2021年12月27日更新

映画「スターウォーズ」シリーズの動画を配信中のサブスクはここ!無料で視聴できる?

『スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲』
©LUCASFILM/Zeta Image

1977年に公開されて以来、世界中のファンから愛される「スターウォーズ」シリーズ。ジョージ・ルーカスが生み出した物語は、J・J・エイブラムス、ライアン・ジョンソンという次世代の監督によって再び世界を沸かせています!

「スターウォーズ」を視聴するのに1番おすすめのサービスはディズニープラスです。 ディズニープラスには無料期間がありませんが、「スターウォーズ」シリーズをはじめとするディズニー作品を見放題で視聴することができます。

とにかく簡単に登録したい

「スターウォーズ」シリーズを配信中のサービス一覧

見放題
見放題
無料期間なし
レンタル
レンタル
初回登録時
ポイントあり
31日間無料
31日間無料
入会初月無料
30日間無料
レンタル
レンタル
初回登録時
ポイントなし
30日間無料
購入
購入
現在提供中のサービスはありません。

※表は横にスクロール可能です。
※TSUTAYA DISCASには初回登録時のポイント付与はありません。

とにかく簡単に登録したい

ディズニープラスでは「スターウォーズ」シリーズを全作見放題配信中!

ディズニー作品が月額990円で見放題になるディズニープラス。映画全シリーズを字幕・日本語吹き替えともに「スターウォーズ」全作を見放題で視聴することができます。 本サービスでは正史が描かれた実写映画の他に、2008年放送のアニメ『スター・ウォーズ:クローン・ウォーズ』をはじめとするスターウォーズアニメシリーズも配信中。 本編映画だけでなく、スピンオフまで配信している唯一のサービスであるため、「スターウォーズ」をまるごと楽しみたい人には最もおすすめのサービスです。

とにかく簡単に登録したい

映画「スターウォーズ」シリーズ全作を公開順でチェック!

公開順 今すぐ 観る
1 「エピソード4/新たなる希望」
1977年
ディズニープラス
2 「エピソード5/帝国の逆襲」
1980年
ディズニープラス
3 「エピソード6/ジェダイの帰還」
1983年
ディズニープラス
4 「エピソード1/ファントム・メナス」
1999年
ディズニープラス
5 「エピソード2/クローンの攻撃」
2002年
ディズニープラス
6 「エピソード3/シスの復讐」
2005年
ディズニープラス
7 「エピソード7/フォースの覚醒」
2015年
ディズニープラス
8 「エピソード8/最後のジェダイ」
2017年
ディズニープラス
9 「エピソード9/スカイウォーカーの夜明け」
2019年
ディズニープラス

※配信状況は11月25日時点のものです。

もっとハマりたい人はスピンオフもチェック!

メインストリームを補完する物語として、スピンオフ作品が3作公開されています。正史であるエピソード1から9までをチェックした人はスピンオフも視聴して、より「スターウォーズ」の世界観に浸りましょう。

公開順 今すぐ 観る
1 『スター・ウォーズ/クローン・ウォーズ』
2008年
ディズニープラス
2 『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』
2016年
ディズニープラス
3 『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』
2018年
ディズニープラス

※配信状況は11月25日時点のものです。

U-NEXTでは「スターウォーズ」シリーズをレンタル配信中

U-NEXTでは、映画「スターウォーズ」シリーズの動画を、字幕・日本語吹き替えともにレンタル配信しています。本サービスは31日間の無料トライアル期間を実施しており、期間中に600円分のポイントがもらえます。 そのポイントを使用して、「スターウォーズ」シリーズの内、最大4作品を視聴することが可能です。

31日間無料で楽しむ!

U-NEXTで配信中の作品を公開順にチェック

公開順 無料 で観る
1 「エピソード4/新たなる希望」
1977年
U-NEXT
2 「エピソード5/帝国の逆襲」
1980年
U-NEXT
3 「エピソード6/ジェダイの帰還」
1983年
U-NEXT
4 「エピソード1/ファントム・メナス」
1999年
U-NEXT
5 「エピソード2/クローンの攻撃」
2002年
U-NEXT
6 「エピソード3/シスの復讐」
2005年
U-NEXT
7 「エピソード7/フォースの覚醒」
2015年
U-NEXT
8 「エピソード8/最後のジェダイ」
2017年
U-NEXT
9 「エピソード9/スカイウォーカーの夜明け」
2019年
U-NEXT

※配信状況は11月25日時点のものです。

Amazonプライム・ビデオでは「スターウォーズ」をレンタル配信中

Amazonプライム・ビデオでは、「スターウォーズ」シリーズの動画を1作品199円でレンタル配信しています。字幕版か、日本語吹き替え版か視聴したい方法でレンタルしましょう。 本サービスでは動画のダウンロード機能があり、好きな時に動画を視聴することができますよ。

「スターウォーズ」シリーズの見どころ

見どころ①:壮大な音楽と斬新な映像!大画面スクリーンで観るのがおすすめ

「スターウォーズ」シリーズの見どころと言えば、テーマソングを含めたその壮大な音楽と斬新な映像にあります。音楽では、巨匠であるジョン・ウィリアムズが作曲したテーマソングがとりわけ有名で、映画音楽の世界ではクラシック化しています。 また、「スターウォーズ」の続三部作などはデジタル技術を駆使して、圧倒的な映像を作り上げることに成功しました。壮大な音楽と圧巻の映像美を楽しむには、大画面スクリーンで観るのがおすすめ!

見どころ②:作品を追うごとに伏線が回収されるストーリー

「スターウォーズ」シリーズが熱狂的なファンを魅了してやまないのは、作品を追うごとに示されている伏線が回収されていくからです。長い年月を経てから、新たに分かるような作りになっているので、往年のファンほど楽しむことができる作りになっているから見事と言うしかありません。 続三部作でも伏線が提示されていましたが、回収されていきます。例えば、レイはパルパティーンと関係性があるのではないかという伏線も、驚愕の事実によって回収されます。

とにかく簡単に登録したい

「スターウォーズ」シリーズって結局どういう順番で観るべき?

「物語の伏線に気がつくことができる」「リアルタイムでシリーズを追ってきたファンの感動が味わえる」などの理由から、初見の人には「スターウォーズ」は公開順で観るのをおすすめします。伏線も順を追って回収されていくので、より物語を楽しむことができます。 ただし、シリーズを何回も観ている人は時系列順でも構いません。時系列に沿って観ていくと、ストーリー展開も自然な流れとなり、作品をより理解できるでしょう。

「スターウォーズ」各シリーズのあらすじをチェック!

『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』(1977年公開)のあらすじ

スターウォーズ エピソード4,新たなる希望、オビ・ワン・ケノービ
©LUCASFILM/WALT DISNEY TELEVISION/Photofest/Zeta Image

1977年に公開された映画『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』。 砂漠の惑星タトゥイーンで叔父叔母と暮らすルーク・スカイウォーカー。血気盛んで若いルークは平凡な暮らしを抜け出しアカデミー(帝国士官学校)に入学したいと叔父に頼みますが、農場の手伝いをしてほしい叔父は反対します。 ある日ルークは、R2-D2とC-3POという2体のドロイドを購入することに。R2-D2の修理中、突然映像が流れます。それは惑星オルデランの姫、レイアからのSOSのメッセージでした。ジェダイ・マスターのオビ=ワン・ケノービ、荒くれ者のパイロットであるハン・ソロと共に、ルークは銀河を救うために旅立ちます。

『スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲』(1980年公開)のあらすじ

『スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲』マーク・ハミル、ヨーダ
© LUCASFILM/zetaimage

1980年に公開された映画『スターウォーズ エピソード5/帝国の逆襲』。 惑星を消滅させる力を持つデス・スターを見事大破したルークたち反乱軍。氷の惑星ホスに逃れそこに基地を作ります。一方ダース・ベイダーはいずれ帝国の脅威となるルークを見つけ出すべく、銀河系の各地に調査用ドロイドを大量に放っていました。ドロイドに居場所を突き止められた反乱軍は帝国軍の奇襲に立ち向かいます。

『スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還』(1983年公開)のあらすじ

『スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還』ルーク・スカイウォーカー(マーク・ハミル) ダース・ベイダー(セバスチャン・ショウ)
©LUCASFILM/zetaimge

1983年に公開された映画『スターウォーズ エピソード6 ジェダイの帰還』。 前回で囚われの身となったハン・ソロを救うべく、ルークたちは犯罪王ジャバ・ザ・ハットの宮殿に侵入します。修行を積み立派なジェダイ騎士となったルークはハン・ソロの救出に成功。そして銀河には平和が訪れたと思われていましたが、帝国軍は再び第2デス・スターの建設を進めていて……。

『スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス』(1999年公開)のあらすじ

『スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス』パドメ・アミダラ/ナタリー・ポートマン
© LUCASFILM/zetaimage

1999年に公開された映画『スターウォーズ エピソード1 ファントム・メナス』。旧三部作(エピソード4~6)から時は遡り、舞台は共和国の政治が腐敗していた時代が舞台です。 ジェダイ・マスターであるクワイ=ガン・ジンと、弟子オビ=ワン・ケノービは危機に瀕していた惑星ナブーの女王アミダラを救出。その後惑星タトゥイーンで9歳の少年アナキン・スカイウォーカーと出会います。

『スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃』(2002年公開)のあらすじ

『スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃』
©︎ LUCASFILM\WALT DISNEY STUDIOS / All Star Picture Library / Zeta Image

2002年に公開された『スター・ウォーズ エピソード2 クローンの攻撃』は、『スター・ウォーズ エピソード1 ファントム・メナス』より10年後の物語です。 元ジェダイのドゥークー伯爵は分離主義勢力を設立、共和国とは緊張状態に。元老院議会に出席するために惑星コルサントを訪れたパドメ・アミダラ元老院議員は、そこで幼い頃に出会ったアナキン・スカイウォーカーと再会します。

『スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐』(2005年公開)のあらすじ

スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐
©LUCASFILM

2005年に公開された映画『スターウォーズ エピソード3 シスの復讐』。 前作から3年後、元老院最高議長パルパティーンが誘拐される事件が起こります。オビ=ワン・ケノービとアナキン・スカイウォーカーは、パルパティーン救出のため旗艦インビジブル・ハンドに突入。ジェダイ騎士として力をつけてきたアナキンはジェダイ・マスターへの昇格を望みますが、師オビ=ワンはそれを認めず……。

『スター・ウォーズ エピソード7/フォースの覚醒』(2015年公開)のあらすじ

『スター・ウォーズ フォースの覚醒』 ジョン・ボイエガ
© 2015 Lucasfilm

シークエンス(後日譚)第1弾として2015年に公開された映画『スターウォーズ フォースの覚醒』。時間軸は『スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還』の30年後です。 最高指導者スノークの元で、銀河帝国軍の残党「ファースト・オーダー」が結成。姿を消してしまったルーク・スカイウォーカーの手掛かりとなる地図を託されたドロイド、BB-8が惑星ジャクーで主人公レイと出会うことから物語は始まります。

『スター・ウォーズ エピソード8/最後のジェダイ』(2017年公開)のあらすじ

スター・ウォーズ 最後のジェダイ レイ
©︎LMK

シークエンス(後日譚)第2弾で2017年に公開された映画『スターウォーズ 最後のジェダイ』。 「ファースト・オーダー」とレイア率いる新共和国軍の衝突は激化していました。行方不明になっていたルーク・スカイウォーカーは発見され、レイはその元でジェダイになるべくフォースの修行をすることに。

『スター・ウォーズ エピソード9 スカイウォーカーの夜明け』(2019年公開)のあらすじ

スターウォーズ スカイウォーカーの夜明け、ジャナ
© Walt Disney Studios Motion Pictures/zetaimage

シークエンス(後日譚)第3弾で、スカイウォーカー家の最後の物語として2019年に公開された映画『スター・ウォーズ エピソード9/スカイウォーカーの夜明け』。 前作「最後のジェダイ」の戦いから1年後、レイア率いるレジスタンスはファーストオーダーとの最終決戦に備え準備をしていました。 一方カイロ・レンはある惑星に向かい、そこで死んだと思われていたパルパティーンと出会います。

旧三部作(エピソード4~6)主要キャスト一覧

ルーク・スカイウォーカー/マーク・ハミル

ルーク・スカイウォーカー
© & TM Lucasfilm Ltd. COPYRIGHT_NOTICE: © & TM Lucasfilm Ltd. WRITER_EDITOR:

旧三部作の主人公。師匠オビ=ワン・ケノービとヨーダの元で、ジェダイ騎士になるべく修行を積みます。正義感が強くダークサイドに打ち勝つ強い心を持っています。 演じたのは当時映画出演の経験がゼロだったマーク・ハミル。監督のジョージ・ルーカスは、俳優の印象が作品よりも強くなってしまうのを防ぐために、あえて有名ではない俳優をキャスティングしたそうです。

ハン・ソロ/ハリソン・フォード

「スター・ウォーズ」 ハン・ソロ(ハリソン・フォード)
©LUCASFILM/zetaimge

ハン・ソロは密輸業をして生活している無法者であり名パイロットです。ルークと出会ったことによって、帝国軍に立ち向かうことに。一匹狼キャラですが、憎まれ口を叩きつつもルークを助けてくれます。 演じたのはハリソン・フォード。彼も当時は無名でしたが、その後「インディ・ジョーンズ」シリーズや『ブレードランナー』など数々の名作映画で主演を務めるようになりました。

レイア・オーガナ/キャリー・フィッシャー

『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』C-3PO、レイア姫
© LUCASFILM/zetaimage

惑星オルデランの姫。物語が進むにつれて本当の出生が明らかになります。性格は気が強く度胸があり聡明です。ハン・ソロと何かと衝突しながらも徐々にお互い惹かれていきます。 演じたのはキャリー・フィッシャー。彼女は女優の他にスクリプト・ドクター(脚本監修)としても活動。2度の離婚、薬物中毒など波乱の人生を送り2016年12月に息を引き取りました。

オビ=ワン・ケノービ(ベン・ケノービ)/アレック・ギネス

『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』アレック・ギネス
© Lucasfilm Ltd./Twentieth Century Fox Film Corp./zetaimage

ルークを導くジェダイ・マスター。レイアからのメッセージに応じるために、ルークとハン・ソロと共に惑星オルデランを目指します。 演じたのはアレック・ギネス。プリクエル(前日譚)であるエピソード1~3ではユアン・マクレガーが若き日のオビ=ワンを演じました。

R2-D2

C-3PO、R2-D2『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』
© LUCASFILM/zetaimage

宇宙船や電子機器のオペレートを主に司るアストロメク・ドロイド(画像右)。その愛らしい姿から、最も関連商品化されたキャラクターです。

C-3PO

『スター・ウォーズ エピソード5/ジェダイの帰還』アンソニー・ダニエルズ(C-3PO)
©LUCASFILM/zetaimage

プロトコル(儀礼・通訳用)ドロイド。600万を越す宇宙言語や暗号、各種族の儀礼の知識を持っています。

ダース・ベイダー

『スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲』ダース・ベイダー
©Lucasfilm, Ltd.Zeta Image

銀河帝国軍の指揮官。邪悪なパルパティーン皇帝に仕え、反乱軍を滅ぼそうとします。仲間であるはずの帝国軍の人間からは妖しい術を使う者として疎まれています。不気味な呼吸音と登場シーンに流れる音楽は誰もが知っているほど有名です。

新三部作(エピソード1~3)主要キャスト一覧

アナキン・スカイウォーカー/ヘイデン・クリステンセン

スターウォーズ シスの復讐、ヘイデン・クリステンセン、アナキン・スカイウォーカー
©Supplied by LMK Media/zetaimage

プリクエルの主人公。非常に強いフォースの持ち主で、成長と共に力を伸ばしていきます。しかし上昇志向、過激な気性からジェダイマスターに昇格させてもらえず、だんだんと師オビ=ワン・ケノービや周りの者に不信感を募らせます。 演じたのはヘイデン・クリステンセン。撮影中は共演したナタリー・ポートマンと恋仲に。「スターウォーズ」カップルと騒がれましたが後に破局しました。

パドメ・アミダラ/ナタリー・ポートマン

『スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス』パドメ・アミダラ/ナタリー・ポートマン
© LUCASFILM/zetaimage

惑星ナブーの女王(国家元首)。美しい容姿と勇敢さを兼ね備えた聡明な女性で、民衆から慕われています。子供の頃に出会ったアナキンと再会すると、お互いに惹かれ合っていきます。 演じたのは映画『レオン』で映画史に残るヒロイン、マチルダを演じたナタリー・ポートマン。

続三部作(エピソード7~9)主要キャスト一覧

レイ/デイジー・リドリー

デイジー・リドリー
© 2015 Lucasfilm

シークエンスの主人公。廃品回収で生計を立てています。幼い頃に両親に捨てられ、砂漠の惑星ジャクーで孤独に暮らしていました。「ファースト・オーダー」に狙われるBB-8と出会うことによって宇宙へと旅立ち、敵であるカイロ・レンと戦うことに。 大抜擢されたのはデイジー・リドリー。女優としてのキャリアが浅いながらも、長年の「スターウォーズ」シリーズファンを納得させる魅力的な主人公を演じてくれました。

フィン/ジョン・ボイエガ

スター・ウォーズ 最後のジェダイ フィン
© LFI/Avalon.red

元は「ファースト・オーダー」のストームトルーパー。罪のない村人たちを皆殺しにするのを初めて見た時、組織に疑問を持ち逃げ出すことを決意します。 演じたのはジョン・ボイエガ。彼もこれまでのキャストと同じく、本作に出演する前まではドラマや映画出演は数本のみでした。

カイロ・レン/アダム・ドライバー

スター・ウォーズ 最後のジェダイ カイロ・レン
© LFI/Avalon.red

かつての銀河帝国軍を引き継ぐ「ファースト・オーダー」の幹部。黒装束とマスクはダース・ベイダーを崇拝している証しです。 演じたのはアダム・ドライバー。演技派の俳優で、『ブラック・クランズマン』でアカデミー賞助演男優賞にノミネートされました。

最新作の公開は2023年12月!それまでに全作復習しよう

「スターウォーズ」シリーズは最新作となる映画をもう制作している段階で、公開は2023年12月予定となっています。これまでのスカイウォーカー家の物語は終わり、最新映画ではパイロットに主眼を置いた新たな物語が始まります! 監督を務めるのは、パティ・ジェンキンス。『ワンダーウーマン』で高い評価を獲得した女性監督ならではの手腕にはぜひ期待したいところです。最新映画が公開される日までに、全作品を復習しておきましょう!

「スターウォーズ」シリーズの口コミ・レビュー

吹き出し アイコン

全世界で愛されてるだけあって、世界観の作り込みが完璧。設定も細かいし、ストーリー自体も哲学的。子どもの時も、大人になった今も、いつ観てもワクワクするし楽しめます。

(30代男性)

吹き出し アイコン

初期作品の手作り感が逆に良い!着ぐるみで異星人を表してたり、ミニチュアで宇宙船作ってたり……。とにかく雑なんだけど、CGに慣れた今だからこそ笑えるしなんか可愛く見える。

(20代女性)

動画配信サービスで「スターウォーズ」シリーズを全作視聴しよう!

2019年12月、ついに『スター・ウォーズ エピソード9/スカイウォーカーの夜明け』が公開され、2020年4月から動画配信が開始されました。 動画配信サービスで「スターウォーズ」シリーズを一気に楽しみましょう!

とにかく簡単に登録したい