2019年10月31日更新

『ウォーキング・デッド』シーズン11 最新情報&展開予想 マギーがカムバック決定【あらすじ・キャスト】

『ウォーキング・デッド』シーズン10 ミショーン/ダナイ・グリラ
© AMC/zetaimage

大人気海外ドラマ『ウォーキング・デッド』のシーズン11の製作が発表されました!さらにうれしいことに、新シーズンではあのキャストが帰ってくるとのこと。『ウォーキング・デッド』シーズン11について、すでに明らかになっている最新情報と展開の予想をお届けします。

目次

『ウォーキング・デッド』シーズン11の最新情報をお届け マギーカムバックでどんな展開に?

放送開始から10年が経過し、今なお人気を保ちつづける海外ドラマ『ウォーキング・デッド』の、シーズン11の製作が発表されました。 ウォーカーと呼ばれるゾンビがはびこる世界で、人間同士の対立や協力、その複雑な関係を描くヒューマンドラマである『ウォーキング・デッド』。先の読めない展開と、シーズンが進むたびに登場する新たな強敵との抗争が注目され、人気となっています。 2019年10月現在シーズン10が放送中ですが、すでに製作が発表されたシーズン11について、最新情報をお届けします。 ※本記事には『ウォーキング・デッド』シーズン10のネタバレ情報を含んでいます。未鑑賞の方はご注意ください!

新展開に期待が高まる コミコンでシーズン11の製作を発表

2019年10月5日のニューヨーク・コミコンで、翌日からのシーズン10放送開始を前に『ウォーキング・デッド』シーズン11の製作が発表されました。 シーズン9から本作のショーランナー(現場責任者)を務めているアンジェラ・カンは、シーズン11について「別の時代に移行する」とし、「彼らはこれまでとは異なる、より協力的な戦闘方法を学んだ」と語っています。新シーズンではどんな展開が待っているのか、期待が高まりますね!

新シーズンのキャストは?マギーがカムバック

『ウォーキング・デッド』ローレン・コーハン/マギー
© AMC/zetaimage

シーズン11のキャストについて明らかになっているのは、シーズン9の序盤で降板していたマギー役のローレン・コーハンがカムバックするということ。 コーハンはニューヨーク・コミコンのパネルに登場し、「本当にウソみたい。まるで家に帰ってきたような気持ちで、本当に感激しています。今回のコミコンは私にとってとても特別で、(『ウォーキング・デッド』のキャストやスタッフは)本当に特別な家族です。今ここにいられることが、本当にうれしいです。」と語りました。 また、マギーの再登場に合わせて、彼女と一緒に姿を消した息子のハーシェルも成長した姿で登場するのではないでしょうか。マギーだけでなく、彼の活躍も気になるところ。 一方、ミショーン役のダナイ・グリラはシーズン10での途中降板が予定されています。

シーズン11のあらすじ・展開を予想【ネタバレ注意】

2019年10月現在、『ウォーキング・デッド』はシーズン10が放送中です。 今のところシーズン10では、“囁く者”の少女リディアがアレクサンドリアに加わり、彼らとの境界線に仲間たちの生首がさらされるという衝撃的な展開がありました。また、新たにリーダー的な存在となったダリルは、キャロルとの関係に変化が。1度牢屋から逃げ出したニーガンは、外には自分の居場所がないことを悟り、またアレクサンドリアに戻っています。そのニーガンは、リックの娘であるジュディスになつかれています。 また、気になるのはシーズン10での降板が決定しているダナイ・グリラ演じるミショーンの退場の仕方。彼女は死んでしまうのでしょうか。 これらの人物の今後の動きがシーズン10の結末に、またシーズン11に大きな影響を与えるでしょう。 またマギーが帰ってくれば、彼女と息子のハーシェルがそれまでどこで、なにを、していたのかが語られるのはもちろんのこと、彼女をがコミュニティに新たな情報や物資をもたらすという可能性も考えられます。 原作コミックでは、“囁く者”との決着がついた後にも新たなコミュニティが登場しています。また、前述したアンジェラ・カンが言っていた「より協力的な戦い方」とはどのようなものなのでしょうか。

『ウォーキング・デッド』シーズン11の放送開始日はいつに?

2019年10月現在、『ウォーキング・デッド』シーズン11の撮影はまだ始まっておらず、放送開始日も発表されていません。しかし、これまでのシーズンがすべて10月から放送開始となっていることから、シーズン11も2020年10月から放送される可能性が高そうです。