2018年12月29日更新

アラフォーイケメン英国紳士の新作が年明けに続々公開!

©Universal Pictures All rights reserved.

ジェームズ・マカヴォイ出演の『ミスター・ガラス』、ベン・ウィショー出演の『メリー・ポピンズ リターンズ』などアラフォー英国紳士たちが出演する映画が年明け早々に続々公開になります。

英国アラフォー俳優の出演作が続々と公開に

すっかり雪の似合う季節になり、連日の寒空に人肌恋しくなっている人は多いのではないでしょうか?そんなときに心身共に温めてくれるのはカイロでもこたつでもなくパワフルな美貌を持つイケメンたちでは? 今日はそんなイケメンたちの中でも、アラフォー英国紳士たちが出演する映画が年明け早々に続々公開となるので、一挙に紹介します。

ジェームズ・マカヴォイ/『ミスター・ガラス』

まず最初に、『ナルニア国物語』シリーズで大ブレイクを果たしたジェームズ・マカヴォイ。1979年スコットランド生まれの39歳。甘いマスクと圧倒的な演技力を武器に、様々な作品に出演が続いている。演じる役によって風貌も体格もガラリと変えてしまうカメレオン俳優です。 そんな彼の最新出演作『ミスター・ガラス』が2019年1月18日(金)に公開。本作は『シックス・センス』で世界に衝撃を与えたM.ナイト・シャマラン監督が、全米を騒然とさせた『アンブレイカブル』のその後を描いた、衝撃のサスペンス・スリラー。

ミスター・ガラス
©Universal Pictures All rights reserved.

『アンブレイカブル』の主人公、不死身の肉体を持つデヴィッド・ダン(ブルース・ウィリス)と生涯で94回も骨折した壊れやすい身体を持つ“ミスター・ガラス”(サミュエル・L. ジャクソン)と共に新たに登場する24もの人格を持つ多重人格者“ケヴィン”をマカヴォイが演じています。 鬼才M.ナイト・シャマランが仕掛ける『アンブレイカブル』の”その後”を描いた、サスペンス・スリラー最新作『ミスター・ガラス』は2019年1月18日(金)より“緊急”日本公開!

ベン・ウィショー/『メリー・ポピンズ リターンズ』

そして日本では2019年2月1日(金)に公開となる『メリー・ポピンズ リターンズ』には、何歳になってもなぜか幼さを感じる、子猫系英国男子代表のベン・ウィショーが出演しています。 「007」シリーズでもお馴染みのウィショーは、1980年イングランド生まれで今年で38歳になりますが、庇護欲と母性本能がとてつもなくくすぐられるとして世界中の女性から永遠にかわいい!と愛され続けています。

ベン・ウィショー
©︎Lia Toby/WENN.com

ウィショー自身大の猫好きで、生まれ変わるなら猫になりたいとインタビューで発言するなど、子猫系英国男子街道をまっしぐら?

エド・スクライン/『アリータ:バトル・エンジェル』

最後に紹介するのは『アリータ:バトル・エンジェル』(2019年2月22日(金)公開)に出演している、イングランド生まれの35歳エド・スクライン。『デッドプール』で演じた、デッドプールの最大の敵エイジャックス役が有名なエド。

エド・スクライン
©Sthanlee Mirador/Sipa USA/Newscom/Zeta Image

他にも「トランスポーター」シリーズ最新作の『トランスポーター イグニション』でも主演を務めています。短髪に切れ長の瞳、鍛え上げられた肉体が魅力的。『アリータ:バトル・エンジェル』では物語の鍵を握るザパンを演じること発表されています。 高い身体能力で数々のアクションシーンを演じてきたエドの最新作に、ぜひ注目しましょう。