スター・ウォーズ7の予告第2弾がついに公開!ハン・ソロやチューバッカが復活!

2017年7月6日更新

新予告が発表され、ファンの中でますます熱狂ゲージが上がってきている『スター・ウォーズ エピソード7/フォースの覚醒』。新たな新キャラも懐かしいキャラも登場する今作に注目してみたいと思います。

ついに最新作!!!

1977年に第1弾『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』が始まって以来、SFファンのみならず男のロマンとして人気を博してきたスター・ウォーズシリーズ。

辺境の惑星タトゥイーンで奴隷として生きてきた一人の少年の成長と、銀河全体の攻防を描いたジョージ・ルーカスの有名作。その最新作がついに始動しました。

世界中が待ちに待った最新作の予告編第2弾がアメリカの「スター・ウォーズ・セレブレーション」イベントでサプライズ発表。その発表にファンは大興奮!

あたらなキャラクターも含め、ご紹介したいと思います。

「スター・ウォーズといえば・・・」のおなじみキャラも健在

yu_wars1

やはり、同じキャラクターが登場してくるのはうれしいですよね。予告編で「帰ってきたぞ」という台詞とともに登場するのがハン・ソロとチューバッカ。

ハリソン・フォードが演じるハン・ソロは、「アメリカ映画のヒーローベスト50」14位、そして彼の名言でもある「フォースと共にあらんことを」は「アメリカ映画の名台詞ベスト100」の8位にランクインするほどの人気。

そしてハン・ソロの相棒毛むくじゃらのチューバッカも画面に登場。これだけでも見る価値あります。

そして、今回は新キャラも登場

ポーダメロン、レイ、フィン-1024×504

今回の新キャラのオーディションは長く、狭き門を潜り抜けてきたのが次に紹介する3人。監督自身も、才能豊かな若手俳優として絶賛しています。

オスカー・アイザック演じるポー・ダメロン

20141002200909243

反乱軍に所属する男性パイロットで、反乱軍の唯一の生き残りとなるポー・ダメロン。今回の3部作で言うとハン・ソロのような立ち位置になる役を演じるのが、コーエン兄弟に認められ2013年カンヌ国際映画祭グランプリ作品の主演をはった今一番ホットな俳優、オスカー・アイザック

デイジー・リドリー演じる新ヒロインのレイ

Daisy-Ridley

強く自立した女性レイを演じるイギリス出身のデイジー・リドリーは、まだほとんど注目されていない若手女優。年齢すらもまだ正確に出回っていない彼女の経歴は、主にテレビドラマで、映画と芝居が1本ずつ。

どんな演技をするのは、未知な原石ですね。

ジョン・ボイエガ演じるフィン

20140430_starwars7_02

帝国軍に強制入隊させられた青年フィンを演じるのが、イギリス俳優のジョン・ボイエガ。『アタック・ザ・ブロック』などでギャング役を演じ注目されていましたね。フィンは、無実な人間を逃したりなど、善行も行っているので完全な悪役というわけではないようです。

今までにはなかった、いちストームトルーパーのストーリーも楽しみですね。

CGだけに頼らないリアルなセットも魅力

「スターウォーズ7フォースの覚醒」撮影風景1

CGだけでは表現しきれない世界観を作るために、今回J.J.エイブラムス監督が行ったのは大掛かりなリアルセットを作ること。また、アブダビでも撮影を行いました。

予告に登場する砂漠地帯は、アナキン・スカイウォーカーの故郷タトゥーンと思われがちですが、ここは新たな惑星「ジャクー」。新たな世界での攻防が楽しみですね。