2018年9月6日更新

早稲田松竹でデヴィッド・リンチ特集!あの大ヒット映画の3本立て上映も

(C)1980Brooksfilms Ltd.AllRightReserved.

幅広い映画ファンに愛されるデヴィッド・リンチ監督の特集上映が早稲田松竹で開催されます。また、同劇場では『リメンバー・ミー』『アナと雪の女王/家族の思い出』『グレイテスト・ショーマン』の3本立ても行われますよ。要チェック!

早稲田松竹がデヴィッド・リンチ監督の特集上映開催

デヴィッド・リンチ
Brian To/WENN.com

カンヌ国際映画祭のパルム・ドール、ヴェネツィア国際映画祭の栄誉金獅子賞など、数々の素晴らしい映画賞に輝いているデヴィッド・リンチ監督。2018年9月22日から東京・高田馬場の名画座、早稲田松竹で「早稲田松竹クラシックスvol.137 デヴィッド・リンチ監督特集」と題して、彼の特集上映が開催されます。 この記事では、同イベントの詳細や、早稲田松竹のこれからの上映予定作品などを紹介していきます。

デヴィッド・リンチ特集、上映作品はこの6本!

イレイザーヘッド 4Kデジタル復元版

イレイザーヘッド 4Kデジタル復元版
(C)1977 David Lynch-All RightReserved.

デヴィッド・リンチ監督の長編デビュー作。リンチは本作で、監督のほかに脚本・編集・美術・特殊効果も兼任しました。奇妙な赤ん坊を巡る難解なストーリーが特徴的な本作は、今なお多くの映画ファンから愛されるカルト映画として知られています。ちなみに、劇中に登場する不気味かつリアルな赤ん坊の正体については様々な憶測が飛び交いましたが、リンチは沈黙を貫いているそうです。

エレファント・マン デジタル復元版

エレファント・マン デジタル復元版
(C)1980Brooksfilms Ltd.AllRightReserved.

前作『イレイザーヘッド』同様、異形の存在が描かれているのがこちらの『エレファント・マン』。ただ、こちらは醜い容姿に生まれた青年を描いたヒューマンドラマ風の物語として構成されており、アカデミー賞8部門にノミネートしています。とは言え、本作を見て感動作と感じるか、前作同様の悪趣味な作品と感じるかは、観客によって大きく賛否が分かれることでしょう。

マルホランド・ドライブ デジタル復元版

マルホランド・ドライブ デジタル復元版
(C)2001STUDIOCANAL.AllRightsReserved.

リンチの監督作品の中でも特に難解であると同時に、非常に評価が高いのが『マルホランド・ドライブ』。リンチは同作で、第54回カンヌ国際映画祭で監督賞に輝いています。先述の通り、難解なストーリーというのはリンチも自覚していたのでしょう。映画公開時、オフィシャルサイトにはリンチによる本作を理解するための10個のヒントが掲載されていたほどです。

ロスト・ハイウェイ デジタル復元版

ロスト・ハイウェイ デジタル復元版
(C) 1997LosthighwayProductions

「ディック・ロランドは死んだ」という謎のメッセージを受け取った人気サックス奏者を描いたサスペンス映画。次々と届く謎のテープや、突如現れる謎の白塗りの男など、あらすじをざっと読んだだけでも背筋がゾクゾクするような展開が続く本作の結末は、ぜひ映画館で見届けてください。

インランド・エンパイア

インランド・エンパイア
(C)2007 Bobkind Inc‐STUDIOCANAL. All Rights Reserved.

リンチが好きな時に俳優を呼び、自らその断片を繋げていくという実験的な手法で作られたのがこちらの『インランド・エンパイア』。制作費のほとんどをリンチと前妻でプロデューサーのメアリー・スウィーニーが出資しており、半ば彼の自主制作映画のようになっている1作です。 そんな本作は、何かといわくつきの映画に出演することになった女優の身に降りかかる不可解な出来事を描いた作品で、次第に映画と現実の境界が曖昧になっていくのが特徴的です。

ツイン・ピークス ローラ・パーマー最期の7日間 4Kデジタル復元版

ツイン・ピークス ローラ・パーマー最期の7日間 4Kデジタル復元版
(C)1992TwinPeaksproductions.AllRightsReserved.

リンチが手掛けた作品で、今なお多くのファンに愛されるドラマ『ツイン・ピークス』。ドラマの第一シリーズは1990年、そして2017年には『ツインピークス The Return』として第3シーズンが放送されるなど、非常にカルト的な人気を誇る同シリーズの映画版も今回の特集上映では上映されます。 なお、『インランド・エンパイア』は9月22日のみ、そして本作は9月23日のみの特別レイトショーとなりますので、それぞれの作品のファンはお見逃しのないよう、スケジュールの調整を!

リンチの後は、あの話題作が早くも3本立てて上映!

グレイテスト・ショーマン
©2017 Twentieth Century Fox Film Corporation

さて、濃厚かつ難解なデヴィッド・リンチ特集の後に早稲田松竹で上映されるのは、打って変わって家族で楽しめるあの大ヒット映画たちです!こういう振り幅の大きさも、名画座の楽しいところですね!

リメンバー・ミー

リンチ特集の後、9月29日から10月5日から上映される作品の1つ目はこちら、『リメンバー・ミー』!死者の国へ迷い込んだミュージシャン志望の少年の冒険を描いた本作は、ともかく泣けると評判です。

アナと雪の女王/家族の思い出

『リメンバー・ミー』の同時上映作品の1つ目は、劇場での封切り当時もセットで上映されていた『アナと雪の女王 家族の思い出』。本作では、アナやエルサ、オラフといった人気キャラクターたちとクリスマスを巡るエピソードを描かれています。

グレイテスト・ショーマン

そして、『グレイテスト・ショーマン』が上の2作品と同時上映。『リメンバー・ミー』も音楽が重要な作品ですが、こちらも同じく音楽が重要なミュージカル映画!セットで見ることで、気分も一層高揚するのではないでしょうか?

早稲田松竹のアクセスはこちらから!

『リメンバー・ミー』
©2017 Disney/Pixar. All Rights Reserved.

〒169-0075 新宿区高田馬場1-5-16 映画館の住所はこちら。より詳細は地図や鑑賞料金、上映スケジュールを確認したい人は、下記の劇場オフィシャルサイトをチェック! ちなみに、早稲田松竹はもちろん名画座やミニシアターには特集上映の際に、作品にまつわる独自の展示を行なっているところが多く、それらがとても素敵なので、劇場に向かった際には作品と合わせてそれらも楽しんでみて下さいね。

あわせて読みたい