2020年2月5日更新

ドラマ「アンサング・シンデレラ」で石原さとみが薬剤師に。原作・キャストなど最新情報【2020年4月開始】

石原さとみ 2017年 カレンダー

2020年4月からのフジテレビ木曜劇場枠に、石原さとみ主演の「アンサング・シンデレラ」が決定しました。薬剤師の医療ドラマとなる本作について、本記事では最新情報を紹介します。

目次

ドラマ『アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋』が放送決定!

2020年4月より毎週木曜22時にフジテレビ系で放送

荒井ママレがコミックゼノンで連載している、『アンサングシンデレラ 病院薬剤師 葵みどり』のテレビドラマ化が発表されました。フジテレビの木曜劇場枠にて、石原さとみ主演で2020年春から放送が開始されます。 薬剤師を題材にした医療ドラマとなる本作について、この記事ではあらすじやキャスト情報など、最新情報を紹介しましょう。

「アンサング・シンデレラ」のあらすじを紹介、原作からの変更点は?

本作は日本の連続ドラマ史上初めて、薬剤師を主人公とした医療ドラマです。普段脚光を浴びることのない薬剤部ですが、全国で30万人以上の薬剤師が働いています。 主人公は総合病院の薬剤部に所属している葵みどり。彼女が患者のために、時に医師に意見しながらも奔走します。 漫画でのみどりは入社2年目の新人でしたが、ドラマでは原作よりもキャリアを積んだ設定に。ドラマならではの描き方にも注目です。

主演は石原さとみ!お団子頭が目印

主人公の葵みどりを演じるのは、2019年の『Heaven?〜ご苦楽レストラン〜』など多くのドラマで主演を務めてきた、石原さとみです。 薬剤師の仕事内容を具体的には知らず、原作を読んでその大変さに驚き、薬剤師は「薬で命を助ける専門家」なんだと痛感したという石原。 薬剤師という職業を知ってもらうためにも、「世の中で働く皆様に“諦めないこと”、“人を大切にすること”というメッセージが伝わるよう精いっぱいがんばりたい」と、公式ホームページのコメントで意気込みを語っています。

見どころは、本作ならではの薬剤師たちのヒューマンドラマ

見どころはなんと言っても、薬剤師の知られざる舞台裏が描かれる点。これまでのドラマでフォーカスされることは皆無でしたが、薬剤師は医師の出す処方箋に唯一異議を唱えることのできる、「最後の砦」とも言える重要な存在です。 医師のように頼られず、看護師のように親しみのない薬剤師が、縁の下の力持ち=アンサング・ヒーローとして奮闘する姿が描かれます。 怪我や病気を治して終わりではなく、薬剤師は患者のその後の生活もケアする仕事。プロデューサーの野田悠介によると、ドラマ版のサブタイトルには病院薬剤師が出す「心の処方箋」という意味を込めていると言います。 ほろっと泣けて心温まるドラマと共に、みどりと薬剤師のチーム感にも注目です。

2020年春一番の感動を呼ぶ心の処方箋ドラマ「アンサング_シンデレラ」が待ちきれない!

連ドラ史上初の薬剤師ドラマとなる本作。石原さとみ主演で、新たな切り口による医療ドラマが描かれます。 『アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋』は、2020年4月より毎週木曜22時フジテレビ系にてスタートです。