります。今は、ある理由から大金を必要とし、“スパルタ”いう新しい総合格闘技大会に参加しようとしていました。 一方ジョエル・エドガートン演じるトミーの兄、ブレンダンも大金を必要としていました。息子が難病で高額医療費によりローン返済が滞り、自宅を差し押さえられそうになってしまったのです。金策の方法として、ブレンダンもまたスパルタ参加を決意します。 ブレンダンは、父の関心を一身に受けていたトミーを恨んでいました。パディはアル中だったため、トミーは幼いころ母と家を出ましたが、その時母ではなく恋人との暮らしを選んだ兄をトミーは許せずにいました。 お互いに怨恨を抱えたままトミーとブレンダンは大会に出場、対戦を勝ち抜きついには兄弟対決となってしまいます。まさにガチな兄弟喧嘩の勝敗やいかに……!?

3.地球を救うために仲直りして!

宇宙人VS人類を描いた『インデペンデンス・デイ』のスタッフによる災害映画『ジオ・ストーム』。本作には、地球規模の一大事の最中にもかかわらず、喧嘩を繰り広げる兄弟が登場します。 劇中の地球では、ダッチボーイというシステムにより、気象を自由にコントロールできるようになっいました。システムの総責任者はジェラルド・バトラー演じるジェイク。ある日彼はアメリカの査問会に呼び出され、管理者としての資質不足を指摘されてしまいます。 怒りに駆られて、査問会の議長を罵倒してしまったジェイクは解任。代わりに責任者となったのはジム・スタージェス演じるジェイクの弟、マックスでした。それから3年後、システムが暴走し、アフガニスタンで異常気象現象が起こります。システムの修正を行うべく、マックスはジェイクを宇宙ステーションに送ろうとします。しかし弟との確執から、ジェイクは一度申し出を断ってしまいます。 しかし多発する異常現象に宇宙行きを決意するジェイク。これで兄弟の仲も穏やかになるかと思いきや、劇中では宇宙と地球で激しい兄弟喧嘩の会話シーンが描かれます。地球の行方と兄弟喧嘩、見ていて二重にハラハラさせられる作品です。

4.女の恨みは姉妹間でも怖い……

1962年公開の名作『何がジェーンに起こったか?』。精神を病んだ高齢女性が主人公の映画ジャンル、サイコ・ビディを生み出した作品です。 ジョーン・クロフォード演じるブランチとベティ・デイヴィス演じるジェーンは姉妹。子供の頃は、妹のジェーンが子役スターとしてちやほやされ、姉の方は常に日陰に入るタイプでした。しかし、大人になってから二人の立場は逆転、落ちぶれていくジェーンに変わってブランチが実力派女優として頭角を現します。 当然姉妹の間には確執が生まれます。そんな中、二人は自動車事故に巻き込まれ、ブランチは下半身不随となってしまいます。ジェーンが姉の面倒を見るかたちで二人暮らしを始める姉妹。しかし、姉に対する恨みが消えないジェーンは執拗な嫌がらせをブランチに行い、彼女を精神的に追い詰めていくのです。そして、ついに姉を監禁、それに気づいた家政婦を……。 女同士の怨恨は恐しく、姉妹同士であっても拗らせると恐ろしいものです。

5.神様だって兄弟喧嘩!

マーベルコミックに登場する“神様”ヒーローのマイティ・ソー。彼が対峙するヴィランといえばロキですが、この二人もじつは父親違いの兄弟です。 クリス・ヘムズワース演じるソーは、神々が暮らすアスガルドの第一王子。ですが、なんでもすぐ力で解決しようとする性格を父でありアスガルド王のオーディンに咎められ、人間界に堕とされてしまいます。 彼にはトム・ヒドルストン演じる弟のロキがいました。幼い頃からソーの弟として育てられてきたロキですが、本当の父親はヨトゥンヘイムというアスガルドと敵対関係にある国の支配者ラウウェイ。幼い頃捨てられていたところをオーディンにが拾って育てたのです。ソーの不在にこの事実を知ったロキは、力を使い果たしたため回復の眠りについたオーディンに変わって王位に就き、ソーを抹殺しようとします。 「マイティー・ソー」シリーズは2018年6月現在3つの実写版が製作されています。最初は敵対していたソーとロキですが、だんだんとその関係が変わっていくところも見どころです。

6.突然現れた変な弟!

今まで両親の愛情を独り占めしてきた一人っ子が、ある日突然やってきた弟にその座を奪われたら……嫉妬心にかられて弟をいじめてしまったりするかもしれません。 本作の主人公ティモシーも、突然弟としてやってきた赤ちゃんに面食らいます。しかもそれがスーツを着て、両親の見ていないところではおっさんのように振る舞う赤ちゃんだったからなおさら……! ティモシーは自分のことを“ボス”と名乗る存在を追い出そうと奮闘します。しかしそこは普通の赤ちゃんではないボス・ベイビー、やられたら負けじとやり返します。ティモシーにとっては死活問題ですが、彼の両親からしたらただの兄弟喧嘩。しかも当然お叱りを受けるのはお兄ちゃんのティモシーです。 しかし中身はおっさんだけあって、ボス・ベイビーは大人の対応をとります。ティモシーにちゃんと謝罪し、彼の秘密の任務に協力を仰ぐのです。二人は今度は喧嘩せずに、子犬から赤ちゃんの人気を取り戻すという任務を遂行することができるのでしょうか?

7.ゲームの世界でも兄弟喧嘩!

本作の主人公は兄ウォルターと弟ダニーという喧嘩が絶えない兄弟。ある日、喧嘩の末に地下室に閉じ込められてたダニーは、ザスーラというボードゲームを見つけます。宇宙を舞台にしたそのゲームを始めると、彼らは家ごと宇宙空間に飛ばされてしまいます。 しかもゲームのカードを引くと、そこに書かれた出来事が実際に起こります。肉食宇宙人ゾーガンに襲われ、絶体絶命となった彼らが引いたカードには、“宇宙飛行士を救え”の文字が。すると15年間宇宙を漂っていたという宇宙飛行士が現れ、ゾーガンを追い払ってくれたのでした。 ゲームを進める二人ですが、やはり喧嘩を始めてしまいます。“流れ星に願い事をすれば叶う”と書かれたカードを引いたウォルターは、願いごとで弟を消そうとします。しかし必死に止める宇宙飛行士。実は彼も15年前に弟とゲームをしており、喧嘩の勢いで弟を消してしまったというのです。 この告白をきっかけに、ウォルターとダニーは仲直りし、ゲームを続けます。果たして兄弟は無事に地球に戻ることができるのでしょうか。そして、宇宙飛行士と兄弟の意外な関係にも注目です。