2018年6月29日更新

今週公開のおすすめ映画5選、「ハン・ソロ」「パンク侍」ほか

©エイベックス通信放送

梅雨はもうあけたんでしょうか?東京は暑い日が続いていますが、みなさんいかがお過ごしでしょうか?さて、今週も暑さに負けず、編集部が選んだおすすめ映画を紹介して行きますよ!

【2018年6月29日公開】『ハン・ソロ スター・ウォーズ・ストーリー』

若きハン・ソロの冒険とは?

今週1本目のおすすめ映画は『ハン・ソロ スター・ウォーズ・ストーリー』! みんな大好き「スター・ウォーズ」シリーズで新たに描かれるのは、ルークやレイアと出会う前の若きハン・ソロの冒険。オールデン・エアエンライク演じる若きハン・ソロの冒険はぜひ劇場でチェックしましょう!

【2018年6月29日公開】『ウィンチェスターハウス アメリカで最も呪われた屋敷』

その屋敷は今も実在する……

2本目のおすすめ映画は、カリフォルニアに現存している幽霊屋敷「ウィンチェスター・ミステリーハウス」を題材にした『ウィンチェスターハウス アメリカで最も呪われた屋敷』。 莫大な財産を注ぎ込み、増改築を繰り返す屋敷の中で起きる物語とは? 映画『クィーン』のオスカー女優・ヘレン・ミレンがある事情から家を妄信的に増築していくサラ・ウィンチェスター役、彼女精神鑑定を依頼された医師エリック役を『エベレスト 3D』のジェイソン・クラークが演じます。

【2018年6月29日公開】『アメリカン・アサシン』

自らの復讐のためにアメリカを利用した青年の戦いとは?

今週3つ目のおすすめ映画は、全米でベストセラーになった小説「ミッチ・ラップ」シリーズ初の実写映画化作品『アメリカン・アサシン』。 無差別テロで恋人を失い、テロリストへの復讐に人生を捧げた青年がCIAにスカウトされ、正体不明のテロリストと戦う姿が描かれます。 キャストには、「メイズ・ランナー」シリーズのディラン・オブライエン、『スポットライト 世紀のスクープ』『ダンボ(原題)』など話題作への出演が続くマイケル・キートンらが名を連ねています。

【2018年6月29日公開】『アイ・アム・タレント』

「人生を取り戻そうと懸命に闘ってた」、奇跡のドキュメンタリーが公開

読み書きもできないホームレスの少年が、スケートボードで生計を立てるプロスケーターになる過程をとらえたドキュメンタリー。劇中では、南アフリカのストリートで暮らしていた少年が、スケーターになるためアメリカのカルフォニアを目指す旅をすることになるそうです。 今週のピックアップ作品の中では唯一のドキュメンタリーとなった本作。現状では公開規模は決して大きいとは言えませんが、お近くの方はチェックしてみてはいかがでしょうか?

【2018年6月30日公開】『パンク侍、斬られて候』

パンクな奴らが大暴れ!町田康の異色の時代小説はどう映画化されるのか?

今週最後のおすすめ映画は『パンク侍、切られて候』! 原作・町田康。脚本・宮藤官九郎。監督・石井岳龍。主演・綾野剛……という布陣で作られた本作は、町田の異色時代小説を映画化した作品。宣伝でも度々「パンク」というワードが用いられている本作ですが、永瀬正敏が特殊メイクで猿を演じる点だけ見ても、その独特の作風が伺えるのではないでしょうか? ぜひ、劇場でパンクな物語を堪能してください!