2019年11月28日更新

モトーラ世理奈、西島秀俊、西田敏行が登壇予定 !『風の電話』舞台挨拶付き試写会に10組20名様をご招待

風の電話、西島秀俊、
(C) 2020映画「風の電話」製作委員会

映画『風の電話』が2020年1月24日に公開されます。岩手県大槌町に設置された「天国に繋がる電話」をモチーフにした本作。そんな『風の電話』の舞台挨拶付き試写会に10組20名様をご招待でします!

目次

映画『風の電話』の舞台挨拶付き試写会に10組20名様をご招待!

1997年の『2/デュオ』で長編映画デビューして以降、1999年の『M/OTHER』や2017年の『ライオンは今夜死ぬ』で、国内だけでなくフランスを中心としたヨーロッパで圧倒的な支持を得ている諏訪敦彦。彼が新たに監督を務めるのが、2020年1月24日公開の『風の電話』です。

疎開先の広島県にある親戚の家を飛び出したハル。彼女が目指すのは岩手県の大槌町。津波で流された実家があった町でした。しかし所持金もなく、ヒッチハイクを繰り返すも山奥へ行き着いてしまいます。そんな彼女を助けてくれたのは、父親ほどの年齢の男。 食事と電車賃を恵んでもらったハルが男性に絡まれているところを、森尾という男に助けられます。森尾もまた、家族を亡くした人間でした。そして福島にある森尾の実家を訪れたハルは彼の父と出会い、被災した当時の話を聞き――。

風の電話、 モトーラ世理奈
(C) 2020映画「風の電話」製作委員会

主人公のハルを演じるのは、気鋭の新人・モトーラ世理奈。脇を固めるのは、三浦友和、西島秀俊、西田敏行と、ベテラン陣が揃っています。 2011年に岩手県大槌町在住のガーデンデザイナー・佐々木格が庭に設置した「風の電話」。自身の死別した従兄弟と話したいという願いから生まれた「風の電話」は、天国につながる電話として広く知られるようになり、東日本大震災以降多くの人々が足を運んでいます。 今回は、 モトーラ世理奈、西島秀俊など豪華キャストが登壇予定の『風の電話』舞台挨拶付き試写会に10組20名様をご招待します。

完成披露舞台挨拶付試写会プレゼント詳細

風の電話
(C) 2020映画「風の電話」製作委員会

■日程:12月26日(木) ■時間 18:00 開場/18:30 開演(本編上映時間 139分) ■場所 :イイノホール(千代田区内幸町2丁目1-1) ■登壇者(予定): モトーラ世理奈、西島秀俊、西田敏行、三浦友和、諏訪敦彦監督 ■応募締め切り:12月12日(木)  ※LINEからの応募期間:12月10日(火)~12日(木) ※登壇ゲストは急遽変更となる場合もございます。ご了承ください。

試写会の応募方法

①下記のリンクより、ciatrの無料iPhoneアプリをダウンロードしてください。(iPhone以外の方は、ページ下部よりLINEで友達に追加をお願いします。)

②アプリ(またはLINE)を開いて、応募フォームへのリンクをクリック ③応募フォームに必要事項を記入 【当選者について】 当選者の発表は、商品の発送をもって代えさせていただきます。また当選・落選に関するお問い合わせにはお答えできませんので、予めご了承ください。 ※ご記入いただいた個人情報は商品発送のみに利用し、その他の目的では利用いたしません。

ciatrのiPhoneアプリでは、記事をサクサク読むことができるほか、アプリ限定の試写会やプレゼント企画に参加することができて大変お得となっています。ぜひこの機会にアプリのダウンロードをお願いいたします!

iPhone以外の方はこちら
LINEで友達に追加する