2018年7月5日更新

渋谷の映画館シネクイントの特集上映10本が激アツ過ぎる!

(c) Universal Pictures

渋谷の映画館・シネクイントが、2018年7月6日に2年ぶりの復活を遂げます。それを記念して行われる特集上映の上映作品10本が激アツなので、全作品を紹介して行きます!

渋谷の映画館、シネクイントが7月6日リニューアルオープン!

アフタースクール
(C)2008「アフタースクール」製作委員会

パルコが手がける東京・渋谷の映画館「シネクイント」が、2018年7月6日にオープン! シネクイントは、2016年8月7日をもって一旦休館しましたが、2018年5月27日に閉館した渋谷シネパレスの跡地にて、リニューアルオープンすることになりました。 そして、今回の復活を記念して、同映画館では「シネクイント復活記念!パルコが関わってきた名作をもう1度スクリーンで!」と題した特集上映を実施。これまでパルコが配給や買付として関わってきた作品の中から厳選した10作品を、7月21日から8月17日の4週間にわたって、連日レイトショーします。 この記事では、同映画館で上映される10作品の詳細を紹介して行きます!

7/21(土)・22(日)・23(月) 上映『ゴッホ 最期の手紙』

1つ目の上映作品は、第90回アカデミー賞にて長編アニメーション賞にノミネートした『ゴッホ 最期の手紙』。同作は、19世紀の画家・フィンセント・ファン・ゴッホの死の謎を、油絵風のアニメーションで解き明かしていく異色のサスペンスドラマです。劇中で用いられている油絵は、なんと約6万5000枚。作品の公開当時からその独特な映像表現が話題を呼んでいました。

7/24(火)・25(水) 上映『ハードコア』

次の上映作品は、サイボークと化した主人公の壮絶な戦いを、FPS視点で描いた新感覚アクション『ハードコア』。同作のキャストには『チャッピー』『マレフィセント』のシャルト・コプリー、『イコライザー』『マグニフィセント・セブン』のヘイリー・ベネットらが名を連ねています。

7/26(木)・27(金) 上映『キャビン』

『アベンジャーズ』『ジャスティス・リーグ』のジョス・ウェドンが脚本・プロデュースを担当したスリラー『キャビン』も今回の特集で上映。監督は『LOST』『クローバーフィールド HAKAISHA』の脚本で知られるドリュー・ゴダードが監督と共同脚本を担当しています。全米でスマッシュヒットを記録した本作。クリーチャー映画ファンが狂喜乱舞したというクライマックスを是非劇場で!

7/28(土)・29(日)・30(月)上映『マンチェスター・バイ・ザ・シー』

『ギャング・オブ・ニューヨーク』の脚本を担当したケネス・ロナーガン監督、『インターステラー』のケイシー・アフレックが主演を務め、第89回アカデミー賞にて主演男優賞、脚本賞受賞を受賞したヒューマンドラマ。劇中では、兄の死をきっかけに故郷へと戻った主人公が、過去の悲劇と向き合おうとする姿が描かれます。 なお本作には、話題作への出演が相次ぐミシェル・ウィリアムズも出演しています。

7/31(火)・8/1(水)・2(木) 上映『トゥルー・ロマンス』

『レザボア・ドッグス』のクエンティン・タランティーノ脚本、『トップガン』のトニー・スコットが監督を務めた傑作映画『トゥルー・ロマンス』。製作から25周年の時を経てなお映画ファンに愛される本作は、警察とマフィアに襲われる破滅的なカップルの逃避行をアクション、バイオレンス、ロマンスをたっぷり織り交ぜて描いた作品です。

8/3(金)・4(土)・5(日) 上映『ワールズ・エンド 酔っぱらいが世界を救う!』

『アントマン』『ベイビー・ドライバー』など次々と話題作を手がけるエドガー・ライト監督が、サイモン・ペッグ、ニック・フロストらとタッグを組んだイギリスを舞台にした作品。 かつて、一晩で12軒のパブをめぐる「ゴールデン・マイル」に失敗した主人公は、仲間たちと共にリベンジを決意。12軒目の酒場を目指してパブをめぐるが、街の人々の様子がおかしいことに気づき始め……というSFコメディです。

8/6(月)・7(火)・8(水) 上映『ピッチ・パーフェクト』

ブロードウェイミュージカル出演経験も持つアナ・ケンドリックが主演を務める人気ガールズムービー『ピッチ・パーフェクト』も同イベントで上映。そんな同作は、DJを目指している音楽好きのベッカが、ささいなきっかけで入部したガールズ・アカペラ部の個性的な仲間たちと友情を育みながら、大会を目指すというストーリーです。

8/9(木)・10(金)・11(土) 上映『エクス・マキナ』

『28日後...』の脚本を手掛けたアレックス・ガーランドが映画初監督を務め、第88回アカデミー賞で視覚効果賞に輝いた『エクス・マキナ』も今回のイベントに登場。本作は、世界最大手の検索エンジンで知られる企業のプログラマーとして働く主人公が、女性型ロボットに搭載された人工知能に関する不可思議な実験に巻き込まれていくというSFスリラーです。

8/12(日)・13(月)・14(火) 上映『アバウト・タイム 愛おしい時間について』

ドーナル・グリーソン、レイチェル・マクアダムス、ビル・ナイ、マーゴット・ロビーらが出演するロマンティックコメディ『アバウト・タイム 愛おしい時間について』。メガホンをとったのは『ラブ・アクチュアリー』のリチャード・カーティス監督です。劇中では、タイムトラベルを繰り返す青年が真実の愛に気付いていく姿が描かれています。

8/15(水)・16(木)・17(金) 上映『アフタースクール』

最後の上映作品は、今回のラインナップの中では唯一の邦画。大泉洋、佐々木蔵之介、堺雅人らが共演した『アフタースクール』という作品です。母校で働く中学教師・神野(大泉)のもとに、かつての同級生だと名乗る見覚えのない男・北沢(佐々木)が現れます。北沢は、同じく同級生で神野の友人の木村(堺)を探して、神野は北沢の木村探しを手伝うことになるのだが……?というストーリーです。

上映情報の詳細は以下のリンクからもチェック出来ます

エクス・マキナ
(c) Universal Pictures

各作品の上映時間の詳細や、劇場までのアクセス情報などは、シネクイントのオフィシャルサイトでチェック!下記のリンクからHPを確認できるので、そちらも合わせてご利用くださいね!