2021年11月24日更新

大河ドラマ『龍馬伝』の動画を無料で配信中のサブスクを紹介

NHK大河ドラマ『龍馬伝』の動画を視聴できる配信サービスは?

『龍馬伝』の作品概要

話数 全48話
放送年 2010年
脚本 福田靖
主要キャスト 福山雅治
香川照之
佐藤健

『龍馬伝』のあらすじ

明治15年(1882年)、郵便汽船三菱社長となった岩崎弥太郎(香川照之)は、高知の新聞記者から坂本龍馬について取材を受けます。あまり知られていない郷土の維新志士を調べるという記者に、弥太郎は泣き笑いしながら龍馬の生涯を語るのでした。 天保14年(西暦1843年)の土佐藩。ここでは厳しい身分制度が存在していました。幼い坂本龍馬(濱田龍臣)は、泣き虫の落ちこぼれ、そして下級武士の子であることから岩崎弥太郎(渡邉甚平)らと共に差別的な扱いを受けています。 ある時、龍馬は上士を怒らせ斬られそうになりますが、母(草刈民代)に助けられ命を取り止めました。しかし、母はその事件が原因で亡くなります。 大人になった龍馬(福山雅治)は、江戸へ行くことを夢見る若者になりました。やがて藩を抜け黒船襲来や勝海舟らとの出会いを経て、日本が明治維新へ大きく舵を取る原動力になっていくのです。

『龍馬伝』の主な登場人物&キャスト

坂本龍馬役/福山雅治

坂本龍馬は、土佐藩の下級武士。若い頃は「下士は上士に絶対服従」という土佐の厳しい身分制度に苦しんでいました。 黒船襲来から外国の文化に興味を持ち、誰もが平等な社会を夢見るように。勝海舟や、桂小五郎らと出会い、維新の原動力になります。 坂本龍馬を演じているのは、歌手で俳優の福山雅治。 ドラマ『ひとつ屋根の下』の柏木雅也役や、ドラマ「ガリレオ」シリーズの湯川学役などで活躍をしており、歌手としても多くのヒット曲を生み出しています。

岩崎弥太郎役/香川照之

香川照之
©︎KEIZO MORI/UPI/Newscom/Zeta Image

岩崎弥太郎は、坂本龍馬の幼なじみで土佐藩の下級武士。自信に溢れた毒舌家で、いつも悪態をついていますが情にもろいところもあります。 後に長崎へ渡り、海援隊を経理として支援しますが、2人は利害の不一致から別れてしまう運命に。 岩崎弥太郎を演じているのは、歌舞伎役者で俳優の香川照之。 NHKスペシャルドラマ『坂の上の雲』の正岡子規役や、ドラマ『半沢直樹』の大和田常務役などで存在感を放っています。 一方、バラエティ『香川照之の昆虫すごいぜ!』では昆虫マニアとして、また、ボクシング解説者としても活躍しており、マルチな才能を持つ俳優です。

『龍馬伝』の見どころ

見どころ①:主人公・坂本龍馬の魅力溢れるキャラクター

本作の主人公は作品のタイトル通り、時代を動かした幕末志士の1人である坂本龍馬。 熱い人柄と多くの人々を虜にする人たらしな性格が魅力的な「坂本龍馬像」に、福山雅治の演技が非常にマッチしています。 まるで理想的な主人公そのものな坂本龍馬に、ドラマを見れば見るほど夢中になること間違いなしです。 たとえ作中で事件が起きても「龍馬ならなんとかしてくれる」と期待してしまうほど頼れる男である彼の人間性に、ぜひ注目してみてくださいね。

見どころ②:色々な思惑が渦巻く動乱の時代・幕末

本作の主な舞台となっているのは、日本が転換する大きな出来事がたくさん起こった幕末です。幕末時代自体は短かったものの、多くの登場人物や事件などが起こったこともあり、学ぶのには難しい印象があるのではないでしょうか。 しかし本作では作中で実際に起こったと言われる出来事が分かりやすく描かれているため、とても勉強になります。 セットもまるで本物かのようなリアルさがあり、臨場感を味わいながら歴史を学ぶことができるところも本作の魅力の1つですよ。

『龍馬伝』の気になる疑問とQ&A

『龍馬伝』を配信しているサービスは?

2021年11月現在、『龍馬伝』を配信しているサービスは「U-NEXT」です。その他、TSUTAYA DISCASでもレンタル可能です。

『龍馬伝』はどんな人におすすめ?

あの坂本龍馬が主人公というだけで魅力的なのに、全編通して重厚かつアツい展開が繰り広げられ、まったく飽きずに楽しむことができます。とにかく龍馬がカッコよく、その人間性に心酔してしまうこと間違いなし!

大河ドラマ『龍馬伝』の動画は配信中のサブスクで全話楽しもう

大河ドラマ『龍馬伝』を配信中のサービス、そして本作の作品概要について紹介しました。 福山雅治が坂本龍馬を演じ、激動の幕末を描き出した『龍馬伝』。普段大河ドラマを見ない人でも、視聴しやすい面白い作品なので、ぜひこの機会に視聴してみてください。