映画「コードブルー」涙が止まらないとの声多数!ドラマファンの感想・評価は?【ネタバレ注意】

2018年7月31日更新

7月27日に公開された『劇場版コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-』。2008年放送の1stシーズンから、10年の年月をかけてスクリーンで完結しました。ドラマファンの気になる感想・評価は?

映画「コードブルー」の感想・評価をお届け!【ネタバレ注意】

2008年に放送された1stシーズンから10年の年月を経て、スクリーンで完結する「コードブルー」シリーズ。 メインキャラクターの個性を丁寧に描き、フライトドクターとしての成長、進むべき道への葛藤、その中で生まれた絆は多くのドラマ視聴者の涙を誘ってきました。 2010年に放送された2ndシーズン、2017年に放送された3rdシーズンで中心となったメインキャストはそのまま続投し、新たに新キャストとして新田真剣佑、山谷花純、かたせ梨乃らを迎え、シリーズをドラマチックに締めくくります。 この記事では映画「コードブルー」の魅力をネタバレありで紹介。気になるドラマファンの感想・評価は?

映画「コードブルー」の詳しいキャストはこちらから

100億超えのロケットスタートを記録中の「劇場版コード・ブルー」

映画が公開されるや否や満席上映が続出し、100億を見込めるロケットスタートを切った映画「コードブルー」。 週末の結果を経て発表される観客動員数ランキングでは、前週まで1位だった『ジュラシック・ワールド/炎の王国』を押さえて堂々の第1位に。『未来のミライ』、『劇場版ポケットモンスター みんなの物語』、『BLEACH』など夏休み大作がせめぎ合っている中で余裕の滑り出しを見せたようです。 実写邦画での100億超えが達成されれば、15年前に公開された『踊る大捜査線 THE MOVIE2 レインボーブリッジを封鎖せよ!』以来となります。ともにフジテレビの人気ドラマの劇場版ということで、期待が高まります。

とにかく「涙が止まらない」。コードブルーは医療ドラマというより人間ドラマ

映画の感想として多く上がっているのが、とにかく「泣ける」というもの。医療ドラマとしての手術シーンは意外とあっさりしており、それ以外の登場人物たちの成長や葛藤、絆が中心に描かれています。 藍沢、白石、緋山、藤川、冴島の5人に加え、3rdシーズンから登場しているフェローとフライトナース4人、これまで救命をまとめてきた橘啓輔らがドラマシリーズに引き続き登場。 それぞれが次のステップに向けて準備をしている最中、成田空港と海ほたるで未曾有の事件が連続して発生。フライトドクター、ナースたちが患者と向き合うシーンは多くの人の涙を誘ったようです。

中には続編を希望する声も多く上がっています。前述の劇場版「踊る大捜査線」がシリーズになったことを考えると、劇場版「コードブルー」のシリーズ化もあり得ない話ではないかもしれません。

新キャストがいいスパイスに。患者と姿を重ねてしまうフライトドクターたち

劇場版では成田空港の事故で出会った余命残りわずかの患者・富澤未知(山谷花純)や、アルコール依存症でフライトナース雪村の母・沙代(かたせ梨乃)らが新キャラクターとして登場します。 中でも未知の存在は、病で恋人を失った冴島の過去を思い出させます。余命が少ないことを理由に婚約者の彰生と距離を置いていた未知。そんな未知を見た白石や緋山が、冴島に代わって「しっかり思いを伝えることが大切」とアドバイスします。未知はそのアドバイスのおかげで「好きっていってくれるあなたがいて、私は幸せ」と、彰生に思いを伝えバージンロードを歩くことができたのでした。

フライトナースの雪村は、アルコール依存症の母から逃げるように家を出ていました。母との関係に不満を抱えていた雪村は、藍沢に向かって「藍沢先生には私の気持ちは分からない」と吐き捨てます。しかし雪村は、藍沢にも祖母の介護とキャリアで葛藤した時期があったということを、あとから知らされます。 雪村は自分と同じように家族に対して悩んでいる人がいることを知り、少しだけ母に対して優しくしようと思えるようになるのでした。 それにしても多かったのが、アルコール依存症患者を演じたかたせ梨乃の演技に関する声。彼女の演技は、是非劇場で確かめてみてください。

【ネタバレ注意】藍沢に命の危機。ドラマへの思い入れが強い人ほど泣ける!

映画中盤で海ほたるの事故に駆け付けた藍沢、白石、雪村。そこで雪村をかばうようにして藍沢は感電し、水の中に身を投げてしまいます。これまで圧倒的な技術と判断力で、みんなを引っ張ってきた藍沢。すぐに病院に搬送されましたが、藍沢の目は閉じたままです。 藍沢が目を覚まさない日々が続いた時、共に戦ってきた仲間たちだけでなく、ドラマシリーズから成長を見守ってきたファンの心も一つになったのではないでしょうか。 一か月後、患者の様子が急変したから中庭まで見に行ってくれと橘に頼まれた冴島と藤川。駆け付けると倒れていたのは白石で、ドレスを持った緋山とタキシードを持った藍沢が立っていました。病院の仲間たちが2人にサプライズで結婚式を計画していたのです。藍沢は奇跡的に生還していました。 最後に藍沢、白石、緋山、冴島、藤川は写真を撮ろうとドクターヘリの前に集まります。恥ずかしさがありながらも少しだけ素直になった仲間たちは、写真を残し、次のステップへと進んでいくのでした。

映画「コードブルー」はこの夏1番の感動を届けてくれる

映画を鑑賞した人の中には、「エピソードを詰め込みすぎていた」「ドラマとあまり変わらなかった」などの声もありました。しかし多くの登場人物がいる中で、シリーズを振り返る集大成として、良くできた作品だったのではないでしょうか。 ドラマファンなら絶対にチェックしたい『劇場版コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-』。この夏1番の感動を届けてくれることは間違いありません!