2022年10月5日更新

『ウォーキング・デッド』シーズン11・パート3も配信開始!ネタバレ・死亡キャラもおさらい

ウォーキング・デッド シーズン11 ファイナル
© 2022 AMC Film Holdings LLC. All rights reserved.

放送開始から10年が経過し、今なお人気を保ちつづける海外ドラマ『ウォーキング・デッド』。シリーズ完結となるシーズン11・パート3もついに放送開始! この記事ではシーズン11の配信情報、ストーリーのネタバレ解説、そしてパート3の展開も予想していきます。 ※本記事には『ウォーキング・デッド』シーズン11のネタバレ情報を含んでいます。未鑑賞の方はご注意ください。

『ウォーキング・デッド』シーズン11(パート1~3)の配信情報

パート1
(1~8話)

パート2
(9~16話)

パート3
(17~24話)

\おすすめ/
無料期間なし

見放題 見放題 見放題 見放題 見放題 見放題

31日間無料

見放題 見放題 見放題 見放題

14日間無料

見放題 見放題

無料期間なし

見放題 見放題

30日間無料

レンタル レンタル レンタル レンタル

31日間無料

レンタル レンタル

Part3の予告動画はこちら

シーズン11・Part3(17話~24話)はいつ配信される?

アメリカでは2022年10月2日(日)より放送がスタートする本作。日本での配信日は2022年10月3日に決定しました!

シーズン11・Part3は何で観られる?

シーズン11は、「Disney+ (ディズニープラス)」で独占配信後、ほかのサービスで徐々に有料配信されます。

過去シーズンはFOXチャンネルで日本最速配信が行われていましたが、シーズン11は異なりますので注意しましょう!

【Part3の展開を予想】

『ウォーキング・デッド』ローレン・コーハン/マギー
© AMC/zetaimage

ここからはPart3での展開が気になる3点について、これまでの経緯をまとめ、結末を予想していきます! シーズン11ではマギーがカムバックし、Part1&Part2でもマギーの活躍が多く描かれてきました。そのため、物語のラストで重要になるのは、マギーにまつわる出来事だと予想できます。

①:マギー対ホーンズビー

コモンウェルスの副知事ホーンズビーは、コミュニティーの併合を熱望していました。最初からホーンズビーを信用していなかったマギーは、彼が息子ハーシェルを問い詰めていたことを知り、彼を敵と見なします。 一方、ホーンズビーも、その一件でマギーは自分の敵なのだと確信リアと手を組んだのは、マギーを排除するためだったと考えられます。マギー側がリアを倒すものの、ホーンズビーがコミュニティーを占領した展開でPart2が終わりました。 Part3では、マギーが仲間の力も借りつつ、ホーンズビーを倒す様子が描かれていくでしょう。マギーは、おそらく最終的に共同体のトップになるのではないでしょうか。

②:コニーたち対パメラ・ミルトン知事

元ジャーナリストのコニーは、コモンウェルスの知事パメラ・ミルトンをはじめとするコモンウェルスの上層部の実態を明らかにし、住民たちに報道しようとしています。最終話では、コニーの新聞を手に怒りを露わにしたパメラ・ミルトン知事の姿がありました。 貧富の格差が激しく、格差社会に対するレジスタンス組織の存在も明らかになったコモンウェルス。今後、コニーたちの報道がきっかけとなって、住民たちが声をあげて抵抗運動を起こす姿が描かれていくのかもしれません。 パメラ・ミルトン知事とそのわがまま息子セバスチャンは、今の地位から転落することになるでしょう。

③:マギーとニーガンの歩み寄り

シーズン7でマギーの夫グレンを殺したニーガン。そのため、当然ながらマギーとニーガンの間には大きな確執がありました。 しかし、Part2の最終話でマギーは、ニーガンのことを「信用し始めてる」とまさかの発言。そして息子ハーシェルを彼に預けて、ホーンズビーとの戦いに向かいました。とはいえ、マギーがニーガンを許したとは思えません。あの状況で息子を預けるならニーガンが最適だと判断しただけでしょう。 「悪いことをしても、人間はやり直すチャンスを与えられるべき」というメッセージを込めて、Part3でもマギーとニーガンのさらなる歩み寄りが描かれるかもしれません。 しかし、マギー役のローレン・コーハンもあのセリフを言うことに対して「吐きそうだった」と米EWのインタビューでコメントしています。マギーも嫌だったでしょうから、許すという展開にはならないのではないでしょうか。

【Part2(1話~16話)までのネタバレ】

ウォーキングデッド シーズン11
© 2021 AMC Film Holdings LLC. All rights reserved.

Part1(1話~8話)のネタバレ

共同体アレクサンドリアでは食料や物資が不足していました。マギーは、以前暮らしていた共同体メリディアンに食料が残っているかもしれないと話します。しかし、そこは高度な戦闘能力を持つ集団「収穫者(リーパーズ)」に壊滅させられた場所でした。 マギーは、ダリル、ニーガン、ゲイブリエル、アルデンらとともにメリディアンを目指しますが、途中でリーパーズに襲われます。 ダリルは犬のドッグとともにリーパーズに捕らわれ、メリディアンに連れられました。リーパーズの中には、ドッグの元飼い主であるリアの姿が。思わぬ再会を果たしたダリルは、リーパーズの教祖と呼ばれるポープから「試練」を与えられます。 一方、ユージーンたちは巨大共同体コモンウェルスに捕らえられ、監査人から尋問を受けていました。モンウェルスに入り、ユミコは兄トミに再会します。

「試練」を生き延びたダリルは、リーパーズの仲間に歓迎されます。しかし、ダリルはリーパーズの一員になったふりをして、仲間を助ける気でいました。 一方、マギーはニーガンとともに食料を探し求め、なんとかメリディアンにたどり着きます。リアに真実を明かし「一緒に来い」と言うダリルでしたが、拒絶したリアはポープを殺し、リーパーズのトップの座を奪うのでした。 キャロルやアーロンたちは、コニーとバージルを救出したのちアレキサンドリアを守りながらダリルたちの帰りを待っていましたが、嵐で壁が崩れ、ウォーカーが侵入してきて……。

Part2(9話~16話)のネタバレ

「誰1人生きて帰すな」と指示を出すリア。しかし、最終的にはマギーたちがリア以外のリーパーズを全滅させ、ダリルがリアを逃したことで戦いは収束しました。 ニーガンは自分の道を行くと言ってマギーたちの元を去り、ダリルたちはアレクサアドリアへ帰ります。嵐が過ぎ、なんとか危機を脱していたアレクサアドリアで再開を喜ぶ一行。するとこそへコモンウェルスの兵士たちがやってきます。 ダリルたちはコモンウェルスで平和に暮らし始めますが、マギーはヒルトップに戻っていました。コモンウェルズの知事パメラ・ミルトンは、ヒルトップと同盟を結ぼうと訪れますが、マギーは拒否します。

アーロンとゲイブリエルは、集合住宅に住むグループに助けを申し出ようとし、マギー、リディア、イライジャも手伝います。しかし、その集合住宅にはニーガンの姿がありました。 一方、コモンウェルスの輸送団が襲われ、武器が奪われる事件が発生しており、コモンウェルスの副知事ホーンズビーは、犯人のボスの殺害と武器の回収をトビーという男に命じます。トビーはその事実を隠して、アーロンたちと集合住宅に来ていました。 しかし、コモンウェルスの輸送団を襲ったのはリアでした。ホーンズビーと手を組んでいたリアはヒルトップに向かっていました。マギーは息子ハーシェルをニーガンに預け、ホーンズビーとの戦いに決着をつけることに。 ダリルもホーンズビーの狙いに気づき、ダリルがリアを撃ってマギーを救いますが、アレクサンドリア、ヒルトップ、オーシャンサイドがホーンズビーによって占領されてしまいます

【シーズン11の死亡キャラ】

ゲイジ ウォーカーに食われる
ダンカン リーパーズに腹を切られる
アガサ ウォーカーに食われる
フロスト リーパーズのボス・ポープ(教祖)に拷問される
ポープ 部下のリアにナイフで刺される
アルデン リーパーズと戦った際腹に傷を受け、そのまま死亡

『ウォーキング・デッド』シーズン11で遂に完結!これまでのネタバレで予習しよう

ウォーキング・デッド シーズン10
© 2019 AMC Network Entertainment LLC. All Rights Reserved.

2010年にスタートし、ゾンビがはびこる世界を壮大なスケールで描いてきたドラマ『ウォーキングデッド』。ついにその最終シーズン11のラストパートが、2022年10月2日(日)よりアメリカで放送スタートします。これまでの展開を再度おさらいし、どんな結末が待っているのか予想してみましょう。