2018年6月22日更新

今週のエンタメニュースTOP8【ブラックパンサー、J・クルーニー】6月16日~21日

Daniel Deme/WENN.com

ciatr編集部が今週のエンタメニュースの中から10個のトピックスをまとめた記事です。エンタメ界の動向を、今一度振り返ってみましょう!

【おめでたい】俳優の玉木宏と女優の木南晴夏が結婚!

人気イケメン俳優の玉木宏がついにゴールイン!お相手はスペシャルドラマ『女の勲章』で共演した女優の木南晴夏。2人は長らく友人であったそうですが、共演を機に交際に発展したのだとか。 結婚後も共に俳優、女優の仕事を続けていきます。二人三脚で新たに歩み始めた2人の今後の活躍に期待ですね!

アヌシー国際アニメ映画祭で元ピクサーの堤大介設立のスタジオによる短編作品がグランプリ!

かつてピクサーのアートディレクターだった、堤大介が設立したアニメーションスタジオであるトンコハウス制作の短編アニメ『ピッグ 丘の上のダム・キーパー』。 2018年6月現在Huluで配信中の同作が、フランスで開催されたアヌシー国際アニメ映画祭でグランプリを受賞しました!監督を託されたエリック・オー監督は「自身を信頼してくれた日本のスタッフに感謝したい」と喜びを表現しました。

『ミュータント・ニンジャ・タートルズ』第3作目が製作決定!

2014年の『ミュータント・タートルズ』、2016年の『ミュータント・ニンジャ・タートルズ 影(シャドウズ)』の続編製作が決定しました! The Hollywood Reporterが報じたところによると、細かい情報はまだ明らかになっていないものの、『バッド・ガイ 反抗期の中年男』というコメディ映画で注目されたアンドリュー・ドッジが脚本家を務めることが決定しているそうです。

「バック・トゥ・ザ・フューチャー」シリーズ監督の最新作は児童小説の再映画化作品

ロバート・ゼメキス  (z)
©️WENN.com

「バック・トゥ・ザ・フューチャー」シリーズや『フォレスト・ガンプ』の監督として知られるロバート・ゼメキスの最新作の情報が、米メディアVarietyによって報じられました。 次回作はロアルド・ダールによる児童小説『魔女がいっぱい』を原作とする、1990年公開のファンタジー映画『ジム・ヘンソンのウィッチズ 大魔女をやっつけろ!』の再映画化作品となるようです。

ジョージ・クルーニーがSFスリラー映画の監督に交渉中

ジョージ・クルーニー
Daniel Deme/WENN.com

俳優としてだけでなく、2018年公開の映画『サバービコン 仮面を被った街』などで監督を務めるなど、映画づくりに精力的なジョージ・クルーニー。 このほど米ニュースメディアVarietyにより、『エコー (原題)』というSFスリラー映画の監督として交渉段階に入っていることが報じられました。決定すれば通算7本目の映画となります。

レゲエの神様ボブ・マーリーの伝記映画を息子ジギーが企画!

1945年に生まれ、36歳で夭折したレゲエミュージックを世界中に発信した男・ボブ・マーリー。彼の伝記映画が、米パラマウント・ピクチャーズと、実の息子のジギー・マーリーによって企画されていると、Deadlineによって報じられた。 ジギーは歌手として『Play The Game Right』でデビューして、『One Bright Day』でグラミー賞を獲得するなど大きな才能を示す一方で、『Bob Marley Legend Remixed』などのドキュメンタリー作品も手掛けている。

『ブラックパンサー』と『ストレンジャー・シングス』がMTV Movie&TVを最多受賞!

MTV視聴者を中心としたファンの投票で決定される「2018 MTV Movie & TV Awards」が開催された。映画部門においては、『ブラックパンサー』が最優秀作品賞、最優秀演技賞、最優秀ヒーロー賞、最優秀悪役賞を獲得するなど最多四部門を獲得しました。 TV部門においては、『ストレンジャーシングス 未知の世界』が最優秀作品賞、最優秀演技賞、最優秀怪演賞、最優秀ミュージック・シーン賞を受賞しました。

「ジョジョ」第五部アニメ化決定!放送は10月から!

「ジョジョ」こと人気漫画「ジョジョの奇妙な冒険」シリーズ第五部の『ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風』が10月よりテレビアニメとして放送されることになりました。 第五部は、第四部から二年の月日がたったイタリアを舞台に描かれます。総監督には、第四部までのディレクターであった津田尚克氏が就任して、木村奏太と高橋秀弥氏が担当します。気になるキャストは、2018年の7月5日のジャパンプレミアムで発表される予定です。