©Touchstone Television ©ABC Studios

全ての忙殺されまくり女子に贈る癒し、それは『クリミナル・マインド/FBI vs. 異常犯罪』だった

2018年8月11日更新

日々忙しさに身を削られ、癒してくれる彼氏もおらず。この虚しさ、一体何で埋めたらいいの……と彷徨い果てたその先にあったもの、それが『クリミナル・マインド/FBI vs. 異常犯罪』でした。by社畜女子

忙しさに身を削る日々。そんな私を癒してくれるものなんてない?

パソコン 働く 女子

休みもない、彼氏もない、仕事はそこそこ楽しいけど 朝起きて、2kgレベルの荷物背負って、一時間ちょっとの通勤 私こんな日々いやだ……癒しを求めたいのだ…… そんな自分が行き着いたのが、実は『クリミナル・マインド/FBI vs. 異常犯罪』でした。

疲れたけど何か観たい……「映画<ドラマ」思考になりませんか?

みなさん、映画は好きですか?私は好きです。しかし、どうしても仕事が忙しくなってくると、家に帰ればもう10時過ぎ。そこから身支度を済ませてベッドに辿り着き、寝る前に何か観たいと思っても、2時間もの映画を観る気力には正直なれないものです。 一方でドラマは一話ごとの時間が、映画に比べて短いので観やすい! さらに、寝る前にサクッと観れること以外にも作品に癒し効果があると、なお嬉しい。そういうわけで、普段はラブコメ系のドラマを手に取りがちな自分ですが、ついイケメン俳優に釣られて『クリミナル・マインド/FBI vs. 異常犯罪』を観始めてみました。すると、どうでしょう!このドラマに、私が求める全てがあったのです。

×ただの犯罪系ドラマ ◯実は犯罪級の癒しドラマ「クリマイ」の魅力

クリミナルマインド
©Touchstone Television ©ABC Studios

『クリミナル・マインド/FBI vs. 異常犯罪』は猟奇的な事件の背後にいる異常犯罪者を、FBI行動分析課(通称BAU)がプロファイリングをもって追い詰めるドラマ。一見、「サイコキラーが出てきて、怖い」というイメージを抱きがちな本シリーズですが、実は“犯罪級”の癒しがそこにあったのです。 毎日40分間、寝る前に得られる癒しの正体とは?

①ドクター・スペンサー・リードがとにかく可愛い!

クリミナルマインド  リード
© ABC Studios

まずは何を隠そうシーズン1からずっとBAUのメンバーとして活躍する、IQ187の天才ドクター・スペンサー・リードの存在自体が癒やしそのものなんです。メンバーの中で最年少な彼は、年下男子特有の可愛さを持ち合わせている一方で、“歩く辞典”と呼ばれるほどの知識の持ち主として頼り甲斐のある一面も持っており、そのギャップに萌えてしまいます。 左右で違う靴下を履くというこだわりや、たまに発する奇声が可愛らしくて発狂必至。そんなリードを演じる俳優マシュー・グレイ・ギュブラーも最高にかっこいいので、非常にありがたい癒し要素なのです。

②メンバーそれぞれが癒しの対象?やりとりにほっこり、涙する

先述のリードだけがBAUの癒し系メンバーではありません。むしろ、それぞれのメンバーが素敵で癒やしになるからこそ、彼らの絡みにほっこりし、チームワークに涙してしまう場面も多々あるのです。

クリミナル
©Touchstone Television ©ABC Studios

基本的に現場に出ることはなく、オフィスからチームをサポートするガルシア。パソコンに向かって圧倒的なスピードで情報を収集するなど仕事ができる彼女は、自分の好きなファッションスタイルを貫く姿勢にも好感が持てます。 そんな彼女と仲が良いモーガンの言葉の掛け合いが、程よい距離感の中で互いをくすぐるようで、ほっこりします。こんな同僚が職場にいれば、日々の仕事の疲れやストレスも軽減されるはず……。

クリミナルマインド
©ABC Studios

さらに、おじさん組も良い味出しています。BAU創設メンバーであるデヴィッド・ロッシは、伝説のプロファイラーであるのにゲーマーな一面も!チームリーダーであるホッチナー(通称ホッチ)も、普段はクールな上司キャラですが、たまに冗談を言ったり、笑ったりするギャップに癒しを通り越したトキメキすら感じます。

クリミナルマインド
©Touchstone Television ©ABC Studios

私のことも逮捕して、ホッチ!

③ちゃんと犯人が捕まるから安眠できる

クリミナルマインド
©Touchstone Television ©ABC Studios

さらに本ドラマが寝る前に観やすい理由として、実は癒し系であること以外でも、一話完結型であることが挙げられます。 多くのドラマはダラダラと展開がエピソードをまたぎがちですよね。しかし、疲れ気味な身としては次回に重要な真実が明らかになったり、急展開を迎えたりするのではなく、それらは全て自分がその夜観る一話の中で起きてほしいのです。次も絶対観なくてはいけない、という“義務”になると嫌になってしまいます。 しかし、『クリミナル・マインド/FBI vs. 異常犯罪』はそこが違う。最高のチームが犯人を追い詰めるハラハラ感などの適度なスリルを味わいつつも、一話ごとにしっかり事件が解決してくれるので、安心して眠りにつくことができるのです!むしろ、異常犯罪者による冒頭の事件で縮み上がった気持ちが、BAUメンバーの頑張りのおかげでリラックスできる快感さえ感じます。

平日の夜、1日を締めくくるために「寝るまえ、クリマイ。」

クリミナル・マインド シーズン1
© 2004 Touchstone Television. All rights reserved.

さて、そんな『クリミナル・マインド/FBI vs. 異常犯罪』ですが、現在ディーライフでシーズン9が放送中です。 え、シリーズ9からだとハードル高いって?そんなあなたに朗報です! 8月20日からシーズン1の放送がスタートします!これを機に、平日の夜を「寝る前、クリマイ」で癒していきませんか? 「クリミナル・マインド/FBI vs. 異常犯罪」 無料BSテレビ局ディーライフにて8月20日(月)スタート(毎週月曜~水曜 22:00~22:54)

提供:ディー・ライフ