2020年4月5日更新

dTVはコスパ最強!?メリット、デメリットを徹底解説!【31日間無料】

dTV解説記事サムネイル
©ciatr / イラスト:Eika

月額500円(税込)で、12万作品以上も見放題で利用することができる配信サービス・dTV。本記事では本サービスのメリットやデメリット、基本情報から解約方法まで徹底解説していきます!

目次

dTVはコスパ最強の配信サービス!その全てを徹底解説

dTVは映画・ドラマ・アニメ・オリジナル作品など12万作品以上を月額500円で見放題で利用することができる、動画配信サービスです。日本の3大キャリアのひとつであるドコモによって提供されています。 本記事ではそんなdTVのメリットとデメリット、おすすめの作品から解約方法などについて徹底的に解説!登録するか迷っている人は是非参考にしてみてください!(本記事に掲載されている情報は、2020年4月現在のものです。)

メリットその1:月額料金なんと500円(税抜き)!とにかくコスパがいい

dTVの月額料金は500円(税抜)と他のサービスと比較しても、かなりお手頃になっています。 見放題配信サービス(VOD)の相場としては、1000円前後が多い中で、dTVの500円という価格はかなり破格のもの。amazonプライムビデオが年間3,611円の次に安い値段になっています。配信サービスを検討している中でもコスパを重視している人には非常にオススメのサービスです。 【他のVODサービスの月額料金】 ■U-NEXT:2,189円(税込) ■hulu:1026円(税込) ■Netflix:1320円(スタンダードプラン・税込) ■amazonプライムビデオ:550円(税込)

メリットその2:1ヶ月の無料トライアル期間あり!

また本サービスは初回登録時から31日間がトライアル期間となっていて、その期間は無料でサービスを利用することができます。期間中に解約すればタダです!サービスを試してみたいという方は下のボタンをチェックしてみてください。

メリットその3:12万作品もの見放題作品が存在

そんな相場よりも大変おトクな値段になっているdTVですが、そのラインナップはワンコイン相応…というわけでは全くありません。 dTVの見放題配信作品は12万作品以上!他のサービスだとhuluは約5万作品、U-NEXTは約9万作品、また値段がより安いamazonプライムビデオの配信作品数は1.5万作品と、値段に対しての見放題で利用できる本数はNo.1です。 dTVにて見放題配信中のジャンルは、洋画、邦画、アニメ、国内ドラマ、海外ドラマ、韓流・華流、フィットネス、ガールズ、教養・バラエティ、シアター、ショートショート、キッズ、音楽、dTVのオリジナル作品など。 中でも音楽ジャンルは、アーティストのPVやライブ映像など、音楽好きなら楽しめるコンテンツ量となっています。

メリットその4:dTVは動画をダウンロード可能!

dTV ダウンロード

dTVのアプリでは作品を端末にダウンロードしてオフラインで再生することもできます。そのため移動中や出先などでも、データ通信量を気にせず楽しむことができます! ダウンロード方法は簡単で上記画像の赤枠部分を選択するだけ。初回のダウンロード時にのみ、画質を「HD」「すごくきれい」「きれい」の三種類から選択することができます。また初回ダウンロード時にダウンロード毎に画質を選択することも設定できます。 なおパソコンではダウンロードはすることはできません。(パソコンからandroid端末へのダウンロードさせることはできるのですが、パソコンで上からは見ることはできません。) ただどの配信サービスもパソコンではダウンロードはできないので、これに関してはdTVに限ったことではないです。

メリットその5:ドコモユーザーじゃなくても登録できる

dTVはどこのユーザー以外でも登録可能です! 以前はdビデオ powered by BeeTVというサービス名称で、さらには2014年まではドコモユーザーしか利用することができませんでした。しかし2020年現在はキャリアフリー対応となり、ドコモユーザー以外でも利用することができるようになっています。 また特に難しい手続きなどもなく、dアカウントを発行するだけです。この機会にキャリアがドコモ以外の人もぜひ利用してみてください。

デメリットその1:ドコモユーザー以外はクレジットカードが必要

払い方

一方でdTVのデメリットのひとつは、クレジットカードが必須であること。 支払い方法はドコモであればキャリア決済が使用できますが、それ以外はクレジットカードがないと登録をすることができず、もちろん無料トライアルも利用することはできません。 U-NEXTやhuluのVODサービスではキャリア決済やプリベイドチケットといった方法で支払いが可能なので、クレカを持っていない人はぜひ検討してみてください。

デメリットその2:同時に複数のデバイスで視聴できない

デバイス、パソコン、スマホ、タブレット、スマートフォン

dTVでは同時視聴をすることができません。そのため家族や恋人、友人と一緒に利用したいという方には向いていないです。ただデバイス登録自体は1アカウントにつき5台まで可能なので、スマホやタブレット、パソコン、スマートテレビなどで使い分ける分には問題ないです。 U-NEXTやamazonプライムビデオでは同時視聴が可能なので、1つのアカウントを複数人でを共有したいという方はチェックしてみてください!

デメリットその3:ゲーム機での再生は不可

ゲーム機、テレビゲーム

dTVはゲーム機に非対応です。そのためゲーム機を使用してテレビでdTVを利用することはできません。スマートテレビがない場合には、amazon fireTVなどのストリーミングデバイスを購入する必要があります。 U-NEXT、hulu、Netflixは多くの機種に対応しているのですでに機器を持っている人はすぐにテレビで視聴することができますよ。ぜひチェックしてみてください。

dTVはテレビでも視聴可能!

使用機器 対応状況
テレビ本体 スマートテレビ
ストリーミングデバイス Amazon Fire TV
AppleTV
Chromecast
ドコモテレビターミナル
ひかりTVチューナー
ゲーム機 PS3 ×
PS4 ×
Wii U ×
Switch ×
XBOX ×

dTVは上記の機器を使用することで、テレビで見ることできます。 Amazon fireTVなどを使用すれば、dTV以外の配信サービスやyoutubeを見ることができ、またスマートテレビなどに比べて初期費用も安くすむので非常にオススメです。 また光回線に繋ぐだけでdTVなどドコモの全映像サービスをテレビで観ることができるドコモテレビターミナルも販売されています。こちらは他社のVOD配信サービスは利用することができないので要注意です。

dTVでしか観られない!おすすめの作品を紹介

ファン人気の高い名エピソードを観れるのはdTVだけ!実写ドラマ「銀魂」

2017年に公開され、実写映画としては異例の大ヒットを博した映画「銀魂」。dTVではそのオリジナルストーリーである『銀魂-ミツバ篇-』を限定配信しています。 その内容はシリーズの屈指の人気キャラである沖田総悟の姉・ミツバを巡る物語で、ファンからは「銀魂で一番泣けるエピソード」とも言われている人気エピソードです。dTVでは800万再生を突破するなど、オリジナル作品としてはかなりヒットしています。映画版のファンだけでなく、アニメ版のファンにもお勧めできる作品です! また「銀魂」のエピソードの中でも人気の高いギャグ回の中から3エピソードを実写化し、『銀魂2 -世にも奇妙な銀魂ちゃん-』というタイトルで絶賛配信中!ファンは必見ですよ!

ハイスペ彼氏と幸せになるために「闇サイトで彼氏をローンで買う」!?

ドラマ『高校教師』やドラマ『聖者の行進』など、数々の衝撃作・話題作を世に送り出し続けている野島伸司脚本ドラマ『彼氏をローンで買いました』。本作もdTVでしか見ることのできないオリジナル作品です。 その物語は専業主婦になるのが夢な主人公の浮島多恵が交際一年のハイスペ彼氏と結婚するために、ストレス発散の道具として闇サイトで借金まみれの男をローンで購入する、というもの。 「女性進出」や「ワークライフバランス」などがうたわれる一方で、「本当は専業主婦になりたい」女性も多い世の中に一石を投じるような内容のものとなっています。 内容ももちろんですが、真野恵里菜、横浜流星、長谷川京子など俳優陣も豪華!一見の価値ありです。

dTVとdTVチャンネルの違いは?

dTVチャンネルとはドコモが提供している配信サービスのひとつです。30チャンネル以上のチャンネルから動画を観ることができます。 本サービスはdTVとは別のサービスとなっていて、大きな違いはその配信形態。dTVはオンデマンド配信なので好きな時間に好きな動画を観ることができますが、dTVチャンネルはリアルタイム配信なので番組や作品自体の配信自体が予め決められているの注意が必要です。 こちらのdTVチャンネルにも31日間のトライアル期間があるので、気になった方はチェックしてみてください!

アニメはdアニメストアだけ?そんなことないです!

同じくドコモが提供しているdアニメストアは、アニメに特化した配信サービスの中でもコスパよく多くの作品を見放題で視聴できることで非常に人気がありますが、dTVでももちろんアニメ作品を見ることができます。 新作アニメの見逃し配信から、アニメ映画、懐かしのアニメまで様々な作品が配信されています。 アニメだけを見たい、という場合にはもちろんdアニメストアの方が相性が良いと思いますが、映画やドラマなど幅広く見たい場合にはdTVでも満足できるかと思います。

見放題だけじゃない!dTVはレンタルもできる

またdTVでは見放題作品だけでなく、一部の対象作品をレンタルもすることができます。対象作品は様々で、最新の映画から名作映画、さらにはアニメなど。 最新の映画はTSUTAYAなどでレンタルをするよりも安い値段で借りることができるので、よくTSUTAYAで新作映画をレンタルなどする人には非常に便利です。 値段は映画だと300円〜、ドラマだと150円〜となっていて、配信サービスの相場ぐらいの値段となっています。支払い方法は、クレジットカード、キャリア決済(ドコモのみ)、またdポイントを使用してレンタルすることができますよ。

dTVの解約・退会方法は?

dTVの解約・退会は、iphoneアプリからは手続きを行うことができません。(androidアプリは、アプリ上から解約をすることが可能です。) iphoneから解約をする方法は、safariなどのブラウザでdTVにログインし、右上のメニューボタンから「アカウント>退会」を選択すれば解約手続きへと進めることができます。

dTVでアニメ・ドラマ・映画を楽しもう!

本記事ではdTVのメリットやデメリット、基本情報から、オススメの作品、解約方法などを紹介しました。 dTVに加入するか悩んでいる人は、本記事を参考にしながら選んでみてください。また本サービスでは31日間の無料トライアルも行なっているので、気になっている人はぜひ登録してみてください!