2021年12月27日更新

ドラマ「リーガルハイ」の動画を配信中のサービスを調査!無料視聴できる?【1期&2期】

2012年からフジテレビ系で放送されたテレビドラマ「リーガルハイ」は、法廷を舞台に自由奔放に振る舞う主人公・古美門研介(こみかどけんすけ)弁護士と真面目で正義感の強い新米弁護士・黛真知子(まゆずみまちこ)の2人が繰り広げるコメディタッチが特徴的な作品です。 この記事では「リーガルハイ」の見どころや、1話から最終回までの動画を視聴する方法、出演キャストの紹介などをしていきます。

「リーガルハイ」はなぜサブスクで配信されない?

すでに紹介した通り、「リーガルハイ」はどのサブスクでも配信されていません。その理由はおそらく、本作に出演している田口淳之介が違法薬物の所持で逮捕されたからだと考えられます。 サブスク配信はもちろん地上波での再放送もできないという状態なので、視聴方法はDVDのみ。自分で購入するのもいいですが、TSUTAYA DISCASを使えばもっとお得に楽しめるというわけです!

ドラマ「リーガルハイ」が観られるのはTSUTAYA DISCASだけ!

ドラマ「リーガルハイ」を視聴できるのは、DVDの宅配レンタルサービス・TSUTAYA DISCAS(ツタヤディスカス)一択です。「リーガルハイ」の1期・2期だけでなく、スペシャルドラマも視聴できるので、まるっと本作を楽しみたい人は必見です! 30日間の無料トライアル期間もあるため、気になった人は気軽に試してみてくださいね。

30日間無料で楽しむ!

TSUTAYA DISCASでのレンタル方法は?みんなの疑問を総解決!

疑問①:どうやってDVDがレンタルできるの?

TSUTAYA DISCASでDVDを借りる際は、まず観たい作品を検索して「定額リスト」に追加しましょう。その後発送する順番を決めれば、なんと待っているだけで自動的にDVDが発送されます。 家から出ることなくDVDを借りられるところがポイントですが、同時に注意点も。本サービスでは毎回2枚1セットでDVDが発送されるため、定額リストに入っている作品が1つだけだといつまで経っても発送がされません。そのためDVDをレンタルする際は、必ず2枚以上で注文するようにしましょう

疑問②:借りたDVDの返却方法は?

借りたDVDはコンパクトな封筒で届きますが往復封筒のため、返却の際にも必要になるので捨てないように気をつけましょう。作品を観終わったら封筒に返却するDVDを入れ、しっかりと封をします。 封筒のミシン目を剥がすと返送先の住所が現れるので、そのままポストに投函すれば返却は完了です!その後は返却したDVDが無事に配送センターに到着したら、「定額リスト」から新たなDVDが送られてくる仕組みとなっています。

疑問③:DVDのレンタル期間は?

TSUTAYA DISCASで単品レンタルを利用する場合、DVDのレンタル期間は30泊31日。それでも十分レンタル期間が長いように感じますが、無料お試し期間を含む定額レンタルプランの場合、なんと返却期限は無制限なのです! 「せっかく借りたのに観忘れたせいでそのまま返却……」といった事態にならないところは嬉しいですよね。しかし返却をしない限りは次の作品は発送されないので、観たい作品が多い場合は注意が必要です。

疑問④:他にはどんな作品が観られるの?

TSUTAYA DISCASではドラマ『リーガルハイ』と同じように、再放送が難しい作品やサブスクでの配信が解禁されない作品を視聴できるところがポイント!家に居ながら気軽にそれらの作品をレンタルできるのは嬉しいですよね。 本サービスで借りられる人気作品としては、映画「海猿」シリーズやドラマ「古畑任三郎」シリーズなどがあります。それ以外にも本サービスでしか観られない作品が多数あるため、ぜひチェックしてみてくださいね。

ドラマ「リーガルハイ」のあらすじ・キャスト

放送年1期:2012年
2期:2013年
再生時間45分
ジャンルコメディ、ヒューマンドラマ
製作国日本

「リーガルハイ」のあらすじ

弱いものを救うために強い正義感を持って弁護士になった、新人の黛真知子(まゆずみまちこ)。彼女は初めて担当した裁判で殺人容疑のかけられた青年の弁護をするべく奮闘するものの敗訴となってしまい、そのまま上司の三木長一郎(みきちょういちろう)から担当を外れるように告げられてしまいます。 諦めきれない黛は奮闘するものの、空回りするばかり。そんな彼女の姿を見かねた三木の秘書・沢地君枝(さわちきみえ)は、彼女の力になると踏んである弁護士を紹介することに。 しかし黛が訪れた先にいたのは、毒舌で自己中心的な最悪の弁護士・古美門研介(こみかどけんすけ)でした。その後彼女は古美門と対立しながらも、彼の右腕として働くことになり……

登場人物とキャストを紹介

古美門研介役/堺雅人

自己中心的で性格破綻者、でも弁護は凄腕の古美門研介はこのドラマの中心人物です。どこかコミカルながらも社会の矛盾に鋭い発言をする魅力的な登場人物。 古美門研介を演じているのは確かな演技力で人気を獲得している堺雅人です。古美門研介という癖のある役も、実力派俳優として活躍している堺雅人だからこその演技と言えるかもしれません。

黛真知子役/新垣結衣

黛真知子(画像左)は最初は正義感だけの弁護士でしたが、古美門研介の弁護する姿を見ていくうちに作中でどんどん成長していきます。最終的には古美門に打ち勝つという明確な目標を持ち経験を積んでいき、指示を受けるより前に先回りし行動を起こせるほどに。 黛真知子を演じるのは新垣結衣。テレビドラマはもとより、映画や音楽、CMとマルチに活躍する女優です。いまでは日本で知らない人は居ないというほどの知名度を誇っています。

三木長一郎役/生瀬勝久

古美門研介を異様に敵視している弁護士・三木長一郎は古美門研介の元上司。犯罪まがいの手段をとる古美門に危機感を抱き、とある事件をきっかけに解雇。古美門の存在を疎ましく思っているため、廃業に追い込もうといろいろと画策します。 三木長一郎を演じるのは生瀬勝久。個性的な演技が特徴的で数々のヒット作品に出演しています。脇役としての起用が多いですが、日本を代表する俳優の1人です。

加賀蘭丸役/田口淳之介

加賀蘭丸は古美門法律事務所の一員で、古美門のもとでスパイとして働く青年です。売れない俳優の彼は過去に古美門から助けられたことをきっかけに、金で雇われながらスパイ活動を行っています。 加賀蘭丸役を演じるのは、KAT-TUNの元メンバーである田口淳之介。ドラマや舞台で幅広く活躍する彼の代表作には、ドラマ『きょうは会社休みます。』(2014年)やドラマ『遅咲きのヒマワリ〜ボクの人生、リニューアル〜』(2016年)などがあります。

服部役/里見浩太朗

服部も古美門法律事務所のメンバーで、あらゆる特技を発揮しながら古美門を支える謎の人物。知識量が多いだけでなく実践もこなすことができ、度々古美門の窮地を救っています。尊大な態度を取ることが多い古美門ですが、彼の前では頭があがらないようで……。 有能なメンバーである服部役を演じるのは、ベテラン俳優の里見浩太朗。彼の代表作には、ドラマ「水戸黄門」シリーズ(1978年〜)や映画『エイプリルフールズ』(2015年)などがあります。

「リーガルハイ」の見どころ

見どころ①:コメディとシリアスの配分が絶妙!

古美門研介の自由奔放で身勝手な振る舞いに、周囲が振り回される姿をコミカルに描きながらも、本質をついた発言で視聴者の共感を呼びました。 主人公の古美門は毒のあるキャラクターなため、どこか否定しきれない皮肉を次々と放り込んできます。対照的に黛真知子はポンコツだけど正義感に燃える新米弁護士、古美門との考え方の対比が印象的です。 法廷という厳粛な場でも古美門の自由奔放な行動は止まりません。法廷内にも関わらず、机に脚を乗せ法廷内を闊歩している姿は笑いを誘います。 このようにコメディ調ながらも人のあるべき姿を熱く説くシーンがあるなど、ギャップの多い作品です。魅力的な登場人物の姿をぜひ楽しんで観てください。

見どころ②:堺雅人✕ガッキーが最強すぎる!

「情を捨てて依頼を完璧にこなすべき」という古美門と、強い正義感を誰彼構わず押し付ける黛。性格や信条が正反対で、絶対に合わないであろう2人が絶妙に噛み合う様子も本作の見どころの1つです。 お互いに譲ることのできない性格のため、事あるごとに衝突し、恋愛関係になんてなりようもない。そんな2人だからこそ出来る、コミカルでテンポのよい小気味好いやり取りには思わず笑ってしまいます。

「リーガルハイ」シリーズのあらすじを全話紹介!

「リーガルハイ」1期の各話あらすじ

第1話「最高でもサイテーの弁護士 愛も法も嘘をつく!?」

新米弁護士の黛は、殺人罪に問われている青年・坪倉の裁判を担当しますが、第1審であっさり敗訴してしまいます。なんとしてでも彼を助けたいと願う彼女は、負け知らずの天才弁護士・古美門を頼ることになり……。

第2話「著作権訴訟はカネになる!?」

古美門の事務所に、無名のパンクアーティスト・ボニータが訪問。彼女は、有名歌手・柊しずかによるヒット曲『あれは恋でした』が自分たちの作った曲をパクったものだと訴えます。古美門は、しずかに会いたいがために依頼を引き受けるのですが……。

第3話「初恋かストーカーか? 号泣の恋愛裁判!?」

ストーカー行為で訴えられた榎戸を弁護することになった黛。しかし、榎戸がまったく口を開こうとしないため、弁護方針を思ったように立てられずにいました。さらに彼女が裁判で戦うことになる相手は、学生時代に密かな想いを寄せていた検事・相沢で……。

第4話「太陽を返せ! マンション裁判仁義なき戦い」

ある日、黛は日照権をめぐる訴訟を事務所に持ち込んできます。建設業者を訴えたい主婦からの依頼でしたが、古美門はまったく興味をしめさないどころか、大金を積んだ相手方の弁護を引き受けることに。住民たちに同情していた黛は、古美門に対する不満が隠せず……。

第5話「期限は7日! 金か命か!? 悪徳政治家を守れ」

大物政治家・富樫から弁護を依頼された古美門たち。彼は収賄罪で実刑判決を受けた身で、古美門の評判を聞いてぜひ依頼したいと相談してきたのです。政治家を好かない黛は反対しますが、古美門は富樫の弁護を引き受けようとして……。

第6話「DV? 二股? 流血の離婚裁判 刺客は元妻」

芥川賞受賞作家・神林が、フリーキャスターの妻・安奈との離婚調停の相談にやってきます。乗り気でなかったものの、しぶしぶ依頼を引き受けた古美門。しかし安奈側の弁護士として古美門の前に現れたのは、彼の元妻である圭子で……?!

第7話「骨肉の相続争い! 醤油一族に潜む秘密と嘘」

徳松醤油の社長・嘉平が亡くなり、彼の遺言書をめぐる依頼が黛のもとに舞い込んできます。嘉平には3人の子どもがいますが、全員が自分に全財産を与えるという遺言書を受けとったと主張。真偽を確かめるため、3人がそれぞれ雇った弁護士による争いが繰り広げられることになり……。

第8話「親権を奪え! 天才子役と母の縁切り裁判」

天才子役として名を馳せるメイが、古美門にとある依頼を持ちかけてきます。その内容は、事務所の社長で母親の留美子と親子の縁を切りたいというもの。反対する黛を無視して、古美門はメイの依頼を引き受けますが……。

第9話「恩讐の村人よ…美しき故郷を取り戻せ!!」

南モンブラン市(旧・絹美村)に住む老人たちが、村を助けてほしいといって古美門のところにやってきます。彼らが言うには、村に大企業の工場ができたせいで住民に健康被害が出ているとのこと。しかし、古美門はまったく聞く耳を持たないため、黛がひとりで動き出すことになり……。

第10話「破産か5億か!? さらば誇り高き絆の里」

老人たちの誇り高き姿を目の当たりにし、彼らとともに戦うことを決めた古美門。彼はクロロタスムハリオサプロピレンと呼ばれる物質が流出していることに目をつけ、その有害性について立証することで裁判を有利に進めようとしますが……。

最終話「内部告発者を不当解雇から救え!! 最強の弁護士がついに敗北!? 真実は常に喜劇だ!!」

黛が古美門法律事務所を去ってから1年。公害訴訟で勇気を出して内部告発をした佳奈が、その一件を原因に不当解雇され、黛に弁護を依頼してきます。黛は古美門に協力をお願いしますが、なんと彼は相手側の弁護士として立ちはだかってきて……?!

「リーガルハイ」2期の各話あらすじ

第1話「完全復活・古美門研介! すべては依頼人のために無敗の弁護士が非道の悪人に立ち向かう!」

相変わらず勝率100パーセントの古美門は、殺人容疑で死刑判決を言い渡された女性・貴和から弁護を依頼されます。彼女が望むのは、なんと無罪の判決。はじめは引き受ける気がなかった古美門ですが、彼女の色気に負けて弁護を担当することに……。

第2話「逆ギレ天才起業家〜"つぶやいたら"名誉毀損?」

インサイダー取引などで逮捕され、収監されていた天才実業家・鮎川が出所し、自分を中傷したマスコミやブロガーを次々と訴え始めます。古美門は鮎川の弁護を申し出ますが、なんと彼は代理人を立てず自分で訴訟を戦い抜くと宣言して……?!

第3話「顔か? 心か? どちらを選ぶ? 前代未聞の整形裁判」

黛の高校時代の同級生・熊井が、妻・ほのかとの離婚訴訟を依頼したいと相談してきます。彼はほのかの美しさに惹かれて結婚したのですが、彼女が整形していたという事実を伏せていたことを知り、別れたいと考えていたのです。黛は彼の発言に呆れ果てますが、古美門は弁護を引き受けると言い出し……。

第4話「お隣り付き合いは蜜の味!? 嫉妬渦巻く隣人裁判!!」

古美門の事務所に、ご近所トラブルにまつわる依頼が舞い込んできます。依頼人は主婦の冬美。彼女は隣人のなつにハサミで刺され怪我を負わされたのですが、相手が裁判で無罪になったことをどうしても認められずにいました。依頼を引き受けた古美門は、担当の裁判長が因縁の相手であることを知ってしまい……。

第5話「権利は誰のもの? 窓際社員のキャラクター裁判!!」

倒産寸前だった文具メーカー「あじさい文具」は、しがない社員・田向が描いた落書きをもとにしたキャラクター「おやじいぬ」によって、またたく間に急成長を遂げました。しかし、会社を救った張本人である田向は、今も社内で冷遇されたまま。古美門はそんな彼を焚きつけ、会社を訴えさせようとしますが……。

第6話「新しい愛の形か重婚か!? 訴えられた妻は夫が3人」

依頼人の澄江から、驚くべき話を聞かされた黛。彼女が言うには、息子の結婚相手・愛子が複数の夫を持っていて、しかも全員がそのことを了承しているというのです。古美門にはこの案件を任せられないと考えた黛は、澄江に羽生を紹介することにし……。

第7話「天才か暴君か!? 世界的アニメ監督パワハラ裁判!!」

古美門法律事務所を出て、羽生の事務所である「NEXUS」に加わることになった黛。彼女は早速、アニメ制作会社で働く作画スタッフ・穂積の弁護を引き受けることに。彼は、傍若無人な監督によって劣悪な環境で働かされていると主張していて……。

第8話「世界に誇る自然遺産を守れ!! 住民訴訟驚きの真実」

黛の父親の故郷・蟹頭の奥にある「おざおざの森」が、世界遺産に登録されることに。しかし住民の意見は、推奨派と反対派でまっぷたつに割れていました。NEXUSの面々は推奨派を、古美門は反対派をそれぞれ弁護することになりますが……。

第9話「ついに最高裁! 例え全国民が敵でも必ず命を救う」

殺人の罪を認め、改めて死刑判決を受けた貴和。古美門はそんな彼女に対し、最高裁で無罪を勝ち取ってみせると宣言します。あくまでも勝率100パーセントにこだわる彼は、マスコミを利用し貴和の印象操作をしようとして……。

最終話「二転三転する最後の法廷!! 執念で救え依頼人!! 真実は悲劇か喜劇か!?」

古美門と黛は、最高裁で貴和の差し戻し判決を勝ち得た直後、彼女から解雇を告げられてしまいます。その裏に羽生の影があることを知った2人は、彼を呼び出し怒りをぶつけるのですが……。果たして古美門は、裁判に勝ち無敗記録を守り抜くことができるのでしょうか?

パロディ要素が盛りだくさん!元ネタを知ればもっと楽しめる

ドラマ『半沢直樹』シリーズ:「リーガルハイ 2期」1話

大人気作「半沢直樹」のパロディには気づいた人も多いかもしれませんが、知らない場合は是非おさえておきたい貴重な一幕です。 「半沢直樹」の主人公・半沢を演じる堺雅人の口からパロディのセリフが出てくるのですが、受ける印象は全く異なります。 特に「やられてなくてもやり返す。身に覚えの無い奴にもやり返す。誰彼かまわず、八つ当たりだ!」というセリフ。「半沢直樹」のパロディでありながら、古美門の人間性がこの上なく的確に表されたセリフとなっています。

ドラマ・映画『犬神家の一族』:「リーガルハイ 1期」7話

犬神家の一族(THE INUGAMI FAMILY)
©️KADOKAWA 1976

1期の7話では全体を通して「犬神家の一族」のパロディが見られました。誰もが1度は目にしたことがあるであろうスケキヨの白いマスクを、白い美容パックで表現。水から足だけが出ている有名なシーンも再現しています。また、古美門も金田一風の衣装を着て登場しています。 他にも1976年版の映画におけるテーマ曲の「愛のバラード」が使われるなど、「犬神家」を見たことがある人がクスっとしてしまうパロディが随所に見られました。 今回紹介したもの以外にも、数々の映画やドラマのパロディがあるため、是非探してみてください。

「リーガルハイ」の口コミ・レビュー

吹き出し アイコン

笑いとストーリーのバランスがしっかり取れている名作!綺麗事にズバッと切り込むような、風刺の効いたストーリーが爽快でスカッとします!

(40代女性)

吹き出し アイコン

ポンコツなガッキーとクセが強い堺雅人の掛け合わせが最高でとにかく笑える。本当に古美門のマシンガントークは強烈で、あれだけのセリフ量を噛まずに言える堺雅人半端ない!

(30代男性)

「リーガルハイ」の気になる疑問とQ&A

「リーガルハイ」を配信しているサービスは?

2021年11月現在、「リーガルハイ」を配信しているサービスは「TSUTAYA DISCAS」です。

「リーガルハイ」はどんな人におすすめ?

堺雅人演じる弁護士が強烈すぎてハマっちゃう!テンポのいいコメディやアツい法廷ドラマが好きな人は必見です。

動画配信サービスで「リーガルハイ」シリーズを無料視聴しよう!【1期・2期】

今回は「リーガルハイ」シリーズの動画を無料で観ることが出来るサービスについてお届けしました。シリーズの配信をしているのはTSUTAYA DISCASは30日間の無料期間があるので、気になる方はチェックしてみてください!