『ジョーカー』メイクアップ姿解禁!ホアキン・フェニックスの最狂ピエロが誕生

2018年9月22日更新

ホアキン・フェニックスが主演を務め、トッド・フィリップスが監督する映画『ジョーカー (原題)』。ついに、バットマンの宿敵である"最狂"のピエロとしての姿が公開されました!

ホアキン・フェニックス版『ジョーカー (原題)』メイクアップ姿解禁!

View this post on Instagram

Camera test (w/ sound). Joker.

Todd Phillipsさん(@toddphillips1)がシェアした投稿 -

ホアキン・フェニックスが主演を務め、トッド・フィリップスが監督する映画『ジョーカー (原題)』。先日、主人公のファーストビジュアルが監督本人によって公開されましたが、ついに今度は、バットマンの宿敵である"最狂"のピエロとしての姿が公開されました! 鬱屈とした表情の主人公、アーサーにカメラが迫っていき、徐々にあの特徴的な姿がフェードイン。赤い眉、目の周りはひし形のブルーメイク、口の周りは耳まで裂くように大きく真っ赤に……。これまでのジョーカー像とはまたひとつ違うメイクアップですが、狂ったピエロ感はうまく演出されているのではないでしょうか? 背筋が寒くなるような不敵な笑みを最後に見せた彼の姿は、端正な顔立ちのジャレッド・レト版ジョーカーとは少し違い、どちらかといえばジャック・ニコルソン、ヒース・レジャーたちが演じてきたジョーカーに近いビジュアルです。 今回公開された映像はカメラテスト時のものですが、「なに見てんだよ」と言わんばかりに片眉だけを動かす仕草を見せているあたり、ホアキン・フェニックスのたしかな演技力と表現力を感じます。 この調子で、新たなジョーカーの様々な姿を見せて欲しいですね。