2021年8月24日更新

実写映画『美女と野獣』を無料で視聴できる配信サービスを紹介!あらすじやキャスト情報も

美女と野獣
© Walt Disney Studios Motion Pictures

2017年に公開され世界的ヒットとなった実写映画『美女と野獣』。この記事ではディズニーの実写映画『美女と野獣』を観る方法について紹介。また、本作のあらすじやエマ・ワトソンはじめとする豪華キャストについてもお届けします。

実写映画『美女と野獣』を無料視聴できる動画配信サービスはこれ!

実写映画『美女と野獣』を無料で観るならDisney+がおすすめ!

実写映画『美女と野獣』(2017年)の動画は、Disney+で見放題配信されています。本作が見放題配信されているのはDisney+だけ!もちろん日本語吹き替え版・字幕版どちらも配信があるため、好きな方で視聴することが可能です。 ディズニープラスでは、ピクサー、マーベル、スターウォーズ作品などディズニー作品を幅広く配信中。アニメ版『美女と野獣』(1992年)や「美女と野獣」シリーズの多数作品も視聴できます。 ディズニー作品好きは押さえておきたい、動画配信サービスです。

実写映画『美女と野獣』の作品概要

公開年 2017年
監督 ビル・コンドン
メインキャスト エマ・ワトソン
ダン・スティーヴンス
ルーク・エヴァンス
ケヴィン・クライン

実写映画『美女と野獣』のあらすじ

発明家の父親と2人暮らしをしている主人公のベル。彼女は読書が大好きな教養のある女性でした。 ある日、遠くの町へ行商に行ったはずの父の馬が、父を乗せずに帰ってきます。異変を感じたベルは、馬に乗り父を探しに行くことにしました。 たどり着いたのは、森の中にある古城。父は、ベルへのお土産にとバラを1輪庭から抜き取った罪で牢に繋がれています。その城は恐ろしい野獣の住む場所でした。 ベルは父の身代わりを申し出て、城で暮らし始めます。そして、段々と野獣と親しくなっていくのですが……。

実写映画『美女と野獣』の登場人物&キャストを紹介

ベル役/エマ・ワトソン(吹き替え声優:昆夏美)

美女と野獣
©︎WALT DISNEY PICTURES

本作の主人公のベルは、読書が好きな心優しい女性です。 1輪のバラのために、野獣と暮らすことに。初めは怖がっていましたが、野獣の不器用な優しさや高い教養を感じ、彼に対する態度が変わっていきます。 演じているのは女優のエマ・ワトソン。「ハリー・ポッター」シリーズのハーマイオニー役で知られています。エマ・ワトソンはアメリカにある名門、ブラウン大学を卒業し、ベルと同じく才女としても有名です。 日本語吹き替えを担当しているのは、ミュージカル女優の昆夏美。国内のミュージカルに多数出演してる実力派です。

野獣役/ダン・スティーブンス(吹き替え声優:山崎育三郎)

美女と野獣
©︎WALT DISNEY PICTURES

野獣は、傲慢さが原因で魔女に呪いをかけられた王子。 かんしゃく持ちで荒々しく、初めはベルを怖がらせますが、2人は次第に親しくなっていきます。 演じているのはダン・スティーブンス。人気ドラマ「ダウントン・アビー」シリーズのマシュー・クローリー役で有名です。 日本語吹き替えを担当しているのは、ミュージカル俳優でタレントの山崎育三郎。日本のトップミュージカル俳優の1人で数々のミュージカルを主演しています。

ガストン役/ルーク・エヴァンス(吹き替え声優:吉原光夫)

ガストン、ルーク・エヴァンス『美女と野獣』(2017)
© Walt Disney Studios Motion Pictures/zetaimage

ガストンは、ベルに会うたびに求婚する乱暴でガサツな男。 見方によっては男らしく、村の女性たちからは人気があります。ガストンは、ベルにはいつも拒否されていますが、そんなベルを「恥ずかしがっている」と解釈するなど、スーパーポジティブで憎めないキャラクターです。 演じているのは俳優のルーク・エヴァンス。ファンタジー映画「ホビット」シリーズの弓の名人バルド役や、カーアクション映画「ワイルド・スピード」シリーズのオーウェン・ショウ役で知られています。 日本語吹き替えを担当しているのは、俳優の吉原光夫。劇団四季出身のミュージカル俳優で、日本国内で活躍するほか、声優としても幅広く活動しています。

実写映画『美女と野獣』の見どころ

見どころ①:実写で動くゆかいなお城の仲間たち

『美女と野獣』(2017)コグスワース、ポット夫人、ルミエール、プリュメット
© Walt Disney Studios Motion Pictures/zetaimage

1991年公開のアニメーション版では、道具となってしまった野獣の家臣たちの様々な活躍が描かれていました。そんな彼らは実写映画においても期待以上の活躍をしています。 実写化にあたって、よりリアルに、そしてより精巧で上品に仕上がった家臣たちは、美術品のように美しく見応えがあります。 時計のコグスワース、燭台のルミエール、ポット婦人たち家臣たちは、荒々しい野獣と怯えるベルの間にある距離を温かく縮めていきます。まさかのアクションシーンもあり、彼らから目が離せません。

見どころ②:蘇る名曲「美女と野獣」

アニメ版『美女と野獣』(1991年)といえば、美しい黄色のドレスを身につけたベルがボールルームで野獣とダンスを踊るシーンが有名です。 その有名なシーンは、実写映画版でもCG技術を駆使し美しいシーンに仕上がっています。 ポット婦人の歌う名曲「美女と野獣」に合わせて踊る2人の美しさは、映画史に残る名シーンといえるでしょう!

実写映画『美女と野獣』の動画は配信サービスで無料視聴しよう【吹替/字幕】

結論

調査した結果、『美女と野獣』は5つのサービスで配信されていました。その中で1番おすすめのサービスはディズニープラスです。ディズニープラスでは31日間の無料トライアルを利用して、本作を実質無料で観ることができます。

※配信状況は2021年8月24日時点のものです。
※ネット上の違法動画サイトは利用するデバイスがウイルスに感染したり、最悪の場合、法的措置の対象になるので使用はやめましょう。

この記事では、実写映画『美女と野獣』の動画を無料視聴できる配信サービスを紹介し、あらすじ、キャスト、見どころについても解説していきました。 冷たく凍った野獣の心を溶かすベルの優しさ、そして2人がダンスをする名シーンを動画配信サービスを使ってぜひ観てみてくださいね。