Daniel Deme/WENN.com

ダニエル・クレイグと「最後のジェダイ」監督がタッグ!殺人ミステリーを描く

2018年9月17日更新

「007」シリーズのジェームズ・ボンド役で有名なダニエル・クレイグが『スター・ウォーズ 最後のジェダイ』のライアン・ジョンソン監督とタッグを組み、殺人ミステリーを描くようです。

ダニエル・クレイグ主演、ライアン・ジョンソン監督がミステリー映画でタッグ!

殺人ミステリー映画『Knives Out (原題)』が制作決定

ダニエル・クレイグ
Daniel Deme/WENN.com

「007」シリーズのジェームズ・ボンド役で知られる俳優、ダニエル・クレイグの主演最新作が明らかになりました。米メディアVarietyによると、『スター・ウォーズ 最後のジェダイ』の監督を務め、同作を成功に導いたライアン・ジョンソン監督とタッグを組み、殺人ミステリーを描くようです。 『Knives Out (原題)』と題された2人の最新作は、『ベイビー・ドライバー』や「テッド」シリーズなどの話題作を輩出した映画製作会社MRCが製作。脚本やそのほかのスタッフはまだ不明ですが、「殺人ミステリー」という題材をどのように料理するのか、現時点でも十分期待したくなる布陣がしかれています。

2人の"ヒットメーカー"の新たな代表作となるか?

ダニエル・クレイグは確かな実力でジェームズ・ボンドを演じ、「007」シリーズを成功に導いてきました。とはいえ、同シリーズ以外に大ヒット作は少ない、というのも事実。デヴィッド・フィンチャー監督による『ドラゴン・タトゥーの女』は大きな話題を呼びましたが、約100億円もの製作費に対して世界興行収入は約250億円と、「あまり利益の残る作品ではなかった」とも言われています。 一方でライアン・ジョンソン監督は、大ヒットドラマ『ブレイキング・バッド』の数話を監督したのち、ジョセフ・ゴードン=レヴィットとブルース・ウィリス共演のSF映画『ルーパー』を監督。高い評価を集めた作品に携わり、「最後のジェダイ」にて大ヒットを納めたのでした。 『Knives Out (原題)』におけるダニエル・クレイグとライアン・ジョンソンのコンビは、どのような相乗効果を生むのか?また同作は2人にとっての新たな代表作となるのか?上記のような点を鑑みると、興味深いポイントがたくさんありますね。 続報に期待です!