THE WALKING DEAD&c)2018 AMC Network Entertainment LLC.

『ウォーキング・デッド』シーズン9の全て。リックとマギーはどうなる?

2018年8月16日更新

2018年秋からシーズン9の放送が開始される『ウォーキング・デッド』。今シーズンは主要キャストの降板も決定し注目が集まっています。そんな大人気シリーズの最新情報をお伝えしましょう。

波乱の予感!『ウォーキング・デッド』シーズン9の展開は!?

ウォーキング・デッド
© AMC

2010年から放送が開始され、世界中で人気を獲得したテレビシリーズ『ウォーキング・デッド』。 ゾンピアポカリプスものとしてだけではなく、それぞれに生き延びようとする人間同士の争い、そのドラマに焦点を当てた本作は、今なお多くの視聴者を釘付けにしています。 シーズン8では、これまでで最強の敵との戦いを制したものの多くの謎が残され、グループ内でも不穏な動きが見られるなど、シーズン9はさらに見逃せない展開となりそうです。 さらに、これまでシリーズを牽引してきた主人公リックを演じるアンドリュー・リンカーンの降板が決定。 『ウォーキング・デッド』シーズン9について、最新情報をお伝えします!

大人気シリーズ『ウォーキング・デッド』これまでのあらすじ

ウォーキング・デッド (ゼータ)
©T.C.D / VISUAL Press Agency

ゾンビアポカリプスが発生し、混乱に陥ったアメリカ。 元保安官のリック・グライムスは、さまざまな人々との出会いのなかでリーダーとしての資質を発揮し、彼らとともに生き延びていきます。 しかし、この世界はウォーカーと呼ばれるゾンビの脅威だけでなく、人間同士の争いに満ちていました。 親友だったシェーンとの確執、ウッドベリーの総督(ガバナー)との戦い、「終着駅」での争いを経て、新たなコミュニティ・アレクサンドリアにたどり着いたリックたちでしたが、そこも安住の地ではありませんでした。 他のコミュニティと協力し、ニーガンが率いる「救世主」との壮絶な戦いを終結させたリックたちは、文明社会を築こうと歩み始めます。

【ネタバレ】『ウォーキング・デッド』シーズン9のあらすじは?

前シーズンで、ニーガン率いる「救世主」との戦いを制したリックたち。しかし、シーズン9では“Whisperers (ウィスパラーズ)”と呼ばれる新たな凶悪集団や、謎のコミュニティが登場。そして何人かの生存者がリックのグループに加わります。 さらに、生存者同士の争いを終わらせ文明社会を築こうとしていたリックのグループ内でも、ニーガンの命をめぐって大きな亀裂が表面化することに。 アレクサンドリア、ヒルトップ、王国、オーシャンサイドと協力体制を築き、大きなコミュニティとなったリックたちのグループ。 それぞれの思いが交錯するなか、はたして彼らはウォーカーを避けながら生き延び、人間らしい生活を取り戻すことができるのでしょうか。

『ウォーキング・デッド』シーズン9の主要キャスト

アンドリュー・リンカーン(リック・グライムス役/吹替:土田大)

アンドリュー・リンカーン
© Everett/Photoshot

主人公リックを演じるアンドリュー・リンカーンは、イギリス出身の俳優です。ロイヤル・アカデミー・オブ・ドラマティック・アートで演技を学んだリンカーンは、1996年にBBCのテレビシリーズ『This Life(原題)』に出演し、人気を獲得。また、2003年には映画『ラブ・アクチュアリー』にも出演しました。 ときに揺れ動きながらもリーダーとして仲間とともに生き延びようと奮闘するリックを好演したリンカーン。今シーズンで降板が決定している彼の、シリーズ最後の出演エピソードはどのようなものになるのでしょうか。

ノーマン・リーダス(ダリル・ディクソン役/吹替:小山力也)

ノーマン・リーダス
JC Olivera/Sipa USA/Newscom/Zeta Image

フロリダ州出身のノーマン・リーダスは、画家を目指していた際、画材代を得るために舞台に出演したことがきっかけで俳優になります。その後、映画『処刑人』(1999)や『ブレイド2』(2002)で注目を集めました。 リーダスが演じるダリルはドラマオリジナルキャラクターですが、リックと並ぶ人気を誇っています。シーズン9では、リックに反旗をひるがえすマギーの陣営に加わるようです。

ローレン・コーハン(マギー・リー役/吹替:下山田綾華)

ローレン・コーハン
©︎Tony Forte/WENN

ペンシルベニア州生まれのローレン・コーハンは10代をイギリスで過ごし、ウィンチェスター大学で演劇と英文学を学びます。大学では劇団の旗揚げに関わったこともあり、その後、ロンドンとロサンゼルスの両方でキャリアを積んできました。 コーハンが演じるマギーは、最愛の夫グレンを殺したニーガンを生かしているリックに反発を感じており、シーズン9では彼と対立するようです。

ダナイ・グリラ(ミショーン役/吹替:棟方真梨子)

ダナイ・グレア
©CHRISTINE CHEW/UPI/Newscom/Zeta Image

ミショーン役のダナイ・グリラはアイオワ州で生まれ、5歳から両親の故郷であるジンバブエで育ちました。その後アメリカに戻り、演劇の名門であるニューヨーク大学のティッシュ・スクール・オブ・アーツで美術修士号を修めます。 2018年にはMCUの『ブラックパンサー』と『アベンジャーズ:インフィニティ・ウォー』にも出演しました。 リックの恋人であるミショーンは、新たに大きなコミュニティを仕切ることになる彼の支えになると思われます。また、マギーとの対立のなかでミショーンはどのように立ち回るのでしょうか。

トム・ペイン(ジーザス役)

トム・ペイン
©︎Dennis Van Tine/Future Image/WENN.com

イギリス出身のトム・ペインは、2005年に多くの名優を輩出したことで知られるセントラル・スクール・オブ・スピーチ・アンド・ドラマを卒業。多くのテレビシリーズへのゲスト出演やテレビ映画、短編映画などへの出演を経て、2013年には『千年医師物語〜ペルシアの彼方へ〜』で初主演を務めました。 『ウォーキング・デッド』シーズン9では、ジーザスはリックと対立するマギーたちと行動をともにするようです。

ジェフリー・ディーン・モーガン(ニーガン役/吹替:大塚明夫)

ジェフリー・ディーン・モーガン
©PRPHO/Landmark Media

ワシントン州シアトル出身のジェフリー・ディーン・モーガンは、2005年にABCチャンネルの大ヒットシリーズ『グレイズ・アナトミー』に出演し、注目を集めました。また、映画では『ウォッチメン』(2009)や『ランペイジ 巨獣大乱闘』(2018)などにも出演しています。 モーガン演じるニーガンは「救世主」のリーダーとしてリックたちと死闘を繰り広げましたが、リックとの戦いに敗れ、アレクサンドリアの一室に監禁されています。今後ニーガンがリックたちとどのように関わっていくのかにも、注目したいですね。

【ネタバレ】シーズン9から登場する新キャスト

ナディア・ヒルカー/マグナ役

ドイツ出身の女優、ナディア・ヒルカーは映画『モンスター 変身する美女』(2014)や『ダイバージェントFINAL』(2016)、テレビシリーズ『THE 100』(2014)などへの出演で知られています。 ヒルカー演じるマグナはレズビアンであり、4人の仲間とともにリックのグループに加わります。

エレノア・マツウラ/ユミコ役

Early morning in Ojai

Eleanor Matsuuraさん(@eleanormatsuura)がシェアした投稿 -

ナディアのグループの一員で、ともにアレクサンドリアに移住するユミコを演じるのは、テレビシリーズ『SHERLOCK/シャーロック』(2017)や映画『ワンダーウーマン』(2017)などに出演しているエレノア・マツウラです。 日系アメリカ人でレズビアンのユミコは、原作ではアレクサンドリアに移住後、マグナと恋人になります。

ローレン・ライドロフ/コニー役

Mood. . . . . . ????: Annelise Phillips

Lauren Ridloffさん(@laurenridloff)がシェアした投稿 -

ローレン・ライドロフは、元ミス・デフ・アメリカとして知られています。 聴覚障害者であるライドロフは、2018年に映画『愛は静けさの中に』(1986)の原作舞台『Children of a Lesser God (原題)』で、ろう者のヒロインを演じ注目を集めました。 ライドロフが演じるコニーは原作では健常者ですので、ドラマではまた違った役回りを担ってくれるのではないでしょうか。

エンジェル・セオリー/ケリー役

⚜️Living my life like it’s GOLDEN⚜️ #NewLook #Angeltheory #NativeAmerican #PuertoRican #sunset

Angel Theory ????さん(@angel_theory)がシェアした投稿 -

原作では男性でコニーの恋人だったケリーは、ドラマでは女性になりました。コニーの姉で、通訳として彼女と他の人のコミュニケーションを助けています。 ケリーを演じるのはダンサーとしても知られているエンジェル・セオリー。これまでに多くのミュージシャンのMVに出演しています。

ダン・フォグラー/ルーク役

元音楽教師のルークも、アレクサンドリアにやってきたマグダのグループの一員です。原作では痩せた20代の男性ですが、ドラマでは恰幅のいい30代後半から40代くらいになっています。 ルークを演じるのは『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』(2016)などでしられるダン・フォグラー。コミックからは見た目だけでなく性格も変更されていそうなルークにも、注目したいですね。

サマンサ・モートン/アルファ役

サマンサ・モートンは、『ギター弾きの恋』(1999)でアカデミー助演女優賞に、『イン・アメリカ/三つの小さな願いごと』(2003)では、アカデミー主演女優賞にノミネートした名女優。『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』にも出演しています。 『ウォーキング・デッド』シーズン9では、ウィスパラーズのリーダー・アルファを演じます。

【ネタバレ】シーズン9であのキャラクターがまさかのカムバック!?

ジョン・バーンサル
©Dennis Van Tine/Future Image/WENN.com

シーズン1からシーズン2にかけて、強烈な印象を残りしたシェーン・ウォルシュ(ジョン・バーンサル)。ショッキングな最期を遂げた彼が、シーズン9で再登場することが発表されています。 しかし、シェーンはウォーカーとなった後にとどめを刺されて完全に死んだはず。ウォーキング・デッドの世界では、死んだウォーカーが復活することはありません。 ということは、シェーンはどのような場面で登場するのでしょうか。 これには2つの可能性が考えられます。1つは、リックの回想に登場する可能性。その場合、ゾンビアポカリプス以前の親友としての2人が描かれるのではないでしょうか。そうすると、普通の人だったリックも見ることができます。 もうひとつの可能性は、シーズン8でカールが想像したような理想の世界に登場するということです。また、リックが過去にも経験したように幻覚として登場するかもしれません。 どちらにしろ、物語の「現在」という時間軸で登場することはないでしょう。

リックとマギーの確執はいつから始まった?

マギーはこれまで、夫であるグレンとともにリックをサポートしてきました。 グレンがニーガンに殺され、その無残な死に方を目の当たりにしたマギーは、ニーガンへの復讐を誓います。そのため、最初はニーガンを殺すと意気込んでいたリックとともに計画を遂行し、ヒルトップのリーダーとして独自の作戦も展開していました。 しかし一転、リックはニーガンを殺すことをやめ、生きたまま監禁することに。 リックは息子であるカールの死、そして彼からの最後の手紙でニーガンを殺すのをやめました。この変化が、マギーが不満を爆発させる原因になったのではないでしょうか。 また、個人的な理由で周囲に説明することもなく、計画を変更したリックのリーダーとしての資質に、疑問を感じたのかもしれません。

監禁されているニーガンはどうなってしまうのか

リックたちは、人々を恐怖で支配していたニーガンのやり方が間違っていたと思い知らせるため、アレクサンドリアが復興していく様子を見せようと、彼を監禁します。 一方でマギー、ダリル、ジーザスの3人がリックたちの判断は間違っている、彼らに時期を見てわからせる、と話しているシーンでシーズン8は幕を閉じました。 彼らの話しぶりからは、ニーガンよりもリックたちに対する怒りの方が強く感じられます。 夫グレンの仇をとることが最大の目的だったはずのマギーは、ニーガンが生きていること以上に、その決断を下したリックに腹を立てているのでしょうか。 一見するとマギーはやはりニーガンの死を望んでいるようにも思えますが、それに賛同しているのがダリルとジーザスという点が不自然な気もします。 リックたちはニーガンを殺す気はないようですが、マギーたちはどうなのでしょう。

【ネタバレ】「救世主」との戦いの後、原作はどんな展開になっている?

ドラマとコミックでは、生存しているキャラクターやその関係性、物語の展開もかなり違っています。 ここでは、主要キャラクターごとにその後の様子を見てみましょう。物語の舞台は、「救世主」との戦いから2年後になります。

新たな凶悪集団“Whisperers (ウィスパラーズ)”の登場

シーズン9にも登場すると言われている「ウィスパラーズ」。彼らは、ウォーカーの皮を被り、死者たちの間を自由に動き回っている集団です。 ウォーカーとの共存を目指している彼らは、自分たちの縄張りに入ってきた者を容赦なく殺します。しかも、殺すだけではなく首を切断し、串刺しにして晒すという残酷さ。 原作コミックでは、この凶悪な集団に属するリディアという少女とカールの恋愛模様を中心に、リックたちのグループとウィスパラーズの攻防が描かれますが、ドラマではカールが死亡してしまっているため、どのような展開になるのか予想がつきません。

アレクサンドリアのグライムス家とニーガン

リックはアレクサンドリアを取り仕切り、農業や牧畜で文明社会を築き始めていました。第一線から退いた彼は、恋人のアンドレアと結婚。カールも彼女を母親として慕っています。 一方、監禁されているニーガンは相変わらず改心した様子はありません。しかし、ウィスパラーズとの戦いが始まると、時間をかけてリックの信頼を得てリーダーシップや戦いについてのアドバイスを始めます。 そして、最終的にはウィスパラーズとの戦いで前線に立つことを条件に自由を手にします。リックにとって、いつ裏切るとも知れないニーガンを自由にすることは、かなり大きな賭けでした。 しかし、ニーガンはその約束を守り、新たにサンクチュアリのリーダーとなったドワイトらとともにウィスパラーズに潜入。内部から奇襲を仕掛けます。 ニーガンはウィスパラーズのリーダーの首を手土産にアレクサンドリアに帰還し、一旦は勝利したかのように思えました。

ヒルトップのマギー

グレンとの子を無事に出産したマギーは、子供を「ハーシェル」と名付けます。 そして全面戦争のときからそうであったように、マギーはヒルトップのリーダーに。しかし、グレゴリーがヒルトップの実権を取り戻そうと、マギー毒殺を画策。それがジーザスによって告発され、彼を絞首刑にすることで決着がつきました。

ウィスパラーズとの戦争

その後、ニーガンの奇襲の報復にやってきたウィスパラーズの攻撃で、ヒルトップは火の海に。住める状態ではなくなってしまったため、住民はアレクサンドリアに移住します。 しかし、ウィスパラーズは最後の攻撃としてウォーカー1,000体をアレクサンドリアに放ちました。なんとか事態を収め危機は脱したもの、戦闘中にアンドレアがウォーカーに噛まれてしまいます。 転化した彼女に、リックは悲しみのなかとどめを刺しました。

マギー役ローレン・コーハンもシーズン9で降板の可能性が!?

@scottkfoley and @laurencohan star in #WhiskeyCavalier.

Whiskey Cavalierさん(@whiskeycavalierabc)がシェアした投稿 -

リック役アンドリュー・リンカーンの降板が発表される前から、マギーを演じるローレン・コーハンのシーズン9出演には黄信号が灯っているといわれてきました。 シーズン9への出演は確定しファンは胸をなでおろしたものの、コーハンの出演は「全9話中6話」ということも明らかに。 もちろん他のキャストもすべてのエピソードに出演するわけではありませんが、これは、降板が決定しているリンカーンと同じ話数。2人が同じタイミングで番組を去るのではないかとの噂もあります。 またコーハンは、ABCチャンネルの新シリーズ『Whiskey Cavalier (原題)』での主演が決定しており、2つのシリーズの両立は難しいとの見方も。 シーズン9の内容とともに、今後の動向に注目したいですね。

【大胆予想!?】リック退場で新たなリーダーになるのは誰?

【◎:本命】ミショーン

新たなリーダーがリックの志を継いでいくとすれば、ミショーンがもっとも有力な候補でしょう。 計画性や統率力は未知数ですが、戦闘能力が高いうえに、冷静で自分を見失わず、他人を気遣うこともできるミショーンは、良きリーダーになる可能性を秘めています。

【◯:対抗】マギー

シーズン9でリックと対立するとみられているマギーも、有力なリーダー候補です。 マギーはシーズン8で、リーダーとしての資質を見せつけました。もちろんシーズン9では、反リック派を率いることになるとみられます。 しかし、もしマギーがリーダーになれば、リックを支持する面々との対立は避けられないでしょう。

【◯:対抗】キャロル

シリーズを通して最も成長し、変化していったキャラクターであるキャロル。彼女もリーダーとしての資質を兼ね備えています。 モーガンをはじめとする仲間の変化にいち早く気づき、ケアをしようとする姿勢や、計画実行性、戦闘力の高さ、なにより自分の信念にしたがって行動しようという強い意志。それらがキャロルの強みと言えるでしょう。 しかし、統率力やカリスマ性といった点では、他の候補に一歩及ばないとも思われます。

【▲:連下筆頭】ダリル

リックの右腕として活躍してきたダリルに、新たなリーダーになってもらいたいと思う人は多いかもしれません。しかし、ダリルの性格からいってリーダーに向いているとは言えないでしょう。 戦闘能力が高く、他人への思いやりも持ち合わせたダリルですが、直情的で作戦を無視した単独行動も多く、統率力という点ではあまり期待できません。 ダリルはやはり、少し孤高の存在として輝くキャラクターではないでしょうか。

【△:連下】エゼキエル

「王国」の王として民をまとめていたエゼキエルも、リーダーシップという点では申し分のない人物です。 シーズン8で、一旦は自信を失いふさぎ込んでいたエゼキエルですが、「救世主」との最終決戦ではその力を存分に発揮。王国の民を率いて勝利に貢献しました。 ただし、エゼキエルはシリーズを通して見ると新しいキャラクターなので、他のキャラクターよりも支持率は低いかもしれません。

【大穴】ニーガン

「救世主」を統率し、サンクチュアリを支配していたニーガンは、疑いようもなく優れたリーダーシップの持ち主です。特にカリスマ性では他の追随を許しません。 リックたちの判断で生き延び監禁状態にあるニーガンは、シーズン9で争いの種になります。しかし、彼になにかしらの良い変化が起こるとしたら、仲間として認められる可能性もあるのではないでしょうか。

【ネタバレ】予告編やこれまでの情報から予想されること

リックたちはワシントンD.C.中心部に到着?

ティーザーのヴィジュアルで、リックたちの背景には廃墟となったホワイトハウスが写っています。 アレクサンドリアやヒルトップなど、これまでの舞台はワシントンD.C.周辺の森のなかでしたが、リックたちはワシントンD.C.中心部に行くのでしょうか。 もしそうであれば、その理由はなんなのでしょう。ウィスパラーズや謎の集団、シーズン8に登場したヘリコプターやジョージーのコミュニティと関係があるのでしょうか。

サディクとアルデンが重要な役割を担う?

カールに助けられ、ヒルトップの医師となったセディクと、捕虜だった救世主のうち、全面戦争のあとヒルトップにメンバーとして迎えられたアルデンが、シーズン9では大きな役割を担うのではないかと言われています。 その理由は、セディクを演じるアヴィ・ナッシュと、アルデンを演じるカラン・マッコーリフがレギュラーキャストに昇格したため。 『ウォーキング・デッド』では、レギュラーだからといって死なないわけではありませんが、出番が増えることは確実です。

看板に書かれた「TOLEDO」とは?

予告編では、それぞれのコミュニティの名前が書かれた看板が木に取り付けられています。 そこには「サンクチュアリ」の下に「TOLEDO (トレド)」いう文字が。しかし、これまでにそのような名前のコミュニティは登場していません。この看板に名前があるということは、新たに協力体制に加わったコミュニティと予想されます。 トレドはオハイオ州にある都市で、ワシントンD.C.からもほど近い場所。アレクサンドリアやヒルトップに比べるとかなりの都会です。そこに住むのはどんな人々なのでしょうか。また、シーズン8で登場したジョージーやヘリコプターとは関係があるのでしょうか。

キャロルとエゼキエルに何かが起こる!?

予告編で人々がキャンプファイヤーを囲んでいるシーンでは、非常に小さいですが、キャロルがエゼキエルに寄り添っているのが確認できます。 エゼキエルの初登場時からいい雰囲気だった2人ですが、シーズン9でその関係が発展するのでしょうか。

【予想】知りたくないけど知りたい!?シーズン9では誰が死ぬの?

テレビシリーズの『ウォーキング・デッド』は、原作コミックと違う展開になっていますので、誰がいつどうやって死亡するのか全く予想がつきません。 ただし、今シーズンはリックを演じるアンドリュー・リンカーン降板が発表されていますので、なんらかの原因でリックは死亡するのでしょう。それ以外の理由でいなくなることは、あまり現実的ではありません。 また、こちらも降板が噂されているローレン・コーハン演じるマギーが死亡する可能性も否定できないでしょう。 そして「救世主」との戦争で、ウォーカーの内臓を塗りつけた矢で怪我をしてしまったタラ。シーズン8最終話では生きていましたが、今後どうなるのかはわかりません。

Huluで『ウォーキング・デッド』シーズン9のリアルタイム配信が決定!

日本のFOXチャンネルで『ウォーキング・デッド』シーズン9の放送が開始される2018年10月8日22時、Huluで同時刻に日本最速リアルタイム配信されることが決定しました。 全米での放送は10月7日からですので、ほぼネタバレなしで見ることができるでしょう。 また、2018年8月現在、Huluでは同シリーズのシーズン1からシーズン7までの字幕版、吹替版の両方を配信中。これまでと同じ運用であれば、シーズン9放送開始までにシーズン8の全話配信もあるかもしれません。 シーズン9放送開始までに総復習してはいかがでしょうか。