朝ドラ『まんぷく』第14話のあらすじネタバレ【第3週:萬平を助けたい!】

2018年10月17日更新

朝ドラ『まんぷく』の第3週第14話のあらすじ・ネタバレをご紹介!萬平を助けたい一心の福子ですが、相手が憲兵ということもあり、思うように助けることができません。悩む福子と、苦しむ萬平の姿に、視聴者も胸が苦しい第3週です。

朝ドラ『まんぷく』第3週第14話のあらすじネタバレをご紹介

その前に第13話のあらすじを簡単におさらい

憲兵に捕まってしまった萬平をどうにか助けようと、福子は加地谷、親友の敏子とハナなどに相談しますが、助けられそうにありません。 一方、萬平は憲兵からの厳しい追及を受けつつも、自らの無実を主張し続けていました。

詳しいネタバレはこちらから!

第14話:立花萬平さんを返してください!

福子は「助けて」と毎晩寝言を言ってうなされていました。 最近の福子の様子を見て、鈴は「咲が亡くなったことが原因だ」と決めつけ、克子にも相談しますが、克子は「原因は別にあるのではないか」と考えていました。 一方、福子は萬平との交際に反対している鈴に「萬平が憲兵に捕まった」などと言えるはずもなく、鈴の問いかけにも作り笑いを返すことで精一杯。ホテルでの勤務中も、福子は上の空です。保科の恋の問題や帳簿のミスも、今の福子には取るに足らないことでした。 保科はそんな福子の様子が心配でした。そこで、自分に言い寄っている牧と野呂を使い、2人に福子の身に何が起こっているのか調べるようにお願いします。 牧と野呂の2人が尾行していることなど知る由もない福子は、敏子とハナについて来てもらい、萬平がいる憲兵の元へ訪れていました。 「立花萬平さんを返してください!」と憲兵相手に食ってかかる福子。その様子を影から見ていた牧と野呂の2人は慌てて止めに入ります。 そして、牧と野呂から一連の出来事を聞いた保科は「なぜ、こんなことをしたの!」と詰め寄り、福子が置かれている状況をやっと把握したのでした。 今井家では、帰りの遅い福子を鈴が待っています。やっと扉が開いた音がして、玄関に駆けつけた鈴。するとそこには、保科や敏子、ハナ、牧、野呂と一緒に、泥だらけになった福子がいました。 「福子から大事な話がある」と切り出す保科。福子は、鈴に本当のことを打ち明ける決意をしたのでした。 一方の萬平は、「やってもいないこと、やったと認めるくらいなら、死んだほうがマシだ」と、一人で食事も摂らず、悔しい表情を浮かべるのでした。

朝ドラ『まんぷく』第3週第15話のあらすじ・ネタバレは明日更新!

憲兵から暴力を振るわれ、食事もまともに摂っていない萬平が体力の限界を迎えるのも時間の問題。 萬平が倒れてしまう前に、福子は萬平を助けることができるのでしょうか。 次回のあらすじ・ネタバレは、明日更新されます!