2021年10月18日更新

映画『ハウス・ジャック・ビルト』の動画を無料で配信中のサブスクはここ!

『ハウス・ジャック・ビルト』ポスター
(C)2018 ZENTROPA ENTERTAINMENTS31,ZENTROPA SWEDEN,SLOT MACHINE,ZENTROPA FRANCE,ZENTROPA KÖLN

映画『ハウス・ジャック・ビルト』を無料で観られる動画配信サービスを紹介!

映画『ハウス・ジャック・ビルト』の作品概要

原題『ハウス・ジャック・ビルト』
公開日2019年6月14日
ジャンルホラー、ヒューマンドラマ
再生時間152分
制作国デンマーク、フランス、ドイツ、スウェーデン
言語英語

『ハウス・ジャック・ビルト』のあらすじ

『ハウス・ジャック・ビルト』
(C)2018 ZENTROPA ENTERTAINMENTS31,ZENTROPA SWEDEN,SLOT MACHINE,ZENTROPA FRANCE,ZENTROPA KÖLN

舞台は1970年代のアメリカ、ワシントン州。建築家を目指すジャックは、道で車が故障してしまい困っている女性を助けます。しかし無神経で挑発的な彼女の態度に腹を立てたジャックは女性を殺害。それがきっかけで、繰り返し殺人を犯していくようになり……。 ジャックが思い出した順番で5つの殺人エピソードが語られ、物語は展開していきます。

『ハウス・ジャック・ビルト』の主な登場人物&キャスト

ジャック役/マット・ディロン

シオバン・ファロン、マット・ディロン『ハウス・ジャック・ビルト』
(C)2018 ZENTROPA ENTERTAINMENTS31,ZENTROPA SWEDEN,SLOT MACHINE,ZENTROPA FRANCE,ZENTROPA KÖLN

建築家を目指す独身男性。ある日、1人の女性を殺害したことから殺人に目覚めます。モデルとなったのは1970年代のアメリカで若い女性たちを強姦、殺害した連続殺人犯テッド・バンディ。 本作の主演を務めたのはマット・ディロン。映画『クラッシュ』でアカデミー賞助演男優賞にノミネートされました。20代までは人気アイドルとして世間に認知されていた彼ですが、今回は狂気に満ちた殺人鬼を熱演しています。

ヴァージ役/ブルーノ・ガンツ

『ハウス・ジャック・ビルト』
(C)2018 ZENTROPA ENTERTAINMENTS31,ZENTROPA SWEDEN,SLOT MACHINE,ZENTROPA FRANCE,ZENTROPA KÖLN

ジャックの前に現れる謎の人物。ジャックは彼に、12年間の殺人の記憶を語ります。 ヴァージを演じたのは、映画『ベルリン・天使の詩』で主演を演じ、世界中から高く評価されたブルーノ・ガンツ。

ジャクリーン(シンプル)役/ライリー・キーオ

ジャクリーンはジャックと親密になる女性です。ジャックは彼女をシンプルと呼びます。その呼び名の由来は本編で語られ、ジャックの人間性が分かるエピソードになっています。 演じたのは、映画『マジック・マイク』や映画『マッドマックス 怒りのデス・ロード』、映画『アンダー・ザ・シルバーレイク』のライリー・キーオ。

女性(役名なし)役/ユマ・サーマン

ユマ・サーマン
©︎Joseph Marzullo/WENN.com

ジャックが繰り返し殺人を犯すきっかけになった女性。挑発的な態度でジャックを煽ります。 演じたのは映画『パルプ・フィクション』、映画『キル・ビル』のユマ・サーマン。10代でモデルとしてのキャリアをスタートさせた後、タランティ―ノ監督作品ではおなじみの女優になりました。

『ハウス・ジャック・ビルト』の見どころ

『ハウス・ジャック・ビルト』
(C)2018 ZENTROPA ENTERTAINMENTS31,ZENTROPA SWEDEN,SLOT MACHINE,ZENTROPA FRANCE,ZENTROPA KÖLN

宣伝で数多く目にするこの映画の特徴は、その残虐な殺害シーンについて。しかしこの映画の見どころは実はブラックユーモア。そう、サイコスリラー映画でありながらブラックコメディ映画なのです。 そしてトリアーはインタビューで「この映画のテーマを決めるなら人は誰でもシリアルキラーになれるということだ」と述べています。 映画を見ていて「なんて惨いことを......」と思う一方で、鼻もちならない女性をジャックが一気に殺害するとなんだかスカッとしている自分がいる。そんな危うい人間心理に気付かせてくれる映画なのです。

映画『ハウス・ジャック・ビルト』の関連作品

サイコスリラー映画の傑作『羊たちの沈黙』

『羊たちの沈黙』ポスター、ジョディ・フォスター
©Orion Pictures/Photofest/zetaimage

1991年に公開された映画『羊たちの沈黙』。 連続殺人鬼「バッファロー・ビル」事件の捜査のため、FBI訓練生のクラリスは獄中の天才精神科医レクター博士の元を訪れます。9人の患者を惨殺して食べたレクター博士は捜査に協力するかわりに、彼女自身の過去を引き出していき……。 アカデミー賞主要5部門を受賞したサイコスリラー映画の傑作。アンソニー・ホプキンス演じるレクター博士はサイコキラーを代表するキャラクターになりました。

あっと驚く衝撃のラスト!『セブン』

1995年に公開された映画『セブン』。 猟奇的連続殺人事件を捜査するベテラン刑事サマセットと、新人刑事ミルズ。「七つの大罪」になぞらえて次々と無残に殺害が行われていきます。一体犯人は何を考えてこんなことをするのか?ラストにはあっと驚く衝撃が待っています! 主演はモーガン・フリーマン、ブラット・ピットというハリウッドを代表する俳優たち。監督は『ファイト・クラブ』のデヴィッド・フィンチャーです。

過激すぎて失神!?『アンチクライスト』

2009年に公開された映画『アンチクライスト』は、子供を亡くした夫婦の苦悩と悲しみを描いた作品です。夫は精神を病んだ妻の療養のために、山小屋に連れて治療を試みますが……。 あまりにも過激すぎる場面に気を失う観客も!これぞラース・フォン・トリアーという作品を見たい人にはおすすめです。暴力と美が共存するなんとも言えない映画。ただし、それなりの覚悟を持って挑んでください。特に女性からすると、かなり痛々しいと思う描写が多いです。

映画『ハウス・ジャック・ビルト』の動画は配信中のサブスクで無料視聴しよう!

映画『ハウス・ジャック・ビルト』は過激な表現で賛否の分かれる作品ですが、見た後には面白かった!と思えるはずです。是非、動画配信サービスを活用して作品を無料で楽しみましょう。