2018年7月16日更新

是枝監督最新作はフランスで制作!タイトルは『La Vérité(仏題・仮)』に決定

©︎ciatr

『万引き家族』でカンヌ国際映画祭パルムドールを受賞したことも記憶に新しい是枝裕和監督ですが、その最新作がフランスで撮られることが正式に決まりました。

是枝監督最新作『La Vérité(仏題・仮)』はフランスで撮影!

是枝新作
​​ «La Verite»(仏題・仮)

パルムドールを受賞した『万引き家族』で日本の、いや世界中の映画ファンを湧かせ、今や「世界の是枝」となった是枝裕和監督。その次回作がフランスで制作されることが正式に発表されました。 タイトルは『​​La Vérité(仏題・仮)』で、これはフランス語で「真実」という意味。フランスの往年の大女優のもとにアメリカに行っていた娘が帰ってきて、長年の確執が浮き彫りになる、といった物語になるようです。 注目すべきはそのキャスト。主人公の大女優をカトリーヌ・ドヌーヴ、その娘をジュリエット・ビノシュ、その夫をイーサン・ホークが演じ、さらに新進女優の役を『スイミング・プール』などで知られるリュディヴィーヌ・サニエが演じることが明らかになっています。 撮影は2018年の秋から冬にかけて、日本公開は2019年になる見込みです。