2018年9月3日更新

叫べない異色のホラー『クワイエット・プレイス』続編の公開日が早くも決定!

©2018 Paramount Pictures. All rights reserved.

大ヒット中のホラー映画『クワイエット・プレイス』の続編全米公開が2020年5月だと発表されました。監督は引き続きジョン・クラシンスキーであり、制作のパラマウント側の期待の大きさが伺えます。

続編もクラシンスキー監督が続投

Stay alert. #AQuietPlace

A Quiet Placeさん(@aquietplacemovie)がシェアした投稿 -

先日も企画が進んでいると報じられていた、叫ばない異色のホラー映画『クワイエット・プレイス』続編の全米公開が2020年5月15日になると、パラマウント・ピクチャーズによって発表されました! 同年5月は、タイトル未発表のマーベル・スタジオによる新作映画、映画版『スクービー・ドゥー』、ウィル・パッカーの新作コメディ映画、そして『ゴジラVSコング (原題)』の公開など、競合作品が多数控えています。 そんな中での続編発表という点を考えると、パラマウント側の『クワイエット・プレイス』続編に対する期待は相当高そうです。 『クワイエット・プレイス』は、聴覚のみが異常に鋭い怪物に支配された地球上で、音を一切立てないことで生存を図る一家族のサバイバル体験を、張り詰めるような緊張感で描いています。 ホラー映画にあまり明るくないジョン・クラシンスキー監督は同じく「息ができない」作品『ドント・ブリーズ』を参考にしたとも言われていますが、恐怖を煽る演出手腕は劣っているどころか、凌駕しているのかもしれません。 今作はジョン・クラシンンスキー監督がスクリーンの外でも実の夫婦であるエミリーブラント(『プラダを着た悪魔』『オール・ユー・ニード・イズ・キル』)と共に自ら主演。さらにトッド・ヘインズ監督の『ワンダーストラック』で聴覚障害を持つ少女に抜擢された、本人も聾者であるミリセント・シモンズが二人の長女役を演じています。 続編では、彼ら家族や世界はどうなっているのでしょうか?早くも注目の一本となりそうです。 『クワイエット・プレイス』は、日本での公開は2018年9月28日から!観に行く方は、音を立てずにポップコーンを食べる練習をしておきましょう……。