2018年7月5日更新

【6/21~7/5】Netflix新着おすすめ作品【『ダーティ・グランパ』他】

気がつけば追加されている、Netflixの新着作品。「良い作品は見逃したくない!」そんなあなたのために、新着コンテンツからおすすめをご紹介します。

【気になる!】キャスト陣が豪華な映画や、韓流作品が多く追加

Netflix

様々な作品が度々追加されるNetflix。 数々の名作・話題作に加えて、アニメやNetflixオリジナル作品もたくさんあるので、もうどれから見ていったらいいのやら……と頭を抱えてしまうこともしばしば。 そこで、この記事ではNetflixに最近追加された作品の中から厳選し、話題作などのおすすめ作品を紹介していきます!

『高慢と偏見とゾンビ』ロマンス×ゾンビの大胆な設定!

1813年に発表された不朽の恋愛小説『高慢と偏見』をベースにしつつ、ゾンビが蔓延する終末世界を舞台にした物語という大胆なアレンジが話題となった映画『高慢と偏見とゾンビ』。のちに『ベイビー・ドライバー』のヒロイン役で一躍知られることとなった女優リリー・ジェームズが主演を務めています。 一見すると「どうなるんだこれは?」と疑問の湧く設定ですが、ロマンスとコメディ、そしてゾンビという要素が絶妙にミックスされた独特な作風がクセになります。ゾンビ描写も程良く、観やすい作品となっているため、この機会に挑戦してみるのもアリなのではないでしょうか?

『アイ・ソー・ザ・ライト』トム・ヒドルストンの歌声に酔いしれる

「マイティ・ソー」シリーズをはじめとするマーベル映画で、愛すべき悪キャラのロキを演じた俳優のトム・ヒドルストン。そんな彼が、29歳で亡くなった伝説のミュージシャン、ハンク・ウィリアムスを演じたのが本作『アイ・ソー・ザ・ライト』です。 若き天才ミュージシャンの短い生涯を描いた伝記ドラマで、心を故郷に還すカントリー・ミュージックの心地良さ、そしてそれらを見事に歌い上げたトム・ヒドルストンの美声が素晴らしい映画となっています。伝記作品であるという点、カントリー・ミュージックがメインとなるので好みは分かれますが、彼の演技、歌声だけでも一見の価値アリです!

『僕らの先にある道』共に夢を追いかけた恋人との再会を描くラブロマンス

Netflix

続いて、Netflixオリジナルの台湾映画『僕らの先にある道』。中国で大ヒットし、多くの話題を呼んだ珠玉のラブストーリーがこの度、ついに日本でも配信されることになりました。 かつて都会で夢を追いかけていた中で偶然出会い、恋に落ちた2人が10年の時を経て再会するところから始まる物語。カラーとモノクロを組み合わせた美しい映像表現がエンドロールの最後まで作り込まれており、単純な恋愛映画に留まらない魅力あふれる作品となっています。

『ふきげんな過去』二階堂ふみ主演の不思議なヒューマンドラマ作品

二階堂ふみ主演で、小泉今日子や高良健吾らが共演する映画『ふきげんな過去』。死ぬほど退屈な毎日をなんとなく過ごす女子高生、果子の前にかつて死んだはずの叔母が突然現れることから始まる、不思議な世界観のヒューマンドラマです。 解釈が分かれる要素はあるものの、独特の雰囲気とキャストたちの演技が心地良い作品。Netflixなら好きな時に観られるという利点を活かして、たまにはこういった邦画を観てみるのも良さそうです。

『ダーティ・グランパ』おじいちゃんが傷心旅行でハメを外しまくる!

名優ロバート・デ・ニーロと期待の若手俳優ザック・エフロンが共演したコメディ映画『ダーティ・グランパ』。妻を亡くしたばかりの祖父に付き合う形で始まった傷心旅行のはずなのに、祖父がハメを外して大暴れする珍道中を描いた作品です。 R15指定があるだけに下品さはあるものの、ザック・エフロンの肉体美やロバート・デ・ニーロの妙演を楽しむことができます。今日はただただ笑いたい!なんて日にオススメです。

のんびりしたい週末にもNetflix!

今回取り上げたのはもちろんごく一部。このほかにも数多くの作品が追加されています。週末に出かけるのもいいけれど、Netflixで彩ってみるのも良さそうですね。 今週も素敵な週末を!