2018年10月12日更新

朝ドラ『まんぷく』第11話のあらすじネタバレ【咲の最後】

朝ドラ『まんぷく』の第2週第11話のあらすじ・ネタバレをご紹介!今回は、容体が急変してしまった咲を中心にストーリーは展開して行きます。福子と萬平は無事に会う事ができるのでしょうか。

朝ドラ『まんぷく』第2週第11話のあらすじネタバレをご紹介

その前に第10話のあらすじを簡単におさらい

萬平から紹介してもらった病院に無事入院するも、容体が悪化してしまった咲。病院に克子、福子、真一が集められるシーンからスタートします。 また、理創工作社は戦争の影が忍び寄り、みんなを幸せにする発明がしたい萬平の思いとは裏腹に、加地谷は兵器を作るように進めていました。

第11話:結核に倒れた咲が亡くなる

咲の容体が悪化し、病院に真一、克子、福子が集められました。そこで医師から「咲がもう長くは生きられない」と告げられます。この事実をすでに咲は知っていたのですが、咲が家族に話さないよう真一に口止めをしていたのでした。 この事実を知りつつも、「絶対に元気になる」と励ます福子と克子。自宅にいて咲の命がもう長くないことを知らない鈴も、懸命に亡くなった夫の仏壇に祈ります。 しかし、病院から帰ってきた娘の2人から咲の容体を聞くと、鈴は事実を受け入れることができず、その場で泣きながら怒ってしまうのでした。家族の誰もが悲しみに打ちひしがれる中、誰もが咲の容体の回復を祈ります。 萬平の働く理創工作社では、加地谷と萬平がギクシャクした関係に。萬平は咲の様子が心配なのか、加地谷から兵器を作るよう勧められたことが引っかかっているのか、仕事もどこか上の空のようです。 一方、大阪東洋ホテルでは、フロント係の保科にモテ期が到来!今まで福子に淡い恋心を抱き、缶詰を贈っていた野呂が、次は保科に恋心を抱くようになったのです。突然のことで驚いてしまう保科。 そんな彼女の前に次に現れたのは、咲に告白しフラれた牧善之介。彼もまた、保科に惚れてしまっていたのです。 仕事を終えた福子は鈴と食卓を囲みます。咲が死ぬかもしれない事実を受け入れられない鈴は、萬平が紹介してくれた病院はヤブ医者なのではないかと疑う始末。そんな2人に、電報が届きます。そこには「サキ キトク」という真一からのメッセージが。 急いで駆け付けた福子と鈴。病室には、克子と忠彦の姿も。 「ごめんなさい……あなた……。」と真一に謝り、自分の周りに集まった家族全員の名前を力なく呼んだ咲。最後に「ありがとう」とつぶやくと、真一に手を握られたまま息を引き取りました。 咲が亡くなってから一週間。福子は萬平に会いに行きます。理創工作社の前には、桜が綺麗に咲いていました。 萬平に咲が亡くなったことを告げた福子は、そのまま理創工作社を後にします。萬平と別れた後の福子の目には、涙が溢れていました。

朝ドラ『まんぷく』第2週第12話のあらすじ・ネタバレは明日更新!

咲が回復するまで会わないと約束していた福子と萬平。2人は想像もしていなかった咲の死に、どう向き合っていくのでしょうか。 気になる続きは、明日更新です!