2018年9月18日更新

【毎週火曜配信】今週のアメコミNEWS!【キルモンガーのミニシリーズが始動!他】

©Walt Disney Studios Motion Pictures

ciatrでも大人気のアメコミ原作作品。作品はもちろん、毎週刺激的なニュースを届けてくれるのも印象的ですよね!そこで、この記事ではアメコミ&俳優の関連ニュースをまとめて紹介していきますよ!

『ジョーカー (原題)』のトーマス・ウェイン役はブレット・カレンに決定

ブレット・カレン
© PNP/ WENN.com

トッド・フィリップスが監督し、ホアキン・フェニックスが主演する映画『ジョーカー (原題)』。バットマンの宿敵ジョーカーの誕生を描く同作で、バットマン(ブルース・ウェイン)の父親、トーマス・ウェインを演じる予定だったアレック・ボールドウィンが降板した一件がありましたが、その後トーマス・ウェイン役に俳優ブレット・カレンが起用されました。 ブレット・カレンはテレビドラマシリーズへの出演が活動の中心ですが、『ゴーストライダー』(2007)や『ダークナイト ライジング』(2012)などの映画にも出演しています。 無事に配役も済んだようで何より、といったところですね。

ホアキン・フェニックス演じるジョーカーのファーストビジュアルが公開!

View this post on Instagram

Arthur.

Todd Phillipsさん(@toddphillips1)がシェアした投稿 -

さて、無事にトーマス・ウェインの配役も決まったところで、『ジョーカー (原題)』の監督を務めるトッド・フィリップスが、ホアキン・フェニックス演じるジョーカーのファーストビジュアルを公開したことも話題となりました。 ジョーカーの誕生を描く映画とあって、「肌は白く、目の周りは黒く、口は耳まで裂けたように赤く……」という特徴的なメイクアップを施したビジュアルにはなっていませんが、世の中に絶望したような、陰鬱で怪しい目をした彼の姿が見て取れます。 個性派(すぎる?)俳優のホアキン・フェニックスによる新たなジョーカーは、どのような狂気を見せてくれるのでしょうか?『ジョーカー (原題)』の全米公開は2019年10月4日。一刻も早い日本での公開日決定が待たれますね……続報に期待!

スーパーマン役交代?ヘンリー・カヴィルが卒業するとのウワサが……

View this post on Instagram

Today was exciting #Superman

Henry Cavillさん(@henrycavill)がシェアした投稿 -

先週に引き続き、今週もDCコミックス関連の話題が続々!The Hollywood Reporterによる独占報道で、『マン・オブ・スティール』からはじまったDCEUで長らくスーパーマン役を演じてきたヘンリー・カヴィルが同役を卒業するとの情報が発表されました。 事の発端は、2019年4月5日に全米公開予定のDC映画『シャザム!』にスーパーマン役としてカメオ出演する予定が、ヘンリー・カヴィルのスケジュールの都合で破談になったことだとされています。そして2018年9月現在、スーパーマンの単独映画がこの先に予定されていないという事実などが追い討ちをかけ、卒業の可能性が報じられることに至ったようです。 ヘンリー・カヴィルのマネージャーはこの報道を否定し、DC映画の製作を担うワーナーブラザーズ側も良好な関係であることを表明。そんな中でヘンリー・カヴィルは、無言でスーパーマンのフィギュアを掲げるだけの動画をSNSに投稿しており、様々な憶測を呼んでいます。

"最高の悪役"と名高い、キルモンガーのミニシリーズが制作されることに

『ブラック・パンサー』 キルモンガー
©Walt Disney Studios Motion Pictures

2018年の中でも記録的な大ヒットを飛ばした映画『ブラックパンサー』において、マイケル・B・ジョーダンが演じた悪役のエリック・キルモンガー。悲哀に満ちた生い立ちや、極端とは言えど共感を呼ぶ面もある思想、そして圧倒的な強さによって人気を博した彼の、単独ミニシリーズコミックスが制作されることに! このシリーズは『キルモンガー』というタイトルで5部構成の物語を展開し、彼がいかにして"キルモンガー"というスーパーヴィランになっていったのかを描くようです。 エリック・キルモンガーというキャラクターは、ドン・マクレガーとリック・バックラーのコミックアーティストのコンビによって生み出され、1970年代に原作コミックスに登場していましたが、長きにわたってオリジナルシリーズは制作されていませんでした。それが今回のプロジェクトによって、ついに誕生することになったのです。 こうなると、もちろんすぐにとはいかないでしょうが、将来的にこのコミックスが「キルモンガーの単独映画」に昇華する可能性もゼロではありません。「彼の姿をもう一度スクリーンで観たい!」というファンも少なくないはず。新たに紡がれる物語に期待です。

スパイダーマンとキャプテン・アメリカがMCUの外で共演!

トム・ホランド
©️WENN.com

"親愛なる隣人"のスパイダーマンを演じるトム・ホランドと、長きに渡ってキャプテン・アメリカを演じてきたクリス・エヴァンスがMCU以外の映画作品で共演することがわかりました。 2人が共演するのは『The Devil All the Time (原題)』という映画で、それぞれ独立した「3つの物語の20年間」を描く壮大な作品になるといいます。 トム・ホランドは余命わずかの妻を救いたいがために生贄を捧げる儀式に手を染めた親子の、暴力的な息子の役を演じ、クリス・エヴァンスは不正まみれの悪徳保安官の役を演じるとのことで、これまでのヒーロー像とは真逆すぎる、鮮烈な役柄になるようです。 同作は2019年の2月より撮影スタートを予定。MCU作品以外での彼らの活躍にも期待したいですね!