2019年11月30日更新

映画「バイオハザード」シリーズを無料でフル視聴できる動画配信サービスまとめ

バイオハザード

世界に誇る日本のゲーム会社カプコン発の大人気ゲーム『バイオハザード』が、ハリウッドで全6話に渡る長編シリーズで実写映画化されました。この記事では、ゲームの実写映画の中でも、完璧なアクション映画として昇華された本シリーズの概要と無料視聴する方法を紹介していきます!

目次

映画「バイオハザード」シリーズを無料でフル視聴できる動画配信サービスまとめ!【1〜6まで】

日本が世界に誇るゲーム会社カプコンの代表作とも言える「バイオハザード」シリーズ。プレイヤーが主人公を操作し、アンデッド化したクリーチャーと戦うアクションホラーゲームは世界中で大ヒットしました。そんな本シリーズのヒットを受け、映画「バイオハザード」シリーズとして、ミラ・ジョヴォヴィッチ主演に据えて実写映画化されました。 ゲームから飛び出してきたかのようなクリーチャーの数々、どこで何が起こるか分からないホラー要素、そしてメインのミラジョヴォヴィッチのかっこいいアクションに、原作ファンだけでなく、多くの映画ファンをも魅了しました。 この記事では、そんな本作を観ることができる動画配信サービス、本作のあらすじや魅力も紹介しているので、ぜひ最後までチェックしてくださいね!

映画「バイオハザード」シリーズの動画を配信中のサービス一覧【無料あり】

作品名 U-NEXT hulu amazon
プライムビデオ
ビデオ
マーケット
dTV ビデオパス FOD
プレミアム
TSUTAYA
TV/DISCAS
『バイオハザード』
『バイオハザードⅡアポカリプス』
『バイオハザードⅢ』
『バイオハザードⅣ アフターライフ』
『バイオハザードⅤ リトリビューション』
『バイオハザード ザ・ファイナル』 × ×

○=無料視聴できる △=有料視聴できる ×=配信なし

「バイオハザード」シリーズは、上記の8サービスにて配信されています。 U-NEXT・TSUATAYA TVでは、1〜5作目が見放題配信・6作目がポイント引き換え作品として配信されています。1〜5作目は新規登録時のトライアル期間に何回でも無料視聴できる上、登録時に付与されるポイントを利用することで6作目も無料で鑑賞が可能です。 hulu・FODプレミアムの場合だと、無料体験期間に『バイオハザード ザ・ファイナル』以外の作品がすべて無料で見放題になります。 またビデオマーケットでは、全作品がポイント引き換え作品として配信されているので、登録時に付与されたポイントを利用することで好きな作品を1つ無料で視聴することができるでしょう。

無料でU-NEXTで動画をフル視聴する!【1〜6まで】

サービス名 U-NEXT(ユーネクスト)
無料期間 31日間
付与ポイント 初回600ポイント/毎月1,200ポイント
種類 月額定額
料金(税込) 月額1,990円(うち1200円分のポイント含む)
メリット ・配信作品数160,000本以上(2019/10現在)
・最大4つまでアカウント作成可能
・ダウンロード利用可能
デメリット ・月額料金がお高め

U-NEXTは、新規登録から31日間無料トライアルを試せるサービスです。 本サービスは、『バイオハザード』から『バイオハザードⅤ リトリビューション』まで見放題配信しており、『バイオハザード ザ・ファイナル』は440ポイントで配信されています。したがって、トライアル期間に5作品を鑑賞した上で、登録時に付与された600ポイントを6作品目の鑑賞に利用すると、実質無料の視聴となります! また字幕版・吹き替え版ともに配信中となっているので好きな方を選んで鑑賞してくださいね。

amazonプライムビデオで動画をフル視聴する!【1〜5まで無料】

サービス名 amazon プライムビデオ
無料期間 30日間
種類 年会費
料金(税込) 月500円
年4,900円
年2,450円(学生のみ)
メリット ・他サービスに比べてコスパが良い
・オリジナル作品が面白い
・amazon music等、その他特典が良い
デメリット ・アプリからビデオレンタルができない
・機能が一部あまり良くない
・クレジットカードが必須

amazonプライムビデオは30日間の無料トライアル期間を設けています。 本サービスの場合、トライアル期間であれば『バイオハザード』から『バイオハザードⅤ リトリビューション』まで無料視聴することができます。一方『バイオハザード ザ・ファイナル』は、199円支払うことで視聴可能です。 またU-NEXT同様に字幕版・吹き替え版の両方が配信されているので好きな方を選んで鑑賞してみてください!

「バイオハザード」シリーズのあらすじ

時は21世紀。全米で巨大複合企業アンブレラ社は、表向きはアメリカでの家庭用医薬品シェア90%を誇る全米ナンバーワンの大企業ですが、裏では細菌兵器を研究している軍事企業でした。 ある日、ラクーンシティ郊外にあるアンブレラ社の地下研究施設・ハイブで研究中だった「T-ウイルス」が何者かによって漏洩するバイオハザードが発生。人工知能レッドクイーンは、プログラム通りにウイルスの漏洩を防ぐため研究員を惨殺します。 この事態を収拾するために派遣された特殊部隊たちによって、発見されたのが主人公・アリス。彼女は記憶を失っており、彼らからアンブレラ社の特殊工作員だったことを告げられます。 彼らと共にハイブに侵入した時、アリスの長い戦いは始まりを告げたのです……。

主人公を演じたミラ・ジョヴォヴィッチの紹介!

主人公・アリスを演じたのは女優、ミラ・ジョヴォヴィッチです。父親がセルビア人、母親がロシア人のハーフです。「ジョヴォヴィッチ」の正しい発音はセルビア語で「ヨヴォヴィッチ」。 彼女は5歳の時にアメリカに移住し、その時に両親は離婚します。その後、女優だった母親と二人で演技の道を進むことになります。 ミラ・ジョヴォヴィッチが初めて映画に出演したのは1988年の『トゥー・ムーン』で、ヒロインの妹役を演じました。本作と同様に有名な作品には、映画『ジャンヌ・ダルク』や、映画『フィフス・エレメント』などがあります。 ちなみに彼女は本シリーズのポール・W・S・アンダーソン監督と結婚し、娘・エヴァーと最終作『バイオハザード:ザ・ファイナル』で共演を果たしています!

シリーズの見どころを紹介

日本発のゲームだから、もちろん日本要素も!

本作の原作である「バイオハザード」シリーズは、日本のゲーム会社カプコンが開発したもの。そのため、映画でもシリーズ通して出演者に日本人を起用したり、舞台が東京になることがありました。 例えば、『バイオハザードⅣ アフターライフ』では、冒頭に登場する第一感染者を中嶋美嘉が演じています。世界中に感染者が出始めたことを象徴するこのシーンで、一切セリフがないアンデッド役を見事に表情と動きだけで表現しました。 また、『バイオハザード:ザ・ファイナル』では、ローラが兵士コバルト役で登場しています。

ホラーもアクションも楽しめる人気シリーズ!

本作は原作ゲーム同様、アクションとホラー両方の要素を兼ね備えています。数多くのクリーチャーに、容赦ないトラップの数々、これらのほとんどは原作でも登場するものなので、ファンにはたまらないのでは? 例えば、第1作目『バイオハザード』と最終作『バイオハザード:ザ・ファイナル』では、原作ゲームでも出てくるレーザートラップが登場。1作目で仲間が無残にも殺されてしまい、最終作では最終対決の場として登場します。ミラ演じるアリスもこれで指を切り落とされています……! さらにゾンビ犬などのクリーチャーは、登場の仕方も突然で、さらに見た目もリアルで怖い仕上がりに。

原作キャラも登場!

主人公アリスは本作のオリジナルキャラクター。ですが、サポートキャラや敵として原作のキャラクター達も登場します! 例えば、原作ゲームにて主人公を務めたキャラクターなど。『バイオハザードⅡ アポカリプス』では、原作1作目の主人公であるジル・バレンタインが、『バイオハザードⅢ』では原作ゲーム2作目の主人公クレア・レッドフィールドが登場!クレアは最終作『バイオハザード:ザ・ファイナル』で再登場し、アリスと共に戦っています。 さらに、『バイオハザードⅤ リトリビューション』では、クレアと同じく2作目の主人公であるレオン・S・ケネディが、そして敵には原作ゲームの重要キャラクター、アルバート・ウェスカーも登場。ぜひ原作ゲームファンにもチェックしてほしい!

おすすめ関連作品を紹介!

ミラ・ジョヴォヴィッチの出世作 映画『フィフス・エレメント』

ミラ・ジョヴォヴィッチの出世作とも言われている『フィフス・エレメント』。100億円も投じて制作されたという超大作SF映画です。 時は23世紀、世界は全ての攻撃を吸収してしまう反生命体「ミスター・シャドー」に脅かされていました。ある日コーベン・ダラス(ブルース・ウィルス)というタクシードライバーが、空からふってきたリー・ルーという少女を拾います。その正体は、悪を滅ぼす武器のキーである5番目の要素(フィフス・エレメント)の「愛」でした。 そして、ミスター・シャドーを退けるべく、二人で4つの石版を手に入れる冒険に出ます。

シェイクスピア作品を現代版に 映画『アナーキー』

2014年に後悔されたクライム映画『アナーキー』は、ウィリアム・シェイクスピアの戯曲のひとつ「シンベリン」を現代版にリメイクした作品です。 「シンベリン」は、古いケルト人ブリテン王・シンベリンとその周りの人々の物語で、人間の道徳的・社会的問題を風刺したような作品です。 シンベリン役はエド・ハリス、ミラ・ジョヴォヴィッチはクイーン役(シンベリンの妻)で出演しています。

映画「バイオハザード」シリーズを無料でフル視聴できる動画配信サービスまとめでした【1〜6】

「バイオハザード」シリーズのポール・W・S・アンダーソン監督は、2020年に同じくカプコンの大人気ゲーム「モンスターハンター」の実写化映画の監督も務めます! ぜひ、紹介した動画配信サービスで、一足先に監督の世界観を楽しんでみませんか?