2018年10月17日更新

朝ドラ『まんぷく』第15話のあらすじネタバレ【第3週:福子、世良に出会う】

朝ドラ『まんぷく』の第3週第15話のあらすじ・ネタバレをご紹介!福子と萬平の交際を反対していた鈴は、萬平が憲兵に捕まった事実を知り、ますます交際を反対。一方、萬平救出のために福子は一生懸命動いていました。

朝ドラ『まんぷく』第3週第15話のあらすじネタバレをご紹介

その前に第14話のあらすじを簡単におさらい

突然現れた福子と友人達に驚きを隠せない鈴ですが、福子がずっと黙っていた「秘密」を知り、更に驚いてしまいます。 福子のピンチを、鈴はどう受け入れるのでしょうか。

第15話:生きて留置所を出て、福子に会いたい

福子から萬平が憲兵に捕まったことを伝えられた鈴は、驚きを隠せません。 しかし、福子と一緒に今井家を訪れた保科、敏子、ハナ、牧、野呂、そして福子は「立花さんがそんなことするはずない!」とピシャリ。萬平のことをよく思っていない鈴のことをひと蹴りしてしまいます。 そして翌日、その晩の出来事を鈴は克子に話して聞かせるのでした。克子の夫・忠彦も、背中越しに話を聞き、心配そうです。 一方、仕事中の福子の元に、偶然、仕事の関係で世良がやって来ます。「立花くんの親友だ」と豪語する彼に、福子は萬平を助けてほしいと依頼。 しかし、世良は萬平が憲兵に捕まっていることを知ると、「僕はただラーメンを一緒に食べる仲なだけ!」と発言を一転。萬平救出に渋い顔をします。 それでも福子に頼まれてしまった世良は、しぶしぶ萬平が抜けてしまった理創工作社の様子を見に行くことに。厳しい様子かと思いきや、順調な業績を上げている加地谷がいました。心配するどころか、「立花がいなくなって、むしろよかった」と言い放つ彼に、世良は驚いてしまいます。それでも、社内に萬平の無実を信じる社員がいることも確認するのでした。 一方、克子の家を咲の夫・真一が訪れていました。家には忠彦のみがおり、真一は忠彦に赤紙が来たことを伝えると、「この絵を、戦地から自分が戻って来るまで預かっていてほしい」と忠彦が咲に贈った絵を渡します。忠彦は、それを承諾。 そして、最近の福子たちの様子を忠彦から聞いた真一は、彼から萬平の身に起こっていることと、それに伴って福子と鈴が喧嘩していることを聞きます。真一は「福子の背中を押したのは自分だ」と認めつつも、「自分が福子に送った言葉に間違いはない」と忠彦に伝えます。 真一が去り、克子が戻って来た自宅で、忠彦は「こんな時代だからこそ、後悔のないように生きたい」と克子に語ります。克子も「私だってそうよ」と、忠彦に賛同するのでした。 今井家では、相変わらず福子と鈴が萬平について話し合っています。福子は「あんなに心が綺麗な人はいない」と、萬平の無実を信じて疑いません。 その頃萬平は、同じ留置所に収容されている男から「大切な女がいるなら、生きてここを出なければいけない」という言葉を投げかけられます。そして、萬平にこっそり持っていたおにぎりを渡すのでした。 今まで食事を摂ることを拒んできた萬平でしたが、その言葉に励まされ、ついにおにぎりを口にします。萬平は、福子に会うため、生きてここから出ることを改めて決意するのでした。

朝ドラ『まんぷく』第3週第16話のあらすじ・ネタバレは明日更新

今まで食事を摂ることを拒んでいた萬平。しかし、生きて福子に会うため、留置所で初めて食事を摂ります。 一方、今回はあまり力になってくれなかった世良でしたが、キャラクターの立場から推測すると、萬平救出に一役買ってくれそうな雰囲気も……。 果たしてどのようにストーリーが展開していくのか。第3週後半も見逃せません!