2018年9月17日更新

どうなる007?最新作『ボンド25』の新監督選びがヒートアップ!

© MGM/Columbia Pictures Photographer: Francois Duhamel

ダニー・ボイル監督の降板以降、ダニエル・クレイグ主演の007最新作『ボンド25 (原題)』の新たな監督の選出がかなりヒートアップしているようです。

どうなる007?ダニエル・クレイグ版最新作『ボンド25』の新監督候補が続々と判明

ダニエル・クレイグ
Daniel Deme/WENN.com

ダニエル・クレイグ主演の007最新作『ボンド25 (原題)』からダニー・ボイル監督が降板して以来、監督は誰になるのか?という興味が尽きませんが、新たな監督の選出はかなりヒートアップしているようです。 先日はエドガー・ライトやジャン=マルク・ヴァレが候補として報じられましたが、米メディアVarietyによると、新たに『アメリカン・アニマルズ (原題)』で注目されたバート・レイトンと、先日「スター・トレック」シリーズ初の女性監督にも抜擢されたS・J・クラークソンの名が挙がっているといいます。 しかしこの2名が候補となることに先駆け、マシュー・マコノヒー主演の映画『ホワイト・ボーイ・リック』で注目を集めたフランス人映画監督ヤン・ドマンジュとも面会をしており、現状は彼が最有力でもあるとのこと。 2019年11月8日が『ボンド25 (原題)』の全米公開日として設定されていましたが、歴史と人気の両方を兼ねたシリーズ最新作の監督選びには、慎重にならざるを得ないことも事実。延期はほぼ確定の今、果たしていつ頃になるのか……そうした点も含め、今後の続報が気になるところですね。

脚本には「スカイフォール」のコンビが復活!

スカイフォール ジェームズ・ボンド ダニエル・クレイグ
© MGM/Columbia Pictures Photographer: Francois Duhamel

監督の選出に慌ただしい空気が漂っている中、脚本にはニール・パーヴィスとロバート・ウェイドのコンビが復活することも発表されました! 2人は「カジノ・ロワイヤル」からシリーズ最高傑作とまで言われた「スカイフォール」まで、ダニエル・クレイグ版のジェームズ・ボンドを醸成してきた立役者でもあります。 最新作『ボンド25 (原題)』は今後、監督の選出にどれだけの時間がかかるのか、それによって公開日の大幅な延期が予想されますが、新たなジェームズ・ボンドの物語の誕生に期待しつつ、気長に待つことにしましょう。