2018年6月23日更新

細田守、金ローで新オープニングを制作!【『時をかける少女』再放送日に初公開】

©2018 STUDIO CHIZU

宮崎駿が制作した「映写機おじさん」など、オープニングでも何かと有名な金曜ロードショー。今回、『未来のミライ』で監督を務める細田守が新たなオープニングを手がけることになりました。

金曜ロードショーの新オープニングが誕生!?【細田守が制作】

1985年に放送が開始されてから様々なオープニングで私たちを楽しませてくれた金曜ロードショー。実は、2016年4月からオープニングがカットされていました。 しかし2018年7月20日から、新オープニングが誕生します!制作したのは、『時をかける少女』や『サマーウォーズ』など様々なアニメをを制作してきた細田守監督。また、テーマ曲制作に高木正勝、『バケモノの子』の制作に関わった大森崇が美術監督、日本アカデミー賞最優秀美術賞を獲得した経歴を持つ上條安里が美術設定を担当します。

細田守が新オープニングへの想いを語る!

細田守は金曜ロードショーのオープニングに対して、「本当に映画1本作るくらいの意気込み」で取り組んだそう。そして、このオープニングを通じて映画と人々が出会うきっかけとなるよう願いを込めて作ったと言っています。 インスピレーションを受けた作品は、ウディ・アレン監督作の映画『カイロの紫のバラ』です。設定は、エジプトで開かれる秘密の映画サロンに映画と向き合ったことのない少女が招待される......というちょっぴりロマンチックな雰囲気な作品を制作中とのことです。

7月20日に『未来のミライ』公開&金曜ロードショー『時をかける少女』放送!

2018年7月20日、金曜ロードショーで新オープニング発表に加え『時をかける少女』を放送。さらに新作映画『未来のミライ』公開とどれも見逃せないです!

細田守『未来のミライ』の最新情報はこちら!