2019年5月20日更新

映画『初恋』プレミア上映の地カンヌで三池崇史がタランティーノと偶然の再会?

(C)2020「初恋」製作委員会

三池崇史最新作映画『初恋』。三池監督初のラブストーリーである本作は、2019年5月17日に第72回カンヌ国際映画祭でワールドプレミア上映され、会場を沸かせました。さらにカンヌではタランティーノ監督と再会し、熱い会話が交わされたとか。その様子をお伝えします!

三池崇史最新作 映画『初恋』がカンヌでプレミア上映

三池崇史監督、窪田正孝主演の『初恋』が第72回カンヌ国際映画祭でワールドプレミア上映されました。 本作は、窪田演じるプロボクサー・葛城レオが絶対に負けるはずのない相手との試合でKO負けを喫し、アンダーグラウンドの世界へと足を踏み入れていく物語。窪田の他にも大森南朋、染谷将太、村上淳、遠藤憲一、内野聖陽ら豪華キャストが顔を揃えています。 監督週間選出作品として上映された本作は、キレの良い三池流のバイオレンスやユーモアとともに、ロマンスの要素も加わり、満席となった約800席の観客を沸かせました。

三池崇史がタランティーノとカンヌで偶然の再会

三池崇史、クエンティン・タランティーノ
(C)2020「初恋」製作委員会

そんな注目のなか、カンヌの地で思わぬサプライズが! インターコンチネンタルカールトンホテルのカフェで打ち合わせをしていた三池監督。なんと偶然にも同じ場所で打ち合わせをしていたのは、コンペティション部門正式出品作品『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』(2019年8月30日公開)を携えカンヌにやってきていた、クエンティン・タランティーノ監督!それに気づいた三池監督が近寄ると、気付いたタランティーノ監督は神に出遭ったかのようにいつものビックボイスで「タカシ・ミイケー!」と大歓喜!

映画 初恋
C)2020「初恋」製作委員会

先日の公式上映を受け、海外サイトや記者からは続々と絶賛の声が相次いでいる本作ですが、タランティーノ監督はその記事を目にしていたようで、「レヴュー読んだよ!評価も最高じゃん!『トゥルーロマンス』(1994)みたいに面白いらしいじゃん!絶対観るよ!早く観たいよ!絶対クールだぜ!」と感想をのべると、三池監督は「ありがとう!クエンティンの公式上映の成功も祈ってるよ」などと会話をし、束の間の再会を喜びました。 タランティーノ監督は三池監督の大ファンを公言し、『スキヤキ・ウエスタン ジャンゴ』(2007)で作品づくりを共にしてから続くふたりの関係。数分のやりとりだったものの、尊敬と共に仲の良さが垣間見られ、その場の注目の的となりました。 タランティーノ監督から「日本でまた会おう!」という言葉が飛び出す場面もみられたことから、日本でふたりが再会する日もそう遠くはないかも?

三池崇史監督、窪田正孝主演の映画『初恋』は、2020年日本公開予定です。