2018年10月18日更新

朝ドラ『まんぷく』第16話のあらすじネタバレ【第3週:有力な協力者】

朝ドラ『まんぷく』の第3週第16話のあらすじ・ネタバレをご紹介!世良に萬平救出をお願いするも、あっさりと断られてしまう福子。しかし、世良の活躍はこれで終わるわけがありませんでした!

朝ドラ『まんぷく』第3週第16話のあらすじネタバレをご紹介

その前に第15話のあらすじを簡単におさらい

生きて留置所を出るために、萬平は今まで拒んでいた食事を摂ることを決意します。 「無実を認めてもらえないのであれば死んだほうがマシ」と思っていた萬平が、福子に会うために決意を固めた第3週後半戦がスタートです!

第16話:福子、三田村会長に萬平救出を願う

萬平を助けることができず、落ち込む日々を送る福子。 そんな彼女を見かねて、同僚の保科は「もっと力のある人に協力してもらうことが必要だ」と助言。すると2人の元に、支配人がやってきて「商工会」の会合があることを改めて伝えに来ました。 「これはチャンス!」と目を輝かせる福子と保科。福子は大阪商工会会長の三田村の接客をすることで、萬平救出への協力を仰ぐことに。福子は、三田村会長を褒めて持ち上げると、「立花萬平は大阪経済を背負って立つ逸材」と話を切り出し、そんな彼が憲兵に捕まってしまったこと、そして「大阪のためにも、立花萬平を助けなければならない」と救出を求めるのでした。 福子の熱い願いに、三田村会長は救出を約束。「誰か交渉の上手な人に任せよう」と彼が提案すると、立聞きしていた世良が、三田村会長の前で良い顔をしたいがために「私におまかせください!」と立候補してくれます。以前福子がお願いしても乗り気になってくれなかったことから、福子もあまりの態度の変えように驚きを隠せません。 それでも引き受けたからには、世良は加地谷、そして理創工作社で働く従業員に聞き込みをすることに。そして、以前「立花さんは絶対に横流しなどしない!」と断言した従業員に対し「何かを知っている」と勘ぐるのでした。 一方、福子が萬平に想いを寄せていることをよく思わない鈴は、今日も克子に愚痴を聞いてもらっています。しかし、その様子を見た忠彦が「僕たちは福ちゃんを信じます」と宣言。そして、克子もそれに同意します。鈴は2人の姿にただ圧倒されてしまうのでした。 留置所では、食事を摂るようになった萬平と、萬平に罪を被せようとする憲兵が今日も対立しています。そんな中、留置所で萬平に生きて帰ることを決意させてくれた稲村という男が、無実が認められ釈放されることが決定しました。 稲村の釈放に涙を浮かべながら喜ぶ萬平。そして、そんな彼の姿を見た稲村は「お前は絶対に無実や、生きて絶対に出てこい」と激励するのでした。

朝ドラ『まんぷく』第3週第17話のあらすじ・ネタバレは明日更新

萬平救出に一歩近づくことができた福子。そして、救出の鍵を掴んだ世良。いよいよ萬平救出に近付くことができました。 「萬平が横流しなどするわけがない」と断言した従業員は、一体何を知っているのでしょうか。そして、萬平を救出するつもりが一切ない加地谷は、一体何を考えているのか……? 気になる続きは、明日更新です!