2020年5月21日更新

映画『怒り』のフル動画を無料視聴する方法 ネタバレ厳禁の邦画をパンドラより安全に

映画『怒り』 配信記事 サムネイル

吉田修一の同名小説を原作とし、渡辺謙主演で劇場公開された『怒り』。3つの物語が複雑に絡み合うサスペンス映画である本作の、あらすじや見どころ、無料で視聴する方法を紹介します。

目次

映画『怒り』のフル動画を無料視聴する方法

実際の事件をきっかけにして書かれた吉田修一の小説『怒り』。その小説を原作とした映画『怒り』は、東京、千葉、沖縄のそれぞれに現れた素性が謎の男たちと、その周辺の人々との関係を描いた緊張感溢れるサスペンス映画です。 この記事では本作のあらすじや見どころ、無料で視聴することができる動画配信サービスについて紹介します。

『怒り』のフル動画を配信中のサービス一覧

映画『怒り』はU-NEXTをはじめとする上記のサービスで配信中です。4つのサービスでは初回体験を利用することで無料で視聴可能! ここからは本作を無料で視聴できるU-NEXTとTSUTAYA TV/DISCASについて紹介します。

U-NEXTでは動画を見放題で配信中!【無料で視聴可能】

映画『怒り』はU-NEXTで見放題配信中。 初回体験に登録すると、キャンペーン期間の31日間無料で見放題作品を鑑賞できます。もちろん本作も、初回無料体験期間内であれば手出しなしで視聴できますよ。

渡辺謙が出演している関連作品

■映画『インセプション』 ■映画『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』※ポイント作品 ■映画『バットマン ビギンズ』 ■映画『陽はまた昇る』

宮崎あおいが出演している関連作品

■映画『世界から猫が消えたなら』 ■映画『舟を編む』 ■映画『ソラニン』 ■映画『ツレがうつになりまして。』

妻夫木聡が出演している関連作品

■映画『奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール』 ■映画『渇き。』 ■映画『ジョゼと虎と魚たち』 ■ドラマ『オレンジデイズ』

TSUTAYA TV/DISCASでも無料で『怒り』が観られる

TSUTAYA TV/DISCASでも映画『怒り』を無料で視聴することができます。 TSUTAYA TVの場合は、初回無料体験登録時に付与されるポイントを利用することで無料で視聴可能。TSUTAYA DISCASの場合はDVDでの視聴になり、本作は旧作なので見放題扱いになっています。

dailymotionやパンドラでの動画視聴をおすすめしない理由

違法 ダウンロード フリー画像

映画『怒り』をインターネット上で無料試聴する方法はいくつかあり、dailymotionやパンドラといった動画配信サイトもそのうちのひとつです。 しかし、これらのサイトは不法にアップロードされた動画も扱っていて、違法動画の視聴は多くのリスクが伴います。コンピューターウィルスに感染したり、大事な個人情報が流出したりするのです。 本作の視聴には、本記事で紹介する動画配信サービスを使用することをおすすめします。

映画『怒り』のあらすじ【ネタバレなし】

八王子で起きた、血で「怒」と記された殺人事件の発生から1年。千葉、東京、沖縄に3人の男が現れます。3人の男の過去はいずれも謎に満ちていましたが、それぞれの周囲の人々は、戸惑いながらも彼らとの絆を築いていきます。 ある日、ニュースで流れた八王子殺人事件の続報。犯人のモンタージュ写真が公開されたことで、3人の男たちの周囲の人々は、彼らこそが殺人犯なのではないかと疑いを抱き始めます。

主な登場人物&キャスト

槙洋平/渡辺謙

渡辺謙は、娘の恋人となった謎の男・田代に対して殺人犯なのではないかという疑念に取り憑かれる槙洋平を演じました。 渡辺謙は1987年の大河ドラマ『独眼竜政宗』で主演を務め、大河ドラマ史上最高となる視聴率を叩き出しました。1989年に白血病を患い闘病生活を続けていましたが、1995年に俳優業に復帰。様々な大作の主演を務め、日本を代表する俳優のひとりとなりました。 また、海外作品での出演も多数あり、2007年の米アカデミー賞でプレゼンターを務めるなど、世界を舞台にして活躍する名優です。

槙愛子/宮崎あおい

宮崎あおいが演じた槙愛子は、洋平の娘でふらりと現れた素性の知れない男・田代に恋をします。しかし、愛した人が殺人犯ではないかと不安になっていくという複雑な役どころ。 2005年に中島美嘉とともに主演を務めた映画『NANA』が大ヒットし、一躍スターに。その後も22歳にして大河ドラマ『篤姫』の主演を務めるなど、注目を集めてきました。夫はV6の岡田准一です。

田代哲也/松山ケンイチ

八王子の夫婦殺害事件の容疑者として、周囲から疑いの目を向けられる田代哲也を演じたのは松山ケンイチです。 松山ケンイチは、2006年の『デスノート』で探偵L役を演じて以来、個性的な役柄を次々に演じています。しかし、不思議と特定の役柄のイメージが定着せず、カメレオン俳優的な面も。演技に対する姿勢はストイックそのもので、今後の活躍も期待されています。

ネタバレ厳禁!映画『怒り』の見どころ

吉田修一原作による骨太サスペンス!

原作者である吉田修一は、『怒り』の執筆のきっかけが実際に発生したある殺人事件であったことを、映画情報サイト「シネマトゥデイ」で語っています。それだけに、自分の隣人が実は殺人犯かもしれない、という恐ろしいリアリティを持った物語には、否応無く引き込まれてしまいます。 物語の終着点はどこになるのかという脚本も秀逸で、視聴前にはネタバレを極力避けることをおすすめします。

豪華俳優陣の鬼気迫る演技

本作に出演した俳優陣は、ひとりひとりが主役級の実力を持つ豪華な顔ぶれ。本作のタイトルにもなっているそれぞれの「怒り」という感情を、俳優陣がどう表現していくのかが大きな見どころのひとつです。 特に妻夫木聡と綾野剛は、ゲイカップルという役どころを演じていますが、私生活でも関係性にリアリティを持たせるために同棲するという徹底っぷりでした。

レビューを紹介

Ryosuke_Ohba
Ryosuke_Ohba 4.5

凄いエネルギー。2016年下半期最も観るべき映画は本作でしょう。『69』『フラガール』『悪人』といった良質な映画を撮ってきた李相日監督の最高傑作です。 しかし、上半期ナンバーワン邦画『ちはやふる』から続き広瀬すず出演作というのは凄いですね。去年の『海街diary』から考えると驚異の打率です。『四月は君の嘘』は滑ってましたが、来年公開の『チア☆ダン』にも期待が高まります。 何はともあれ、この映画を観ずに2016年の邦画は語れないでしょう。是非劇場で。

skr_icj
skr_icj 4

疲れた...一瞬も目が離せなかった。境遇から作り上げられる価値観、疑惑に囚われ日常がゆっくりと崩れていく様子、犯人がわかるまでの緊張感。一度疑ってしまった愛するひとを信じることの難しさと、そのせいでかけがえのないものを失う絶望感。私だったら、誰を信じ抜くことができるのだろうか。感情があちこちから滝のように流れ込んできてくらくらした。再生で終わったから、少し救われた気分。やっとちゃんと呼吸できる。

Yoshie_Ito
Yoshie_Ito 5

監督 李相日(悪人、フラガール) 最高。 森山未來の狂気を感じる演技、秀逸。 観るたびに田中への怒りが沸くんだけど、 暴れ狂うシーンは気持ち良いぐらいに暴れてくれるので やっぱり森山未來のキレシーンは好きだ!いつもワンパターンだけど、それがイイ。 話しの質量が大きくて ついて行けなかったり、抱えられなかったり、向き合えなかったりと、色々な気持ちが重なりすぎて忙しいです。映画3本分見た様な感覚。 なので、1週間もしないうちにまた観ました。2回観ました。 オススメしたいです、観ようかなぁと気になっている方は迷わず絶対に観てほしい。 私が責任取るyo 見た後は観た人同士で話し合うのが良いです。絶対盛り上がる! あ、あと上映中周り見渡してみたら口あんぐりポカーンってしてる人多過ぎて笑った。 #ネタバレ

Riho
Riho 4

『悪人』は、原作好きで映画も好きで。『怒り』も原作好きで、私としてはリーチ!という気持ちで期待していました。 良かったです、すごく。物語としてすごく好きだし、俳優陣もそうそうたる…なので、良くないわけがないとは思ってたけど。 役作りではなく、”剝ぎ取る”と表現する李監督。まさに、そんな剥き出しの人間の物語でした。 役者さんの一瞬一瞬が見逃せません。観る方も結構気合いいります(笑)私は言葉すくなで、あれだけ魅力的な人を演じた綾野剛がとくに素敵だと思いました。。 一瞬、「宮崎あおい7キロ太ってこれかぁ…(羨ましい)」という余計な感情が挟まりましたが。。

この作品も無料で観られる!おすすめの類似作品

骨太サスペンス映画『64 -ロクヨン- 前編 』

『怒り』の吉田修一同様、実力派の大御所作家・横山秀夫の長編小説が原作の映画「64 ロクヨン」。昭和最後の年に起こった、ある誘拐事件に関わった刑事たちの執念を描いている映画です。 前編・後編に分かれる壮大な規模の作品となっていて、こちらも緊張感あふれる骨太のサスペンスを楽しむことができます。 サスペンス好きな人におすすめな作品です。

U-NEXTで視聴可能!李相日監督作品 映画『フラガール』

昭和40年、閉鎖を目前に控えた炭鉱の街を救うべく立ち上げられた常盤ハワイアンセンター。そこで、街の人々にフラダンスを教えるためにやってきた女教師の苦闘が描かれています。 本作の監督である李相日(イ・サンイル)監督による映画作品。本作は、日本アカデミー賞を5冠受賞するなど高い評価を得ました。実話を基にした感動作で、李相日監督の引き出しの多さを伺うことができます。 見ごたえのある作品が好きな人におすすめです!

映画『怒り』の原作者×監督タッグ作品!

映画『悪人』は、ある殺人事件の容疑者とされる男と、彼に惹かれる女性の逃避行を描いた作品。映画『フラガール』と同じく李相日が監督を務めました。映画『怒り』の原作・吉田修一と監督・李相日のタッグ作品です。 吉田修一による原作は200万部を超える大ベストセラー作品。本作では、『怒り』でも出演している妻夫木聡が主演を務めています。 『怒り』とは、全く異なる雰囲気の役柄を演じた妻夫木聡にも注目です。

映画『怒り』のフル動画は配信サービスを活用して視聴しよう

映画『怒り』のあらすじや登場人物、動画配信サービスについて紹介しました。極上の骨太ミステリー作品を、ぜひ配信サービスを使って無料で観ましょう!