ハーレイ・クインのスピンオフ映画『バーズ・オブ・プレイ』全米での公開日決定!

2018年9月25日更新

マーゴット・ロビー演じるハーレイ・クインを中心とした、ガールズギャングの活躍を描く映画『バーズ・オブ・プレイ (原題)』の全米公開日が2020年の2月7日に決定しました!

ハーレイ・クイン率いるガールズギャング映画『バーズ・オブ・プレイ (原題)』全米での公開日決定!

マーゴット・ロビー演じる大人気キャラクターのハーレイ・クインを中心としたガールズギャングの活躍を描く映画『バーズ・オブ・プレイ (原題)』の全米公開日が2020年の2月7日に決定!米メディアColliderなどが報じています。 キャシー・ヤンが監督、クリスティーナ・ハドソンが脚本を務める同作は、2019年の初めごろの撮影スタートを計画しているようです。また同時に、ブラックキャナリーやハントレスなど、ハーレイ・クインが率いるチームの心強い仲間たちのキャスティングも力を入れて進行中。多くの若手女優たちの名前が候補として挙げられています。

ギャング仲間の役は一体誰の手に渡るのか?

口から強力な超音波を発することができるブラックキャナリー役には、テレビドラマ『アンダーグラウンド (原題)』で注目されたジャーニー・スモレット=ベル、『女神の見えざる手』『クローバーフィールド・パラドックス』などで知られるググ=バサ・ロー、『ムーンライト』で一躍知名度を上げたジャネール・モネイなどが候補に。 格闘術とクロスボウを武器に戦うハントレス役としては、『ダイ・ハード4.0』やドラマ版『ファーゴ』で知られるメアリー・エリザベス・ウィンステッド、Netflix製作の『デスノート』や『ナイスガイズ!』に出演したマーガレット・クアリー、舞台女優として知名度を上げた後に『ウルフ・オブ・ウォール・ストリート』にも出演したクリスティン・ミリオティが候補となっているようです。 候補のメンバーを見るに、実力も申し分なく、なおかつこれからの活躍が期待される実力派女優たちの演技が存分に楽しめる作品となりそうですね。 また、上記のブラックキャナリーやハントレス以外にもメンバーがいるのかも気になるところ。原作ではバットガールやキャットウーマンなどがいましたが……オリジナリティあるチーム編成を予定しているのかもしれません。日本での全国公開日や悪役ブラックマスクの配役含め、続報にまだまだ注目です。