2018年9月15日更新

【ネタバレ】映画『響-HIBIKI-』の見どころは?平手友梨奈が破天荒な天才小説家に!

欅坂46・平手友梨奈の女優初出演・初主演作品としても話題となった映画『響-HIBIKI-』が、2018年9月14日に公開。見どころ満載な映画『響-HIBIKI-』のあらすじや見どころをネタバレしながら紹介します!

マンガ大賞受賞作が原作の映画「響」がついに公開!

マンガ大賞2017で大賞を獲得した、柳本光晴による漫画コミック『響~小説家になる方法~』が映画となって2018年9月14日に全国公開されました。 破天荒な天才女子高生を主人公とした作品で、主演には欅坂46の平手友梨奈が抜擢。また、監督を月川翔が務め、他キャストには高嶋政伸や小栗旬、野間口徹といった実力派俳優陣がキャスティングされるなど、2018年秋公開の注目映画のひとつになっています。 そんな話題の映画『響-HIBIKI-』の見どころをみていきましょう!

映画『響-HIBIKI-』のあらすじ

文芸界に現れた15歳の女子高生・鮎喰響(あくいひびき)。小説を読むことも書くことも好きな響は、小説作品を書き上げ、出版社に送ります。 出版社では、一度捨てられそうになった封書に入れられた原稿を文芸部編集者・花井ふみが手に取り、その天才的な作品に衝撃を受けます。そして、小説として世に送るため奔走していきます。 次第に若い作家の存在が知られるようになり、大物小説家をはじめ、世間から大きな注目を集めるようになっていきました。

作品を彩る豪華なキャスト陣は誰?原作情報も!

女優として注目!主演は欅坂46の平手友梨奈

響
(C)2018映画「響 -HIBIKI-」製作委員会 (C)柳本光晴/小学館

平手友梨奈は、2001年6月25日生まれ、愛知県出身のアイドルです。2015年に欅坂46の1期生オーディションに応募し合格。愛知県から上京し、芸能活動をスタートさせました。 欅坂46では1stシングル『サイレントマジョリティー』から、グループでのセンターに選出。また、パフォーマンスや表現力といった能力の高さから、グループ内でも圧倒的な存在感をみせていきます。 映画では、年齢を感じさせない冷静沈着さと身体能力の高さが、破天荒な天才文学作家・鮎喰響という役を引き立てていました。

色々な場面で他者を圧巻する天才文学作家の誕生

映画は、鮎喰響(平手友梨奈)が出版社に送った新人賞への応募原稿を編集者・花井ふみ(北川景子)が偶然手に取ることから物語が展開していきます。 原稿を読んだふみは、その内容から衝撃を受け、絶対に小説にして世に送り出したいと決意。しかし、原稿が入っていた封筒には名前しか書かれておらず、連絡が取れることをただただ祈ります。 一方、幼馴染の椿涼太郎(板垣瑞生)と高校の文芸部に入部した響は、有名小説家の娘で文芸部部長・祖父江凛夏(アヤカ・ウィルソン)と出会います。

暴力も厭わない?!ミステリアスな天才作家に周囲が困惑

凛夏と仲良くなり、家にまで遊びに行くようになった響。ある日、凛夏の父・祖父江秋人(吉田栄作)の原稿を取りに来たふみは、響に会い、編集者として猛烈にアタックし、新人賞への応募の了解を得ます。 新人賞候補として最終選考まで残った響。その天才的な構想・文章力から、選考委員の作家らも原稿を読み、息をのみました。 しかし、ふみは、響が納得いかないことを言われたり、友達の悪口を言う人間に対して簡単に暴力を振るうことを知り困惑。その後、響は新人賞に選ばれるも、同時入賞した新人作家・田中康平(柳楽優弥)が叩いた軽口に納得いかず、表彰式でパイプ椅子を手に暴行をはたらき問題となります。

【ネタバレ】「響」の結末は?天才小説家の運命が決まる瞬間

新人賞受賞よりも暴行が問題となった響ですが、作品が賞賛されたことから、次は直木賞・芥川賞とWノミネートを果たします。 人格的な問題から担当になることを悩む出版社や、過去に何度も芥川賞を狙ってきた小説家など、様々な人が思いを寄せる日本小説界の称号。そこでも、賞に無頓着な響がW受賞を果たし、やがて時の人となります。 エンディングでは、暴行問題から本の出版がためらわれていたものの、100万部の刷行が決定。そして、新たに書きたい話しができたと、響はふみに電話で伝えました。

「暴力」というマイナスな面が輝かせた「天才」の姿

すぐに手を出してしまうものの、人を納得させる何かを持っている響。自らの力で色々な人と様々な折り合いをつけていくエピソードの数々も映画の見所のひとつです。 殴る蹴るの描写の頻度には賛否あるかもしれません。しかし、否定的なこの一面が「天才・鮎喰響」を際立たせていたのではないでしょうか。