2020年7月22日更新

映画「ジュラシック・パーク」シリーズのフル動画を無料視聴できる配信サービスまとめ【1〜5まで】

ジュラシックワールド2 炎の王国
©︎Universal Pictures

1993年に公開されて以降5作まで製作され、全世界で大ヒットした映画「ジュラシック・パーク」シリーズ。本記事では、2021年の第6作公開に伴い、これまでのシリーズを視聴できる動画配信サービスについて紹介します。

目次

映画「ジュラシック・パーク」シリーズのフル動画を無料視聴できる配信サービスは?【1〜5まで】

配信サービス 配信状況 無料期間

見放題

31日間無料
ロストワールド/ジュラシックパーク ゼータ
©UNIVERSAL

スティーブン・スピルバーグ監督が全シリーズにわたり、監督または製作総指揮に携わっている映画「ジュラシック・パーク」シリーズ。 日本国内では、第4作目『ジュラシック・ワールド』だけで累計興収95億円を突破するなど、新しい作品が公開されるたびに大ヒットを記録しています。 本シリーズは、誰もが夢みる恐竜が実在する世界、手に汗握るスリルとアクションなど、見どころ満載な作品です。本記事では、本シリーズを視聴できる動画配信サービスについて紹介していきます。

映画「ジュラシック・パーク」シリーズのフル動画を配信中のサービスまとめ

U-NEXT amazon
プライム
ビデオ
Hulu dTV TSUTAYA
DISCAS
ビデオ
マーケット
FOD
プレミアム
ディズニー
プラス
1990円/月
31日間無料
455円/月
30日間無料
933円/月
14日間無料
500円/月
31日間無料
1,865~円/月
30日間無料
980円/月
入会初月無料
888円/月
2週間無料
700円/月
31日間無料
おすすめ度
今すぐ観る

今すぐ観る

今すぐ観る

今すぐ観る

今すぐ観る

今すぐ観る
- -
映画
ジュラシックパーク
定額
見放題
定額
見放題
定額
見放題
定額
見放題
DVD
レンタル
レンタル - -
映画
ジュラシックパーク2
定額
見放題
定額
見放題
定額
見放題
定額
見放題
DVD
レンタル
レンタル - -
映画
ジュラシックパーク3
定額
見放題
定額
見放題
定額
見放題
定額
見放題
DVD
レンタル
レンタル - -
映画
ジュラシックワールド
レンタル 定額
見放題
定額
見放題
定額
見放題
DVD
レンタル
レンタル - -
映画
ジュラシックワールド 炎の王国
レンタル レンタル - レンタル DVD
レンタル
レンタル - -

※配信状況は7月15日時点のものです。

映画「ジュラシック・パーク」シリーズは、5つの動画サービスで配信されています。U-NEXT、Hulu、amazonプライムビデオ、dTVでは、本シリーズの動画を見放題作品として配信中です。 次の項目では本シリーズをお得に視聴可能な、U-NEXTとamazonプライムビデオのサービス内容について解説します。

U-NEXTで映画「ジュラシック・パーク」シリーズのフル動画を視聴する【一部無料/1~5作配信中】

U-NEXTでは、映画「ジュラシック・パーク」全シリーズの動画を配信しています。1作目から3作目までは見放題作品として視聴可能、4・5作目は330円でレンタル配信中です。 本サービスの初回入会時に、600円分のポイントをもらえるので、そのポイントを使い1作品無料で視聴できます。

amazonプライムビデオで映画「ジュラシック・パーク」シリーズのフル動画を視聴する【無料】

amazonプライムビデオでは、「ジュラシック・パーク」全シリーズの動画を配信中。 本サービスの無料トライアル期間を使って、シリーズを無料で視聴することができますよ!

合わせて観たい!おすすめ関連作品を紹介!

スティーブン・スピルバーグ監督が描くVRを使ったSFアドベンチャー『レディ・プレイヤー1』

『レディ・プレイヤー1』タイ・シェリダン
©︎WARNER BROS./zetaimage

映画『レディ・プレイヤー1』は、アーネスト・クラインの小説『ゲームウォーズ』を実写映画化した作品です。本作では、VR世界「オアシス」の謎を解き、富と名声を得ようとするプレイヤーたちのバトルが描かれています。 作中には、海外だけでなく日本のゲームやアニメのキャラクターが登場するので、どんなキャラクターがいるか発見する楽しみ方もありますよ。

恐竜たちがLAの街で大暴れ!『ジュラシック・シティ』

凶暴な恐竜が暴れまわる姿をもっと見たい!という方におススメなのが映画『ジュラシック・シティ』です。本作では、人類と恐竜との壮絶な闘いを描いたSFバトル・アクションが展開されます。 作中では、実験で隔離されていたティラノザウルスなどの恐竜たちが、ロサンゼルスの街を破壊し、パニックに。この事態に、人類はどう恐竜に立ち向かうのでしょうか……? 映画『X-MEN ファースト・ジェネレーション』のレイ・ワイズ、映画『ヒート』のケヴィン・ゲイジなど、豪華なキャストの鬼気迫る演技にも注目してください!

ディズニーが贈る恐竜映画『ダイナソー』

6500万年前の白亜紀に生きた恐竜たちの世界の物語を綴った、ディズニーのCGアニメーション映画『ダイナソー』。 本作は、恐竜たちが人間のように話すことができ、1頭の草食恐竜を主人公に、恐竜たちが楽園を求めてい旅をするストーリーが描かれています。 実写の背景に、CGの恐竜たちを見事に合成し、違和感なく観ることができる映像クオリティーの高さに驚くことでしょう。

「ジュラシックパーク」シリーズの評価は?

映画『ジュラシック・パーク』

southpumpkin
southpumpkin 4.5

言わずと知れた名作映画ですがやはり本作が最高。『ジュラシック・ワールド』は本作へのオマージュが多いらしく大変期待できます。 凄まじい恐竜への愛です。主人公たちみんなが子どものように目をキラキラと輝かせて登場し、恐竜をみて「わあ〜〜」ってやります。そしてそのあと恐怖の対象へと変わり、愕然とする。まさに理系あるあるですよね。科学って面白い!と小学生に散々教えたあと、大学に進んで地獄を見るってわけです。こうして理系人間は育っていくんだなあ、と思います。現実はそんなに甘くない。 B級映画的パニック映画とも言えるのですが、本作はそのテクニックが冴えまくっていると思います。個人的に一番好きなのは子ども二人が厨房で恐竜たちに追われるところ。あの恐竜視点の股抜きカット最高じゃないですか?何も考えずに見てもハラハラできる。

映画『ジュラシック・パークⅡ』

mazda620
mazda620 1.5

化石になった恐竜を復活させたジュラシックシリーズ、残念な感じでおなじみの2作目。 1よりもパワーアップした点を言うならば登場人物のおばかぐらい。どんだけ学習能力ないんだろう、これを言ったら映画にならないのをわかったうえであえて言うけれど命よりお金という腐りきった心が本作は全開にでてるせいで、1はまだよかったんだけど、とにかくその苛立ちのわきかたが尋常じゃない。 研究なんて可愛いものじゃない、動物虐待にしかみえなくてただただ辛い。このロストワールドのロストは命や生き物を大切にする心を失った現代人間の世界って意味じゃないの?とかいう勝手な解釈に走るほどごめんなさいな映画。 とくにあれだけ仲間が死んでおきながら、Tレックス親子を街に連れてくるってああなんてバカなの、、ってあきれて目を覆いたくなるほど。きもちの問題で既に低評価だけどクオリティもとても高いとは私には思えなくて、バックにビルの夜景のTレックスなんて安っぽさ以外の何ものでもなかったように思う。恐竜が街歩きまわったら面白そうの好奇心もプロなんだからもっと本気でやってもらわないとやってることは斬新でしょ的なノリのごまかしに思える。 なんかなしクオリティが高かったとしても、なんて残念な人間たちなんだろうというマイナスなきもち以外なにも残らない作品には変わりない。おバカな人間たちを描いたうえでこの映画の言いたいことや良さをいかせればよかったのではと思う。 1作目に引き続き動物を想えないあほうは全員食われろというのを楽しみに観ているのに思っていたよりやられないのでそれもマイナス理由のひとつ。主人公達さえも恐竜の怖さ完全になめくさってて、Tレックスにも母性本能があったんだ!とか何当たり前なことを言ってるんだよ、、とちょっとあきれてしまいました。

映画『ジュラシック・パークⅢ』

southpumpkin
southpumpkin 3.5

【2012年9月14日】 封鎖された恐竜島に再び博士が現れます。 パニック映画の中では多分一番好きです。もともとパニック映画はなんだか敵が殺人マシーンみたいに人間を吹っ飛ばして行きますが、この映画での恐竜たちはまあそりゃあ中には殺人マシーンも居ますが、温厚で首の長い大きな恐竜さんもでてくるのでちょっと救いがあり、同時にやっぱ人間の方が10:0で悪いじゃん・・って思わせます。なかなか楽しく観ることができます。 最後のシーン。生き残った皆様は安堵の表情で「ほらみて、あの恐竜たちはどこへ・・」なんて言っていますが、彼らは死んでいった仲間たちのことを少しでも良いので思い出して欲しいです。博士も微笑んでるんじゃないですよアンタ 【再鑑賞】 少なくとも2よりは面白いです。パニック映画に振り切れてて良い。

映画『ジュラシック・ワールド』

southpumpkin
southpumpkin 4

物語がチープ、という批判は聞いていましたが、むしろ今まで旧三部作の何を観ていたのでしょうか。『ジュラシック・パーク』でさえもそれほど凝ったストーリーはなかったように思います。傑作『ジュラシック・パーク』は撮影におけるアイディアにおいて抜きん出た作品でした。恐竜の股抜きカットは忘れられません。対して本作はその点を映像の大迫力でカバーしています。逆に言えば映画館で観なければこれほどまでの高評価には繋がらないのでは、と考えます。 『ジュラシック・パーク』の偉大な功績をほとんど消費しなかった2,3に比べ、本作の熱いリスペクトには思わず観入ります。そもそも主人公に子ども二人(今回は年の離れた兄弟でしたが)を配置する辺り、パークをやる気まんまんということです。 オマージュといえば頭上から血がポタポタには手を叩いて喜びましたが、大好きな恐竜股抜きカットが見落としていなければなかったかと思うので残念。 以下ネタバレ Tレックス登場には大興奮しました。涙が出そうなりました。僕たち(少なくとも旧作のファン)はTレックスの登場を期待(あるいは無意識のうちに)していたことをあの瞬間に確信します。子どもが歯の数を「多い…」と漏らしたあの瞬間、「Tレックスを連れてこよう!!」と考えた伯母の視点は観客からのものになったのです。僕はあれを「第4の壁の破壊」と捉えます。つまり「最初からTレックス呼んでくればよかったんじゃねえ…?」という感想は野暮of野暮!旧作観て出直して来い!ということです。

映画『ジュラシック・ワールド/炎の王国

southpumpkin
southpumpkin 2

『ジュラシックワールド』の事故から数年。島では火山が噴火し恐竜たちが絶滅の危機に。主人公たちは恐竜を救うべく島へ再び向かうが…。 脚本が破綻していると思います。中盤以降で主人公たちの目的が迷子(あるいは不明確)になっているのが致命的です。すぐに然るべき機関に連絡して恐竜たちを助けるべきだったのに、主人公達による理解しがたい選択により、恐竜と人間にとって最悪の結末になってしまいました。想像を絶するバッドエンド。結局主人公たちが何をしたのか、何をしたかったのかよくわからないのです。最後険しい顔をしていますが、多分僕の方が険しい顔をしていました。 もっと星を下げてやろうかと思ったのですが、むしろ2で踏みとどまったのは見事な演出にあります。ある種シリーズへのファンムービーのようになっていた前作から一転、本作はホラー映画に近いレベルでの恐怖演出がてんこ盛り。点滅するライトに照らされる恐竜が徐々に近づいてくるのは結構怖い、そしてかっこいい。お子さんが怖くてかっこいい恐竜のことを好きになる映画としてはぴったりです。脚本はダメです。

映画「ジュラシック・パーク」シリーズのフル動画は配信サービスで無料視聴しよう!【1〜5まで】

ジュラシック・パーク
© Universal Pictures

以上、映画「ジュラシック・パーク」シリーズを視聴できる動画配信サービスについて紹介してきました。 迫力満点の恐竜に出会える興奮と、スリル満点な展開が見どころの本シリーズを、動画配信サービスを利用して、存分に楽しんでみてはいかがでしょうか?