2018年10月19日更新

朝ドラ『まんぷく』第17話のあらすじネタバレ【第3週:萬平が釈放される】

朝ドラ『まんぷく』の第3週第17話のあらすじ・ネタバレをご紹介!ついに、萬平に罪を被せた人物を突き詰めた世良と、話を聞いた三田村が、萬平救出に動き出します。今回も、表情豊かな世良に注目です!

朝ドラ『まんぷく』第3週第17話のあらすじネタバレをご紹介

その前に第16話のあらすじを簡単におさらい

世良は商工会の宴会を抜け出して、加地谷のいない理創工作社を訪れていました。 すると、そこに1人残って作業をしていた従業員が。彼は、以前世良に「立花さんが横流しなどやるわけがない!」と断言した従業員・竹の原でした。 世良は、彼に「なぜ断言が出来る?」と問い詰め……。

第17話:横流しの真犯人と萬平の釈放

萬平が絶対に横流しをしない、と断言した従業員・竹の原に、その理由を尋ねた世良。 すると竹の原は、「立花さんはお金に執着がなく、価格交渉などが苦手だからこそ、商品管理等は全て加地谷がやっている。そのため、材料の横流しなどを誰にもバレずにできるのは、加地谷しかいない」と答えたのです。 さらに竹の原は、最近加地谷が頻繁に会っていた「遠藤社長」という人物は取引先にはおらず、この遠藤社長と呼ばれる人物こそが、加地谷の共謀者なのではないか。そして、加地谷が共同経営者にも関わらず全く疑われていないことから、加地谷の共謀者は憲兵である、ということまで考えていました。世良は、この話を聞くと早速動き出します。 一方、留置所では萬平が憲兵の村城という男から必要以上の追及を受けていました。村城はなぜか必死になりながら萬平に暴力を振るい、横流しを認めさせようとします。しかし、萬平はそれを頑なに拒むのでした。 夜になり、加地谷は屋台である男と出会っていました。その男とは、萬平を厳しく追及した憲兵の村城です。加地谷は、村城に「立花を殺せ。無罪放免されたら疑われるのは我々だ」と伝えます。 村城は、なぜ仲間だった男をそこまで陥れることができるのか問うと、本物の才能を前にして嫉妬したこと、そして、このご時世で兵器を売れば大儲けできたのに、萬平にそれを拒まれた己の無力さからの行動であったことを打ち明けるのでした。 二人の会話を、世良は影から盗み聞きします。 日は変わり、大阪商工会・会長の三田村と世良は、元陸軍将校の神宮寺幸之助閣下の元を訪れていました。萬平の救出を頼むためです。 世良が掴んだ証拠を、三田村会長が神宮寺閣下に話します。「加地谷が憲兵と手を組んでいるとなると、商工会ではどうにも解決できない。萬平は大阪の経済界に恩恵を与える重要な人物で、きっと閣下の利益にもなる」と説得。世良も、その訴えに同調するのでした。 今井家では、真っ暗な家に福子が帰宅していました。鈴の姿が見えない家で、福子は鈴を探します。すると、彼女は外でお風呂を追い炊きしていました。 鈴は、福子に「みんなあなたを応援しているのね」と背中越しに一言。そして、世良が萬平の釈放を伝えに来たと福子に教えるのでした。 翌日、萬平が釈放されました。萬平を迎えに行った福子と世良は、ボロボロになった萬平の姿に驚きます。それでも、生きて会えたことが嬉しくて、福子は涙を流します。萬平は福子に抱きつきながら、生きて会えたことを喜ぶのでした。 それから一週間後、世良が萬平を見舞いに来ていました。彼は、横流しをしたのは加地谷であったことを伝えます。萬平は、それを淡々と聞くのでした。 一方で萬平は、なぜ三田村会長が、閣下に直談判してまで自分を助けてくれたのかが不思議でした。 その答えは「福子が、会長に萬平を助けるように直談判してくれたから」であることを世良から聞きます。萬平は、その答えに驚きながらも嬉しそうな表情を浮かべるのでした。 同じ時、福子が萬平の元へお見舞いにやってきます。彼女は、萬平のことを気遣い、毎日お弁当を持って見舞いに行っていました。福子のお弁当を嬉しそうに食べる萬平。しかし、お母さんに叱られないかと福子を心配します。 「大丈夫、母はもう許してくれています」と笑顔で答える福子。 しかし、母は許しているはずもなく、克子の元で怒りをあらわにするのでした。

朝ドラ『まんぷく』第3週第18話のあらすじ・ネタバレは明日更新

ついに萬平を救出することができた、福子と世良。微笑ましいお見舞いのシーンもつかの間、カンカンになっている鈴の姿が……。 萬平と福子vs鈴のバトルが本格的に幕開けしそうです!