2018年10月15日更新

朝ドラ『まんぷく』第12話のあらすじネタバレ【福子の決意】

朝ドラ『まんぷく』の第2週第12話のあらすじ・ネタバレをご紹介!咲が亡くなり、悲しみに暮れる今井家の面々。萬平に会いたい気持ちはありながらも、会えずにいた福子の背中を押したのは、咲の夫・真一でした。

朝ドラ『まんぷく』第2週第12話のあらすじネタバレをご紹介

その前に第11話のあらすじを簡単におさらい

最愛の姉・咲が亡くなってしまいました。 咲の病気が回復してから再会を誓っていた福子は、姉の病死を萬平に伝えに行きます。 また、咲の夫である真一のもとにも、時代の流れが訪れていました。

第12話:「大事な人が生きてそこにいるなら」

咲が亡くなり、季節が変わっても、今井家は悲しみに暮れていました。 さらに、戦争の影響で福子の働く大阪東洋ホテルは客足が伸び悩み、萬平の働く理創工作社では、社員が兵隊として徴収されたり、牧善之介は大切な馬・蘭丸が戦争で徴兵されてしまうなど、生活の中に戦争の影が忍び寄るようになっていました。そして、徴兵は真一の元にも。 そんな中、克子の家を訪れた福子は、克子との会話の中で真一のことを思い出します。そして、久しぶりに真一の元を訪れることに。 アイロンのかかっていないシャツに、少し乱れた髪型の真一は、福子を家に迎え入れてくれます。綺麗に整頓された部屋には、咲が気に入っていた絵と遺影が飾ってありました。 咲の入院先を教えてくれた萬平に感謝していた真一は、福子に「感謝を伝えてくれた?」と質問。しかし、福子が萬平とは咲の死後一度しか会っていない旨を伝えると、真一はまっすぐな目で 「大事な人がいるなら、生きてそこにいるなら、簡単に手放してはいけない。いけないよ。」 と語ります。その言葉に背中を押され、萬平への思いを決めた福子は、真一の家を出た後、理創工作社へと向かうのでした。 久しぶりの再会を果たした福子と萬平ですが、その直後、憲兵によって萬平が捕まってしまいます。なんと、軍需物資横領の容疑がかけられてしまったのです。

朝ドラ『まんぷく』第3週第13話のあらすじ・ネタバレは明後日更新!

憲兵に逮捕されてしまった萬平は、厳しい追及を受けることに。萬平と結婚することを心に決めた福子は、なんとかして萬平を救い出そうと奮闘します。 福子の思いは憲兵へと届くのか、そして萬平の救出に助け舟を出してくれる人物は誰なのか、注目です。 ちなみに、萬平のモデルとなった安藤百福は、軍需物資横領の疑いで憲兵からの拷問を受けています。その時の留置所の生活などの影響もあって、内臓疾患を患い、2回の開腹手術を受けているのですが、この出来事が、今後のストーリーにも影響してくるかもしれません。