2018年7月30日更新

映画『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』吹き替え声優まとめ

©2015 Skydance Productions and Paramount Pictures Corporation. All Rights Reserved.©2016 Paramount Pictures.

2015年に公開された『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』。トム・クルーズ扮するIMFエージェントと仲間たちの活躍を描いた大人気シリーズの5作目です。この記事では日本語版の吹き替え声優をご紹介します。

『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』吹き替え版の声優をご紹介!

2015年に公開された『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』。トム・クルーズ扮するIMFエージェントと仲間たちの活躍を描いた大人気シリーズの5作目です。 謎の犯罪組織シンジケートの罠にかかり、国際手配される身となったイーサン。IMFも解体され、メンバーたちはCIAの管理下に置かれます。孤軍奮闘するイーサンたちと、彼らをあざ笑うかのごとくテロ行為を繰り返すシンジケート。さらには敵か味方かわからない謎の女性スパイ・イルサも登場します。 絶体絶命の状況の中でシンジケート殲滅を誓う彼らの活躍を描いた本作。この記事では、『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』日本語版吹き替えをつとめた声優をご紹介します!

オリジナルのキャストについてはこちら

イーサン・ハント/森川智之

主人公のイーサン・ハントはアメリカの特殊スパイ組織IMF(Impossible Mission Force)のエージェントで、変装の達人です。世界中で暗殺・謀略などの特殊任務にあたっています。 今までにも、猛毒キメラウイルスを用いたテロ計画や核兵器による人類浄化計画などを防ぎ、世界の危機を何度も救ってきたイーサン。1996年に公開されたシリーズ第1作目から、トム・クルーズが演じています。 シリーズ全作でイーサンの声を吹き替えているのは、1967年生まれの声優の森川智之です。トム・クルーズの吹き替えを専属で担当している他、キアヌ・リーブス、ブラッド・ピット、ジュード・ロウなど、数多くのスターの吹き替えをつとめる映画ファンにはおなじみの存在です。

ウィリアム・ブラント/花輪英司

シリーズ4作目となる『ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル』から登場する、ジェレミー・レナー演じるウィリアム・ブラント。かつては戦闘能力の高いエージェントでしたが、とある理由から分析官に転身したことが前作で明かされました。IMF解体後はCIA職員となり長官のアランに従いつつも、国際手配されたイーサンの身を案じています。 吹き替えを担当するのは、花輪英司。1974年生まれの声優です。ドラマ『エージェント・オブ・シールド』のグラント・ウォード役、『ゲーム・オブ・スローンズ』のジョン・スノウ役などの吹き替えを担当しています。

ベンジー・ダン/根本泰彦

『ミッション:インポッシブル3』から登場するベンジーことベンジャミン・ダン。IMFではガジェット開発を担当するエンジニアでした。CIAに異動後は、イーサンと親しかったことを問いただされた上に閑職に追いやられ、仕事へのモチベーションを失っている様子です。シンジケートの正体に気づいたイーサンから協力を依頼されます。 吹き替えを担当するのは、1958年生まれの声優・根本泰彦。ベンジーを演じる俳優サイモン・ペッグの吹き替えを担当することが多く、本シリーズの他に「スター・トレック」シリーズでも吹き替えを担当しています。 他にも、『アナと雪の女王』(2014)のアレンデール国王役や「トイ・ストーリー」シリーズのグリーン・アーミーメン役など、ディズニー作品でも多数声の出演をしています。

イルサ・ファウスト/甲斐田裕子

レベッカ・ファーガソン演じる、本作の鍵となる謎の女スパイ・イルサ。シンジケートの構成員ですが、捕らえられたイーサンをひそかに解放。イーサンに協力的かと思いきや、裏切って極秘データを強奪するなど、行動に謎が多い人物です。彼女の正体は一体何者でしょうか……? 吹き替えを担当するのは、声優の甲斐田裕子です。クールなハスキーボイスを持ち、ガル・ガドット、アン・ハサウェイ、ブレイク・ライブリーなどの吹き替えを担当。TVアニメ『銀魂』の月詠役や『機動戦士ガンダムユニコーン RE:0096』のマリーダ・クルス役としても知られています。

ルーサー・スティッケル/手塚秀彰

ヴィング・レイムス演じる天才ハッカーのルーサー。主人公イーサン以外では唯一シリーズ第1作目から登場し続けるキャラクターです。イーサンの良き友人であり相棒のような存在のIMF職員でしたが、解体後は組織を見限り退職。ブラントからイーサンを助けてほしいと頼まれますが、CIAに残ったブラントを信頼して良いものかと疑っている様子です。 シリーズ通してルーサーの吹き替えを担当するのは、手塚秀彰。サミュエル・L・ジャクソンやキース・デヴィッドの吹き替えを担当する他、アニメ「マダガスカル」シリーズのペンギンのコワルスキーの声優も務めています。青年座に所属する俳優でもあり、多くの舞台やテレビ時代劇で活躍しています。

ソロモン・レーン/中尾隆聖

ショーン・ハリス演じるソロモン・レーンは、本作の敵役である謎多き国際犯罪組織シンジケートのボス。元々はイギリスのMI6のスパイで、アトリーからシンジケートを一任されるも、国家を裏切って暴走。頭の回転が早く、失敗を犯した部下を容赦なく射殺するなど冷徹非情な性格の持ち主です。イルサにオーストリア首相暗殺を命じます。 レーンの吹き替えを担当するのは、『それいけ!アンパンマン』のばいきんまん役や、『ドラゴンボール』シリーズのフリーザ役でお馴染みの声優中尾隆聖。1951年生まれで、俳優として活躍しながら多くのアニメ作品に出演しています。キュートなキャラクターから冷酷な悪役まで、幅広い役柄をこなすベテラン声優です。

アラン・ハンリー/田中正彦

アレック・ボールドウィン演じるCIA長官のアラン・ハンリーは、今まで強引なやり方で任務を遂行してきたIMFの存在を問題視し、解体してしまいます。さらには、シンジケートはIMFのメンバーが自らの仕事を守るためにでっち上げた存在だと一蹴し、命令に従わないイーサンを国際手配するのでした。 吹き替えを担当するのは、1954年生まれの声優田中正彦。アラン役の俳優アレック・ボールドウィンの他、「スター・トレック」シリーズに出演する俳優ブルース・グリーンウッドや、ドラマやリアリティ番組に出演するファッション評論家ティム・ガンなどの吹き替え声優として知られています。

アトリー/佐々木睦

イギリスのスパイ組織MI6の局長。世界各国の敏腕スパイを集結させ組織化するシンジケート計画を発案するものの、やがて組織は彼の手を離れて暴走します。自らのしでかしたことの重大さに気づいた彼は、責任を逃れるため秘密裏に事態を収束しようとするのですが……。 サイモン・マクバーニー演じるアトリーの吹き替えを担当する佐々木睦は1961年生まれ。「キャプテン・アメリカ」シリーズのドクター・ゾラ役で知られる俳優トビー・ジョーンズやドラマ『宮廷女官チャングムの誓い』や『トンイ』に出演する韓国人俳優イ・ヒドなどの吹き替えを担当している声優です。

ローレン/御沓優子

CIA長官アランの下で働く職員ローレン。アランとともに、イーサン失踪の件でベンジーを疑い嘘発見器にかけます。 チャン・チンチュー演じるローレンを演じるのは、御沓優子。御沓は、『ワイルドカード』(2015)のカサンドラ役や「キャプテン・アメリカ」シリーズのシャロン・カーター役など、海外映画や韓国ドラマで活躍する声優です。

『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』実力派声優陣の吹き替えをお楽しみに!

『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』の日本語吹き替えを担当する声優9人をご紹介しました。実力派のベテラン声優陣が勢ぞろいしていることが、おわかりいただけたでしょうか? 普段は「洋画は字幕派」という方も、きっと納得の行く吹き替え版です。是非見てみてください!