©︎ciatr

ドラマ『中学聖日記』あらすじ・キャスト【有村架純が新人俳優と禁断の恋に堕ちる……!】

2018年10月11日更新

かわかみじゅんこ原作の漫画『中学聖日記』がドラマ化決定!主演は有村架純が務め、10歳年下の中学3年生と恋に落ちる教師役を演じます。この記事ではあらすじやキャストなど最新情報をお届けします!

ドラマ『中学聖日記』で有村架純が中学生との禁断の恋に挑戦?

2018年7月現在も連載中の漫画『中学聖日記』が2018年秋、有村架純主演でドラマ化されることに。2017年放送の朝ドラ『ひよっこ』以来1年ぶりの出演となる有村ですが、なんとその役柄は中学生と恋に落ちる教師役だそう。 この記事では気になるキャスト情報やあらすじを紹介します。

ドラマの各話ネタバレあらすじはこちらから【気になる視聴率も】

『中学聖日記』のあらすじ

末永聖(有村架純)は赴任先の中学で晶という生徒と出会い、「先生に一目惚れした」と想いを伝えられます。しかし、2人の関係は恋愛関係に発展してはならない教師と生徒。さらに婚約者のいる聖でしたが、不思議な雰囲気を纏う一方でまっすぐに想いを向けてくる晶に次第に惹かれていきます。 恋に落ちた2人を待っていたのは様々な障壁。晶とは真逆なエリート婚約者であったり、シングルマザーである晶の母親であったり......。 幸せな未来が約束されている婚約者か、困難な未来が想像される教え子か、聖の選ぶ相手は一体どちらなのでしょうか?

ドラマ『中学聖日記』主演キャストは有村架純!

婚約者と生徒の間で揺れる教師・末永聖/有村架純

有村架純
©️ciatr

「中学生との禁断の恋に落ちる教師」を演じるのは、そのイメージとは大きく異なる印象の有村架純。単独ドラマ主演は本作が初であり、また、朝ドラ『ひよっこ』以来1年ぶりのドラマ出演となります。 有村演じる末永聖は、念願の教師になるものの、真面目な性格がある意味災いし上手くいかない日々。大学時代にサークルで出会った恋人・勝太郎と婚約しますが、完璧な彼と自分を比較し落ち込むこともあります。 そんな中、まっすぐ気持ちを向けてくる生徒の晶に惹かれ始め、禁断の恋に落ちていくという設定です。

本作で俳優デビュー!注目の若手がキーパーソン

教師に一目惚れする生徒・黒岩晶/岡田健史

婚約者がいることや、恋をしてはいけない相手であることを知りながらも聖に想いを向ける生徒・晶を新人の岡田健史が演じます。 岡田は1999年5月12日生まれの19歳で、1年ほど続いたオーディションに見事合格し、本作で芸能界デビューを果たしました。 ドラマの内容だけでなく、「今時の子にはあまりないような純粋な魅力がある」という理由で抜擢された岡田の演技にも大注目ですね!

ドラマに出演するその他のキャスト

大人で完璧な婚約者・川合勝太郎/町田啓太

聖と大学時代から交際しており、現在はエリート商社マンとして働いている完璧な婚約者・川合勝太郎を演じるのは町田啓太。 町田は劇団EXILEに所属しており、舞台やドラマで活躍中の俳優。近年では大河ドラマ『西郷どん』(2018)にも出演しました。

厳しい指導で知られる教頭・塩谷三千代/夏木マリ

聖が務める子星中学校の教頭、塩谷三千代を演じるのは夏木マリ。新人教師である聖に対し、厳しい目で指導をするという役柄で、通称「塩バァ」と呼ばれています。 夏木マリといえば、その存在感のあるキャラクターを武器にさまざまな個性的登場人物を演じてきた女優です。テレビドラマでは「医龍」シリーズの鬼頭笙子や、NHK連続テレビ小説『カーネーション』にて主人公・糸子の晩年期役でも知られていますね。 今回は普段の若々しい印象から一転し、原作の塩バァを表現するような絶妙な髪型のウイッグを付け役柄に挑んでいます。

聖の良き相談相手・丹羽千鶴/友近

原作には無いドラマオリジナルの登場人物・丹羽千鶴役にはお笑い芸人の友近が抜擢されました。小学校の教師であり、聖の教育実習を担当していた関係。今では良き相談相手となっているようです。 お笑い芸人として知られる友近ですが、元々は一人コントを得意とした芸風のため、近年はドラマや映画にたびたび女優として出演。2018年には映画『嘘八百』にて中井貴一とW主演の佐々木蔵之介の妻として参加をしています。 今回のドラマでは聖と千鶴の女子トークのシーンなどもあるようなので、達者な話芸が役柄に活かされているのかもしれません。

禁断の恋に落ちる息子を案ずる母・黒岩愛子/夏川結衣

晶の母親であり、アジア雑貨輸入販売会社を営む黒岩愛子を演じるのは夏川結衣。シングルマザーとして晶を育てた経験から、息子の禁断の初恋を案じます。 『non-no』のモデルやキャンペーンモデルなどを経て、1992年に女優としてデビューした夏川。その圧倒的な透明感と美しさで話題となり、その後数々のドラマや映画の出演を重ねています。 今回の『中学聖日記』では大切に育てあげた息子が反抗期を迎え、年上の教師に惹かれてしまう姿に母親として悩む姿が描かれています。 未成年者との恋愛を主軸に置いた禁断のラブストーリーにおいて、当事者の母親としてどのように息子と向き合って行くのか、こちらにも注目したいですね。

晶の母が経営する会社の部下・上布茂/マキタスポーツ

晶の母・愛子が経営する会社で部下として働く上布茂を演じるのは、マキタスポーツ。 愛子から、部下としてだけではなく私生活においても信頼を寄せられている人物とあって、どのように聖や晶と絡んでくるのかが楽しみな役どころですね。 元々はお笑い芸人として活動するマキタスポーツですが、ミュージシャンや俳優としてもその活動の幅を広げている注目の人物です。 2012年公開の『苦役列車』ではブルーリボン賞新人賞と東京スポーツ映画大賞新人賞を受賞。また2017年の大河ドラマ『おんな城主直虎』にも盗賊団・龍雲党の「モグラ」として出演を果たしています。

バリキャリ帰国子女でバイセクシャル・原口律/吉田羊

聖の婚約者・勝太郎の会社の先輩・原口律を演じるのは演技派女優の吉田羊。“孤高のバリキャリ”と評され、帰国子女でありながらバイセクシャルでもある、という難しい役どころです。 遅咲きのブレイク女優として近年主演作も増えてきている吉田は、2014年月9ドラマ『HERO』の馬場礼子役に抜擢されたことでその知名度を上げました。 第40回報知映画賞助演女優賞やブルーリボン賞助演女優賞の受賞、映画『ビリギャル』では第39回日本アカデミー賞優秀助演女優賞も受賞し、名実ともに人気女優の一人となりました。 そんな吉田が今回の難しいキャラクターをどのように演じるのかも見どころの一つですね。

脚本は『電車男』『羊と鋼の森』などを手がける金子ありさ

『中学聖日記』の脚本を手がけるのは様々な作品に携わってきた金子ありさ。中谷美紀主演の『私 結婚できないんじゃなくて、しないんです』(2016)や織田裕二主演の映画『ボクの妻と結婚してください。』(2016)などを過去に手がけています。 また、最新作では2018年7月現在公開中の映画『羊と鋼の森』の脚本を手がけており、大人世代だけでなく、若者の葛藤を描く作品も得意なことが分かります。『中学聖日記』でもまだまだ若く、様々な葛藤に揺れる主人公を上手くテレビに映してくれるのではないでしょうか?

ドラマ『中学聖日記』は2018年10月から放送開始

フレッシュ&豪華キャストが出演しまだまだ目が話せない『中学聖日記』は2018年10月から放送開始です! 原作はan・anマンガ大賞大賞を受賞した作品だということに加え、有村架純の新たな一面が見られるということで、大注目間違いなしのドラマとなりそうです!