2018年6月28日更新

新たな「スパイダーマン」のスピンオフ映画『モービウス』の主演と監督が決定!

「スパイダーマン」シリーズの新たなスピンオフ映画『モービウス (原題)』の製作が決定しています。このほど、ついに監督と主演の決定が発表されました!

「スパイダーマン」のスピンオフ映画『モービウス (原題)』主演と監督が決定!

2018年10月5日に全米公開されるトム・ハーディ主演の映画『ヴェノム』に加え、新たに「スパイダーマン」シリーズのスピンオフ映画『モービウス (原題)』の製作が決定しています。 Netflixオリジナルドラマ『ロスト・イン・スペース』で知られるバーク・シャープレスとマット・サザマのコンビが脚本を完成させていることだけがわかっていた本作ですが、監督や主演は誰になるのか、という疑問の答えを米ニュースメディアDeadlineが報じました! 監督を務めるのは、ライアン・レイノルズやジェイク・ギレンホール、真田広之らの共演で話題となったSFスリラー映画『ライフ』で知られるダニエル・エスピノーサ監督。主演は『スーサイド・スクワッド』のジョーカー役や『ブレードランナー 2049』のウォレス役など、多くの話題作に出演している俳優のジャレッド・レトが務めます。

原作コミックスにある"独特のダークさ"をどう描くかに期待大!

ジャレッド・レト
Euan Cherry/WENN.com

モービウスは「スパイダーマン」シリーズの原作コミックスに登場するキャラクターで、「自分の病を治療しようとした過程で、吸血鬼のような体質になってしまった」という"悲劇の科学者"として描かれています。 SFスリラー映画『ライフ』においてダニエル・エスピノーサ監督は、孤立無援の宇宙空間で、急速に成長する得体の知れない微生物が人間を襲う恐怖をスリリングに描きました。バーク・シャープレスとマット・サザマの脚本家コンビはNetflix製作のドラマ『ロスト・イン・スペース』で、宇宙で遭難した人間たちの冒険を通じて、未知の世界を映画のような壮大なスケールで描いています。 原作のダークさをどのように演出するのか、期待の持てるタッグです。 主演のジャレッド・レトはというと、彼はどんな作品であれ、最大限に役に入り込む役者として有名です。役のために12キロの減量、あるいは27キロの増量を平気で行います。そんな彼が、"悲劇の科学者"を演じるというのは、なんとも興味深いキャスティング。 こうしたもの以外の情報はまだまだ明らかになっていませんが、映画『モービウス (原題)』のストーリーや、その他のキャストなどにも注目したいですね。続報をお楽しみに!