© AMC

『ウォーキング・デッド』を離脱するリックが監督としてカムバック!

2018年9月26日更新

『ウォーキング・デッド』の主人公リック役を長らく務めてきた俳優のアンドリュー・リンカーンが、同シリーズのシーズン10に監督としてカムバックをするとの情報が入りました。

『ウォーキング・デッド』離脱のリックが監督としてカムバックすることに!

世界的人気を誇るドラマ『ウォーキング・デッド』の主人公リック役を長らく務めてきた俳優のアンドリュー・リンカーン。シーズン9を以って同シリーズから離脱することが発表された彼ですが、なんと監督としてカムバックをするとの情報が入りました。 この一報を出したEntertainment Weeklyによれば、アンドリュー・リンカーンはインタビューのなかで「ぼくにはまだ幼いこども二人がいて、違う国で暮らしている。答えはシンプルで、そろそろ帰る時がきたということなんだ」と答えた上で、シーズン10に監督としてカムバックする可能性を語ったようです。彼は以下のようなコメントを残しています。 「ぼくは戻ってくるよ。監督をやるためにね。ぼくの意図としては、来年に『ウォーキング・デッド』シーズン10のエピソードを監督するつもりなんだ」

出演俳優が監督を務めるケースは3人目!

ウォーキング・デッド
© AMC

もしもこの計画がそのまま無事に進めば、「ウォーキング・デッド」シリーズから3人目の監督が誕生することになります。 1人は同シリーズのスピンオフドラマである『フィアー・ザ・ウォーキング・デッド』にストランド役として出演していた俳優のコルマン・ドミンゴ。彼は『フィアー・ザ・ウォーキング・デッド』のシーズン4の第12話を監督しました。 もう1人は本編『ウォーキング・デッド』に登場したエイブラハム役のマイケル・カドリッツで、彼はシーズン9の第7話の監督を務めました。 「家族の元に帰る」という選択をしたアンドリュー・リンカーンですが、なぜこんなにも早く裏方として復帰することを決めたのか、ということが気になりますが、その理由もまたインタビューの中で語られていました。 「そんなにすぐに遠く離れるなんてことに耐えられないからだよ。それくらい、ぼくはこの物語に入れ込んでいたんだ」と笑って語っています。 『ウォーキング・デッド』の物語は、これからも彼のキャリアの大きな起点となりそうです。